ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 01日

焼岳アドベンチャー? 南峰から下堀沢

a0115745_18281945.jpg

まずは北峰からGacthさん。
ほぼ夏道沿いのダウンヒルで雪もよく、今シーズンは聞けないかとも思われた
変な雄たけびも復活!

a0115745_18321219.jpg

続けてデーブ。

次に登る南峰よりに降りていきます
a0115745_18335042.jpg

南面は少々ザラメがグサグサ気味。
適当に寄り付いたところから尾根にとりつきました

a0115745_18374418.jpg

僕とデーブはさっさとつぼ足、Gacthさんは執念のシール登り・・・

a0115745_18393289.jpg

でしたが、最後は結局かついで山頂へ

a0115745_18411343.jpg

13:00登頂です。
こちらは執念?でひとり板をかついだままで山頂。

南からみた火口のほうが岩の迫力がありますね、雪あればここから鉢の中滑り込めそう
a0115745_1844128.jpg


今回は雪もないのですが、せっかく板をかついできたので頂上にあるわずかな雪の上で
a0115745_18462525.jpg

メモリアルな3ターンwww

他2名は景色堪能中
a0115745_18482644.jpg


滑りはピークから少し下がったところの短いシュートを復活のGatchさんから!
a0115745_18502223.jpg

a0115745_18511452.jpg

a0115745_18515947.jpg

いいじゃない!
重たいザラメが1ターンごとにズルズルと下まで拡大しながら落ちるのを見ると
去年のツルギでの失敗を思い出します。

そんなわけで2番手でもこんな短いシュートでも調子に乗らずに慎重に降りて、
下からデーブを撮影

a0115745_1856615.jpg

a0115745_18565346.jpg


いいね! アドベンチャーだね、デーブ。

a0115745_18584917.jpg

はい、満足です。

a0115745_1313586.jpg

こっからは下山路なわけですが、登ってきたラインと夏道とはどちらもきが多くて滑りは・・・というGacthさん
最初から狙ってた下堀沢が大変気になるようで、確かに見えるところはばっちりの雪

そして登るときのライン選びでも出たセリフが「沢だから雪たまってるでしょ」

まあ、初めて行ってみなけりゃわからないということで、下堀へ下ってみました。

a0115745_1971718.jpg

いい出だしですよ
a0115745_1984123.jpg

怪しくなってきたね
a0115745_1993899.jpg

はいっ、終了です。
怪しいとこで止めてりゃよかったですが、白い雪に導かれて1700mまで下ってしまったので
もうこのまま下堀沢を大正池まで行くしかない。

落石に注意して、結局徒歩下山。

沢には雪もあるけど岩もあったし、木もあったということで
なかなか頚城山域のようにはいかないのでした。

a0115745_7273675.jpg

15:40
それでも無事に降りて、体力的には大変だったということもなく
「アドベンチャーだったねえ」とにっこりデーブ

タイミングよくタクシーもやってきて中の湯で汗を流して楽しく終了したのでした。
[PR]

by ura-sasa | 2015-05-01 12:45 | バックカントリー | Comments(0)


<< クロカンデビューで笹ヶ峰散歩      焼岳アドベンチャー? まずは北峰へ >>