ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 11日

白馬鑓はやはり遠く

今シーズン初の白馬遠征の目的地は白馬鑓。
a0115745_23421324.jpg

メンバーはお久しぶりでSlowtrackさん、春山には珍しいジェームス、そして最近ではおなじみのデーブ。

妙高と同じように新緑が濃くなってしまった猿倉から夏道に沿って小日向のコルを目指します。

スタートはちょいと遅いかな?の8:00過ぎ

a0115745_23492476.jpg

夏道沿いに登るのはなにげに初めてで長走沢から来るよりだいぶ楽で早い印象。
(今までは夏道に雪がなくなってからしか来てなかっただけですが)
幸先がいいです。

これは結構楽に双子岩ついちゃうんじゃないの?なんん思いながら代掻き馬をみながら進みましたが、
a0115745_23583092.jpg

a0115745_033913.jpg

デーブは問題なく到着。Slowtrackさんも今年は少ない山行ですが、これぐらいは楽勝。
トラブル発生はジェームス、両足踵わきに靴ズレ発生。

ペロンと皮がむけてしまって、これはこの先厳しいいか・・・

a0115745_082555.jpg

それでもとりあえず白馬鑓に向かいます。

ここからの下りはジェームスのハートを砕くかのような激しい縦溝。
まるっきり快適ではない滑りで杓子沢の出合まで

a0115745_023258.jpg

あとは鑓温泉を経由して山頂目指すのみですが、がんばれジェームス。

a0115745_0304565.jpg

温泉は結構にぎやかでした。
山頂よりもココ目的のほうが多そうです。

さくさく行けたら帰りに入っていきたいですが、どうかな。

ジェームスもがんばってますが、限界が近いようで靴ズレも痛いが「ワタシ、持久力が欲しい!」と。
それは急には与えられないので登れるとこまで行って駄目な場合は温泉治療して待機ということで。

a0115745_0372727.jpg

日差しが強くなって大出原までもう少しというところで

a0115745_0385263.jpg

ジェームス、ギブアップ。
すごく小さくなってました。 残念ながら打ち合わせどおり温泉療養へ

a0115745_0432017.jpg

残る3人で山頂めざしますが、斜度がきつくなったところでまさかのデーブがギブアップ宣言。

シールトラブルで気持ちがへこんだようですが、どっちみちこの先つぼ足だからと励まして登坂継続

a0115745_0484058.jpg

テンション復活!

a0115745_0492469.jpg

山頂到着です。 14:30、スタートから6時間半。
なかなかかかりましたが、上出来です。

a0115745_0513854.jpg

ホームマウンテンをバックに記念撮影。

そして滑走。

a0115745_0525311.jpg

復活のSlowtrack!

a0115745_054955.jpg

デーブ。 

山頂からの斜面は小日向からとは違って縦溝無縁の快適フィルムクラスト&ザラメ

a0115745_0555064.jpg

ガッツリロングターンかまして綺麗に2本の板のラインを刻めました


a0115745_104454.jpg

a0115745_11820.jpg

近年では記憶に無い快感ザラメ斜面です。

a0115745_14056.jpg

太陽をバックに撮ってもらいました。

a0115745_165474.jpg

谷間に入ってくるまたも縦溝が目立ちはじめて快適ではなくなりましたが、温泉に向かっての斜面は
またいい感じの場所もあって、選びながらジェームスの待つ温泉へ

a0115745_171631.jpg

茹で上がったジェームスと合流。

持ち前のキャラクターで温泉組の方たちと仲良くなって、ビールもご馳走になったそうで
それはそれで白馬鑓堪能。

15:30なんで山頂組は温泉入るほどのゆとりはないのでさっさと下りましょう

a0115745_118371.jpg

復活のジェームス

a0115745_1185048.jpg

a0115745_1191569.jpg

コルで4人そろって記念撮影。

この日はお一人中央ルンゼ下りたようでしたが、ノドを過ぎたあとの斜面が酷そうな雪にしか見えなかったけどどうだったんだろ?
山頂からや杓子沢も考えてはいましたが、板をあまり傷つけたくなかったので今日のラインでよかったかな?
それでも温泉から下は隠れた石の数箇所やられて、クンバック申し訳ない。

a0115745_1315317.jpg

猿倉への帰り道は天然のバンクドスラロームになっていました。
面白かったですが、調子に乗りすぎないよう注意です。

17:00下山。
充実の春スキーでした。鑓は遠かったことを再認識です。
[PR]

by ura-sasa | 2015-05-11 23:26 | バックカントリー | Comments(2)
Commented by ヒロ at 2015-05-24 23:40 x
urasasaさん、こんにちは。
さすがまだ滑ってらっしゃるんですね〜
ところでちょっと変な質問ですが、ゲレンデ用にされたというk2サイドセスですが、来期で4シーズン目ですよね。まだまだ現役予定ですか?
自分も同じ使用年数で、まだ1シーズン以上は乗ろうって思ってたんですけど、ビンディングは7シーズン目になるし!来期のセスとか良さそうだし…
シーズン終わると余計な事ばっかり考えがちです。


Commented by ura-sasa at 2015-05-25 22:30
ヒロさん、こんにちは。
もう一滑りで締めようかと思ってますが、来期に向けての購買欲はどうしても出ちゃいますね。
でもサイドセスは好きなので来期も現役です。
来年モデルは多少軽量化されたようですが、200g弱なようなのであまりそそられませんでした。
物欲が出てしまったのはK2ピナクル105です。フラットキャンバーなのに癖がなく滑れて前後のロッカーもちょうどよくきになってます。カラーリングが好みにあってたら衝動買いするところでしたが、今のところ我慢できてます。
ブーツも欲しいところなので悩めるオフシーズンにはいりそうです


<< オーソドックスに火打詣で      クロカンデビューで笹ヶ峰散歩 >>