ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 24日

思いがけず冬山

3月下旬なれど雪がちらつく毎日で気温自体は高めなので
雪がちらついたらどこが一番無難なのか悩ましい季節です

上手く標高の高いところで当たればいい思いもできそうですが
外れたときはちょいとシビアな状況に陥りかねなかったりするのであまり気が乗らず、
おまけに膝の調子もよくないので・・・・

そんなときの、この季節のお気に入りといえば個人的に鍋倉なので
先週の美味しい思い再現とばかりに出かけてきましたが!

a0115745_00391899.jpg
登りはじめてすぐに青空が広がって霧氷が輝いて「今週も当たりか!??」と期待させていただきましたが
a0115745_00394406.jpg
a0115745_00401400.jpg
霧氷が登るにつれ見事な海老のしっぽとなって、その尻尾も山頂に近づくにつれて成長中!という状況に
a0115745_00395353.jpg
おまけに視界不良に時折素敵な横風がふいてくれて冬山に逆戻りです

a0115745_00403052.jpg
a0115745_00405773.jpg
a0115745_00412213.jpg
冬山に逆戻りなので雪は最高で申し分なしでしたが、視界不良とブリザード滑るルートを1ミスと黒倉北面はあきらめて
鍋倉南面へ変更などなどバリエーションがしょうがなく増えたツアーとなりました

a0115745_00413468.jpg
標高下がってきたら下界はいいお天気で、なんのことはない1000mから1200mの高さだけ絶え間なく雲が
流れ続けていた一日のようでした

それでも馴染みのルートじゃなくああでもないこうでもないと考えながらの散歩もなかなか楽しいものでした

次は本当の春山ツアーにいけるかな

[PR]

by ura-sasa | 2017-03-24 23:30 | バックカントリー | Comments(0)


<< 眺めがいい山へ      ゆったりとパウダー巡り >>