ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:バックカントリー( 209 )


2017年 06月 06日

シーズンの締めは火打で



6月に入ったらスキーシーズンも終了ということで

例年なら5月後半から北アルプスで遊んでフィナーレもその辺で・・・ということにするのですが
今季はつくづく天気が合わないようで不完全燃焼のまま6月

今日もそっちのほうに行ってラストにしようかと思っていましたが、シーズン振り返ってみるとホームの山のピークを
今季は一度も踏んでいないことに気が付きました。
焼山はしょうがないとしても、妙高・火打登らずでは不完全燃焼に拍車がかかりそうなので、夏道歩きを覚悟しながらも
火打山を滑ることに変更。

一人なんでその辺は自由ですが
a0115745_15373604.jpg
当たり前に緑の中を板を背負ってスタート。
ブーツは常念で自身がついたのか履いてスタート

雪が多いということで12曲がりは雪面直登だと思っていたら、急激に暑くなったこの数日のせいで
面倒くさい感じに雪が解けていてなかなか面倒

a0115745_15411088.jpg
12曲がりの頭にはいつものシラネアオイ。
これ咲くような時期にスキーはどうなんだろうね・・・と自問自答しながら

a0115745_15375993.jpg
Goproで自撮り。シラネアオイを足元に歩くって感じで撮ったつもり
a0115745_15382167.jpg
岩場をよじ登ってシラビソの樹林帯までくれば、やっぱり雪の上。やっと背中が楽になりました。
ここから上は楽しいハイキングです。

a0115745_15412219.jpg
a0115745_15384136.jpg
a0115745_15391298.jpg
見慣れているようで毎回見ると感動する眺めのなか今季初の火打頂上。

しかも頂上にはなぜか知ってるプロスノーボーダーがいてびっくり
a0115745_15414744.jpg
a0115745_15423032.jpg
撮影でテント泊で来てたそうで颯爽と滑っていきました。
ほかにもテレマーカーの2人組がいて、まさかの滑り手ばかりが火打山頂に集合。
登山者は一人だけでした。

火打山頂で少々のんびりしてると、なぜか警察のヘリが丹念に妙高・火打・焼山と何回もなめるように周回。
a0115745_15423858.jpg
まさか捜索?
かと思いましたが、後日分かったところでは偵察飛行とのこと。
何にもなくて良かったです。(この時は)
火打ち
a0115745_15393822.jpg
山頂から火打正面を誰が見てるわけでもないけど、なぜかノンストップで鍋倉谷の出合まで。
太ももパンパンで途中で止まってもよかったのになぜか意地の一滑り。
ザラメのバーンは下部はちょっと硬く波打ってましたが良好でした。
a0115745_15400379.jpg
a0115745_15424416.jpg
薄っすら解け始めた天狗の庭を横切って高谷池ヒュッテへ
救助訓練のヒュッテスタッフに挨拶してから黒沢岳から黒沢ヒュッテへ

a0115745_03275063.jpg


黒沢岳からの斜面はいつも快適です。
滑り慣れてるせいもあるけど

黒沢池ヒュッテでは今年も小屋番やるマークとなぜか手伝いに駆り出されてたデーブにビールをごちそうになって帰路へ
a0115745_15425271.jpg
さすがにもう一回黒沢岳に登り返して笹ヶ峰に滑り込む気力はありませんでした。
a0115745_15471365.jpg
                            今季の最終滑降地点
a0115745_15402389.jpg
登りより下りのほうが面倒!

a0115745_15451965.jpg
今季はまた膝をひねってしまったけど、それでも何とか無事にシーズン終了。
来冬までにまた膝まわり直して鍛えなきゃ


[PR]

by ura-sasa | 2017-06-06 23:40 | バックカントリー | Comments(0)
2017年 05月 17日

新緑の鍋倉へ相棒を連れて

a0115745_13032199.jpg
先週の常念の無念から今週は気を取り直して新緑の鍋倉山に行ってみることに

今シーズンはいまいち天気のめぐりあわせと相性が悪いようで本日も昼頃から雲が入ってくる予報。
それならば早朝出かけてしまえばいいのですが、近場の山ということでのんびりスタートになってしまいましたが
温井集落から上がってくると期待できそうな緑と白と青!

a0115745_13003469.jpg
鍋倉ということで久しぶりに四つ足の相棒を連れてきました
a0115745_13013601.jpg
久々でテンションの上がった相棒と足並み合わずに出だしで喧喧囂囂でスタートしましたが、黒倉に向かうゆったりした尾根に
のりあげたところでやっと呼吸があってきました。

こっちも一緒に歩くコツをすっかり忘れていました。
あとはこのまま無駄に歩かせず下りの体力が残るように温存させながら山頂へ

a0115745_13041216.jpg
a0115745_13041631.jpg
予報通りに山頂から雲に覆われてきましたが、期待の新緑は霧の中でも楽しめて
今日は滑り目的よりもこの景色が目的

a0115745_13042674.jpg
a0115745_13040927.jpg
a0115745_13044127.jpg
光がもっと入ってくれるといいかなーとも思いましたがこれはこれで良かったです
a0115745_13015008.jpg
a0115745_13014317.jpg

a0115745_13042073.jpg
滑りは黒倉からちょっとと鍋倉から藪を結っての2本。
滑りはおまけ的な存在になってしまいましたが、1時間ほどの登りで新緑とスキーが楽しめるのはいいですね

a0115745_13035679.jpg

相棒と歩く良いトレーニングにもなりました。



[PR]

by ura-sasa | 2017-05-17 23:31 | バックカントリー | Comments(2)
2017年 05月 11日

常念は風に吹かれて・・・

GW開けて気持ち良く御嶽の行けたのに気をよくして続けてデーブ希望の常念岳へ
a0115745_03440847.jpg

登りはじめに神頼みして、スキーを担いでの長いアプローチの始まりです
a0115745_03440163.jpg

歩きづらいかな?と心配していた夏道登山道ですが、さすがは北アルプスの老舗登山道。
整備が行き届いていて兼用靴でも安心して歩けます。

それでも歩く距離はそれなりに長く、事前に調べていた通りで1700m地点でようやくシールが使える程度の雪の上に到着
ここまで約2時間
a0115745_03464566.jpg

流れる雲の合間か常念岳と滑る斜面が見え隠れして気持ちも上がってきますが

a0115745_03465066.jpg

山頂から滑り降りてくる予定の沢の出合いからはものすごい土砂デブリ。
常念小屋に向けての沢は茶色になっています。
ここで白いほうの沢を上がって直接山頂に向かうのがいいんじゃないかと思いましたが、
デーブが小屋によってみたいというのでノーマルに登山道ラインを進みます

これが結果的には後半よかったのかも

a0115745_03443812.jpg

a0115745_03465530.jpg

沢いっぱいに土砂が流れた後の上を歩くのはなかなか気持ちのいいもんではありませんね
暑い日には来たくないかな

常念乗越への最後の急斜面は何とかシールを外さずに登りきり、残るは乗越からの稜線歩きだなーなんて
ホッとした気分で乗越にでてみたら・・・

a0115745_03471062.jpg

a0115745_03442396.jpg
風が強すぎです!
ヘリ用の吹き流しも飛んで行ってしまいそうで、体感温度も急に下がって、慌ててダウン重ね着。

荷下げのドラム缶の束の陰でとりあえずオニギリをほおばって、ザックにスキーを括り付けて山頂を目指そうとしましたが、
あまりの風にあおられて真っすぐ歩けずタイミングが悪いと左に飛ばされて倒れそうになります。

少し先をいっていたデーブも耐風姿勢をとっていて、こちらを振り向いた瞬間に二人で常念小屋を指さして避難。

a0115745_03470137.jpg

無風、ストーブ付きの天国で贅沢な昼食タイム
ハンバーグ付きカレーライス¥900也。美味しかったです。ごはんも多めでゲレ食感覚でいけば十分お得な感じ

風が弱まることを期待して、下山タイムから逆算して14:00頃まで様子見させてもらうことにしましたが
予報では望み薄。
実は出発前から風は気になっていてSNOW FORECASTのサイトでは強風25~30mの予報。
それがそのまま当たっている模様。

結局14:00でも風の強さは変わらず、あきらめて下山へ
幸い常念乗越から下はほぼ無風という快適ぶりなので、トラバースして快適に滑れそうな沢へ

a0115745_03471709.jpg
a0115745_03472350.jpg
a0115745_03472768.jpg
a0115745_03473000.jpg
強風に苦労したあとの短いながらも楽しい滑走!

その後は登りで分かっている土砂デブリゾーンに
a0115745_03484175.jpg
春は体力にもスキー板にも過酷なところが多いです
a0115745_03475144.jpg
最後はできるだけスキーで粘って1600mあたりまで滑って、あとはスキーを背負ってひたすらスタート地点へ
a0115745_03455211.jpg
盛り上がってますけど再訪が必要な山になっちゃいました
よくよく考えてみれば今回の山はスタートから波乱含み。
a0115745_03480258.jpg
朝、登山道に向かう途中で落石の小石でタイヤがパンク!
スペアタイヤに交換してのご到着というアクシデントのスタートでした。

でも小屋では楽しい女性スタッフと話しがもりあがったり、タイヤ修理で寄った、安曇野ICそばのガソリンスタンドのサンリンさんの
親切なスタッフの皆さんに助けてもらって無事に妙高に帰れたのでした



[PR]

by ura-sasa | 2017-05-11 18:46 | バックカントリー | Comments(0)
2017年 05月 08日

GW明けは御嶽山



GWもようやく終了してゲレンデのスキーシーズンも終了!
これからは春山のスキーシーズン開幕ということで、仕事明けの翌日に颯爽と御嶽山へ
a0115745_23314564.jpg
a0115745_23321213.jpg
乗鞍をバックに御嶽山を目指して営業が終了(お休み?)しているチャオ御岳を登ります。
急斜面のないゆったりしたゲレンデなので、もちろんゴンドラに乗れれば楽なことこの上ないですが、比較的楽に(1時間ほど)
スキー場を登りあげて森の中へ

a0115745_23393413.jpg
2000mこえているので晴れていますが涼しいです。
御嶽山といっても主役級のところへは登れないので目指すは継子岳。
下から見ていた時は樹林帯から左へ巻き込んで、雪を伝って山頂へという夏道にほぼ沿ったルート取りを考えてはいましたが

雪を伝ってあまり横にそれずに標高を稼いだところ、ほぼゲレンデからまっすぐに突き上げることになって


a0115745_23252075.jpg
高度感抜群です。左膝がいまいちなので出来ればスキー登坂がいいのですが致し方ない

a0115745_23263545.jpg
今シーズン、マシーンのように次々と山に登ってるデーブが元気よく先行していきます
スタートして4時間で継子岳山頂到着
a0115745_23252015.jpg
とりあえず記念撮影。エリックは今日がスキーの締め日です。
もちろん、このまますぐにスキー場側へ下山することなくまずは四ノ池に滑り込み
a0115745_23584714.jpg
a0115745_23252039.jpg

気持ちよく滑りだしたらすぐハイマツで遮断されましたが、そのあとは調子のいいザラメでフラットまで
そこからは三ノ池を覗きに稜線まで登り返し

a0115745_00054327.jpg
エリック希望は三ノ池に向かって滑り込みたい!というものでしたが、肝心の池がまだ雪の下・・・
なんとなく見えなくもないけど、イメージは青くきれいな池に向かって・・・だったので、却下して
僕の希望の摩利支天山へ行くことに
a0115745_00121641.jpg
a0115745_00344141.jpg
雪際の踏み抜き注意
a0115745_00121700.jpg
a0115745_23252195.jpg
摩利支天到着。14:30 剣が峰も真近に見えたところで御嶽山の広さ実感
a0115745_00121799.jpg
デーブも満足!
そして継子岳から見えていた気持ちよさそうな斜面を滑ります
a0115745_00261823.jpg
a0115745_00250735.jpg
見た通りの滑りやすさ!
滑ったら継子岳への登り返し
a0115745_00322047.jpg
a0115745_00350859.jpg
a0115745_00362317.jpg
a0115745_00361866.jpg
滑ってきた摩利支天の斜面。日も傾いて、あとはスキー場に向かって降りるだけ。
なのですが、気持ちよさそうな雪渓はスキー場と平行に2本。どちらのしても、どこで切り上げてスキー場に戻るか・・・
というところが悩ましいところ。当然早めにトラバッてしまえばいいのですが・・・

a0115745_23252187.jpg
とりあえず降りながら考えよう! ということで夕日に向かってGo
a0115745_00445070.jpg
a0115745_00445327.jpg
でも、やっぱり気持ちのいいこの雪渓を途中で切り上げるなんてことはできずに、結局出たとこ勝負の滑り切りに。
a0115745_00533462.jpg
ハーフパイプ地形を楽しんで、
a0115745_00514444.jpg
トリッキーな地形をかいくぐり、藪がでたところからトラバース。まあ大体2050m位のところ

a0115745_00455914.jpg
針葉樹林の中を標高を下げないように迷路をたどって目指せスキー場
a0115745_23251932.jpg
大汗かきながら、最後は笹薮をかき分けてゴォール!!!

a0115745_00460317.jpg
あとは気楽にゲレンデの雪をたどって駐車場まで。
などとは気楽に終わりませんでした。
a0115745_23252260.jpg
春はいろいろありますね
a0115745_23270777.jpg
遅い9:00スタートではありましたが17:30に下山
9:00-10:00ゲレンデトップ―13:00継子岳ー14:30摩利支天山ー16:00継子岳ー16:45トラバースー17:20ゲレンデ―17:30駐車場


[PR]

by ura-sasa | 2017-05-08 23:14 | バックカントリー | Comments(0)
2017年 04月 27日

容雅山から大毛無山が本日のメインイベント

澄川を降りて1300mきった位のところから容雅山からの稜線にとりつくことに
a0115745_21342646.jpg
稜線からボロボロと落っこちた大きい雪の塊の間を抜けてサクッと稜線に・・・と行きたいところでしたが、下から見えた藪は小さめでしたが、実際はめんどくさい大きさで雪が切れてる区間もちょっと多すぎ
a0115745_21481146.jpg
おまけに山頂直下も思いっきり空いていて、苦労しそうというか登れなさそうなんで
進路変更で容雅山の山腹を巻いて大毛無側に回り込むことに
a0115745_21484237.jpg
a0115745_21491179.jpg
稜線からデブリを抜けて雪の上に戻ると山腹のトラバースはとてもスムーズで助かった
なんといってもここで15:00をまわってますので、この先考えればなるだけスイスイ行かなくては

東面にでたところでシールを付けて北東面めがけて上りあげます
ここら辺からしゃべり続けていたマークがちょっと無口に
確かにちょっと疲れが出てくるところではありますが、自分のほうはARAIが閉鎖して以来きていなかった容雅の北東面をすべれるので気持ちが乗ってきます
a0115745_12594335.jpg
ゴールも目の前になってきました!
ここから山頂に向かって巻き上げていこうと思ってスキーを切り返すと
しばらく静かだったマークが「ピークは必要か?」

間髪入れずに「必要だねー」と答えてみたものの、時間もそれなりで相棒がホントにばててもこまるのでピーク下のお隣のマウンドまでで妥協
a0115745_21245411.jpg
あと高さ50mほどでピークだったのですけど16:00も過ぎてしまったし10年振り?の斜面も
滑れるのでまあいいか
a0115745_21250743.jpg
気持ちよく大毛無沢に向かって滑ります
a0115745_21352996.jpg
心配していた悪水側と大毛無沢の出合も悪水側からすんなり渡れて最後の登りへ
a0115745_21353304.jpg
今日一日滑ってきたラインをバックに夕暮れに追われながら登ります
マークも息を吹き返して、元気にトーク再開。

去年から請け負っている黒沢池ヒュッテの運営についての悩みや夢を無作為に思いついた順番に語り掛けてきます

大変だろうけど頑張ってください

トークに付き合いたいところですが、今度はこちらが太ももつりそうなんで、そっちのケアに集中しながらやわやわ足を運びます

a0115745_21260335.jpg
18:44大毛無山頂到着。
本日唯一のピークです(GPS見たら三角点はもちょっと奥でしたけど、高いのはココ)
a0115745_21353818.jpg
日本海側
a0115745_21354110.jpg
妙高市街 
a0115745_21270624.jpg
のんびりしてる時間でもないのでヘッデンつけて滑走開始!
a0115745_21272569.jpg
すぐ真っ暗になっちゃいました。
しょうがないので昔の記憶を頼りに旧ゲレンデに後半合流して最後は歩いて麓まで
案外第3発電所ー岡沢よりは歩きもすくなくすんなりいけました
ただ旧スキー場は来季再開にむけて工事も盛んにおこなわれてるようで、下山遅れてかえってよかったかも

19:30終了



[PR]

by ura-sasa | 2017-04-27 12:33 | バックカントリー | Comments(0)
2017年 04月 26日

まずは火打から澄川へ

いざ火打から澄川へのツアー行くことになって、悩みどころは下山口。
朝、本日の相棒マークとコンビニで待ち合わせして第一希望の旧ARAIを見に行くと

結構下の方は雪が無い。
ゲレンデも旧ナイターゲレンデの上半分くらいまで。

かなり歩くじゃない・・・ということで第3発電所側出口の岡沢へ向かいましたが、
当然、こちらは通行止めになってる林道の除雪が進んでいるようで、数日前にここを降りたという
マークが一言「ここまでだいぶ歩いたぞ!」

だいぶ歩くということは何となく想像がついた・・・というか数年前にも経験済みなので
軽く試案した結果、同じ歩くなら二人とも未経験なほうにということで

大毛無を超えてARAIにでることに再変更。

また車をまわしているうちに時間は消費されて
いざ笹ヶ峰出発!は8:30
a0115745_21284925.jpg
おそい! まあ最悪発電所に下山路変更もありで

今年は雪もたっぷりで登山口側は除雪なし、ゲート屋根のみ

a0115745_21294322.jpg
黒沢沿いに進んでいつもの滝は露出なし
マークの止まらないおしゃべりに付き合いながらスイスイと富士見へ
a0115745_21303877.jpg
火打も当然真っ白で焼山はあまり煙ないですね
いつ解禁になるかな?

高谷池ヒュッテで今年から初山小屋生活の元会社の同僚に挨拶してから火打の肩へ
a0115745_21212281.jpg

当初は山頂11:00ころ到着して滑りこみのつもりが大幅におくれて12:00とっくに回ってます

僕の希望の山頂はさっそくパスして澄川に滑り込み!
a0115745_21311364.jpg
a0115745_21312812.jpg
マーク、同年代(ちょっと僕より上)だけにターン弧はクラシックスタイル!
a0115745_21230647.jpg
雪がいいので気持ちよく澄川へ落とし込んでいきます
a0115745_21233717.jpg
a0115745_21240069.jpg
とはいっても、やはりこの時期のこの沢なのであっという間にデブリ横断帯へ
a0115745_21324481.jpg
それでも比較的スムーズにデブリもかわして1300mほどの地点からいよいよ容雅山へ

どこで登り返すか?
ちょっと悩む景色が広がってました・・・
続きはまた
a0115745_21331668.jpg
写真はここまで滑った火打から澄川の全景

[PR]

by ura-sasa | 2017-04-26 12:50 | バックカントリー | Comments(0)
2017年 04月 25日

笹ヶ峰からの長ーい道のり

笹ヶ峰まで道が開いてタイミングよくやってみたいと思っていたルートに同行者が現れてくれたので行ってきました

火打から澄川を降りて容雅山経由して大毛無山へ登って旧ARAIを下山

a0115745_22252895.jpg
笹ヶ峰8:30-高谷池11:40-火打の肩13:00-容雅山16:00-大毛無山18:45-下山19:30
長かったし、ちょっと容雅山登るには時期遅かったかなというところですが11時間動ける体力はまだあるようなことだけは確認
a0115745_21473112.jpg
スタート時にみたこの山並みを移動してきたことには満足です。
帰りは真っ暗で何にも見えなくなりましたが

詳細は後日

[PR]

by ura-sasa | 2017-04-25 23:22 | バックカントリー | Comments(0)
2017年 04月 21日

さらに身近になった山へ


天気予報がまるであてにならない最近。
本日も数日前までは大雨か!?というような予報でしたが、当日になってみると
もしかしたら午後にちょっと降るかも?みたいな中途半端さでとりあえず朝はいい天気

雨のつもりでノンビリしてましたが、せっかくの春の休日。
もったいないので除雪のおかげで近くになってるはずの山へでかけました。
a0115745_13261140.jpg
今までより1時間早く稜線のこの場所へ
本日は何とか妙高山が見えてます
a0115745_13363460.jpg
まだまだ白い妙高山
a0115745_13384357.jpg
さらに白いのはいよいよ来シーズン本当に再オープンしそうなあのスキー場と大毛無山

鍋倉山頂には2時間ほどで到着して、東の尾根をたどって温井側の道路まで初めて降りてみました
a0115745_13274586.jpg
最後はブナの林が終わってオープンバーンになるとは知らなかった
a0115745_13342916.jpg
ちょうど降りたところが除雪の最先端。
そこからまた黒倉側へ登り返しました
a0115745_13350877.jpg
a0115745_13332753.jpg
a0115745_13283135.jpg
有名なブナの木2本には会えずじまいでしたが、それにつづくような立派なブナの木と越後の山々を眺めながらの
登り返しのラインは青空だったら最高だなっと感じつつ、新緑のころに再訪しようと決めました

帰りは黒倉山頂からいつもの斜面より南側を選んで下山。
a0115745_13301627.jpg
こっちも意外にいいんだな!っと確認して帰路につきました。

身近になった山ですけどもうそろそろ藪がおきて登りづらくなりそうです




[PR]

by ura-sasa | 2017-04-21 22:49 | バックカントリー | Comments(0)
2017年 04月 14日

眺めがいい山へ

春らしい快晴の一日。バカみたい一日中動くのに最適なのですが、付き合ってくれる人が見当たらないのでノンビリ山行に

今まで一度も登ったことなかったんですが、まわりの皆さんが結構上がっていて、聞いてみたら「眺めがとってもいいんですよ!」というのを最近きいて佐渡山へ

一人なのでスタートもスローになってしまい大橋につくと、平日なのに6,7台の先着の車がありました。

雪たっぷりの林道をてくてく歩いてスムーズに稜線へ
a0115745_11485138.jpg
a0115745_11503430.jpg
稜線に出てみると意外に山頂が遠い!
風もなく眺めもいいので快適ですけど

左右の黒姫や高妻・乙妻の山を見ながら山頂に到着すると目の前は遊びなれた妙高・火打の山並み。
a0115745_12474236.jpg
a0115745_12481358.jpg
a0115745_12500456.jpg
確かに完璧な360度パノラマビュー

スキー遊び用の山々が一望で、山頂で昼ごはん食べながらアッチの斜面を登って滑ってと妄想と想像。

このまま降りても早すぎるんで東面に滑り降りてみました

a0115745_11500859.jpg
a0115745_11514368.jpg
a0115745_11512961.jpg
前日降った雪が軽く邪魔しましたがおおむね快適。
ベースでは立派ブナの木ときれいな若いダケカンバがお出迎え。

登り返して隣の小ピークから南面滑って帰り道へ
a0115745_11513807.jpg
近くにいい山、まだまだあるんだなー
a0115745_12593924.jpg


 

[PR]

by ura-sasa | 2017-04-14 23:12 | バックカントリー | Comments(0)
2017年 03月 24日

思いがけず冬山

3月下旬なれど雪がちらつく毎日で気温自体は高めなので
雪がちらついたらどこが一番無難なのか悩ましい季節です

上手く標高の高いところで当たればいい思いもできそうですが
外れたときはちょいとシビアな状況に陥りかねなかったりするのであまり気が乗らず、
おまけに膝の調子もよくないので・・・・

そんなときの、この季節のお気に入りといえば個人的に鍋倉なので
先週の美味しい思い再現とばかりに出かけてきましたが!

a0115745_00391899.jpg
登りはじめてすぐに青空が広がって霧氷が輝いて「今週も当たりか!??」と期待させていただきましたが
a0115745_00394406.jpg
a0115745_00401400.jpg
霧氷が登るにつれ見事な海老のしっぽとなって、その尻尾も山頂に近づくにつれて成長中!という状況に
a0115745_00395353.jpg
おまけに視界不良に時折素敵な横風がふいてくれて冬山に逆戻りです

a0115745_00403052.jpg
a0115745_00405773.jpg
a0115745_00412213.jpg
冬山に逆戻りなので雪は最高で申し分なしでしたが、視界不良とブリザード滑るルートを1ミスと黒倉北面はあきらめて
鍋倉南面へ変更などなどバリエーションがしょうがなく増えたツアーとなりました

a0115745_00413468.jpg
標高下がってきたら下界はいいお天気で、なんのことはない1000mから1200mの高さだけ絶え間なく雲が
流れ続けていた一日のようでした

それでも馴染みのルートじゃなくああでもないこうでもないと考えながらの散歩もなかなか楽しいものでした

次は本当の春山ツアーにいけるかな

[PR]

by ura-sasa | 2017-03-24 23:30 | バックカントリー | Comments(0)