カテゴリ:赤倉( 17 )


2010年 10月 27日

降りましたね、

山沿いは雪といわれてましたが、降り過ぎです。

自宅の付近は雨でしたが、標高を100mほどあがったところからは雪。
前日にあわててタイヤを履き替えましたが、一般道路はそこまでの積雪ではなかったです。
でも、我が職場はそんなわけにいかず・・・
a0115745_631895.jpg


ゲレンデが出来上がってます。もちろん滑れませんけど・・・
妙高山の初冠雪がこんな下まで白くしてしまうのはかなり珍しいはず、しかも10月だし。

a0115745_6113736.jpg

標高1250mのレストランのテーブルの積雪量。
これだけあればボードは滑る気になれば滑れるのかな

a0115745_6142851.jpg

雪が早い年は小雪になりやすいのでゲレンデは雪不足の予感。でも山頂は遅かったので山は多いのかな。
自分の予想ではパウダーシーズンよりも春山シーズンに期待がもっています。
[PR]

by ura-sasa | 2010-10-27 23:59 | 赤倉 | Comments(2)
2010年 03月 12日

ラストになるのか?このパウダー

昨日の朝。一昨日から降った新雪がゲレンデ山頂で35cm。
感覚的にはもうちょっとあったようなきがしますが、ゲレンデがあちこちハイシーズンのようなパウダーコンディションが冷え込んでガスがかかっていたために1日中楽しめてしまったという3月にしては奇跡の日。

そして今日も・・・

a0115745_2258184.jpg

これ!    私です。(photo by TAKA-C)

天気も良ければ雪もいい。昨日のガスと冷え込みは今日まで良質の雪を残してくれました。

この素敵なタイミングでパトロールのBC研修第2弾が行われました。
本コースよりも滑られているのではないかと思われる、通称裏山から今年閉鎖されているコースを経由して燕側へ。

パトロールや行政がBCを管理する必要はありませんが、知っている必要はあるでしょう。

裏山エリアは自己責任といってもセルフレスキューできない人たちが大部分だし、できるグループでも限界があるので引っ張り出される可能性はとても高いでしょうしね。

でもこんな好条件の日に行ってしまうと遊びに行ったようにしか見られなくもない・・・

せっかくなのでPhotoも撮ってみました

a0115745_2382451.jpg

TAKA-Cさん 絵的には極悪ですがいい人です
a0115745_2391556.jpg

五地蔵では苦労しましたが、今日ははしゃげたMaru-K
a0115745_2392917.jpg

登りがなければ発汗量もほどほどで元気なえぐっち
a0115745_2394165.jpg

そして隊長。

やっぱり楽しんでるか・・・
当たり前ですね。みんな滑るのが好きですから。
だからバックカントリーの楽しみを規制する気はありませんがリフト下滑走禁止などゲレンデ内での規制は守ってほしいですね

a0115745_2339459.jpg

こちらは通常業務。
今日もレベルに合わないキッカーを飛んで救急車にはこばれてしまった若者が出てしまいました
最近救急車をよぶようなケースが多いな
[PR]

by ura-sasa | 2010-03-12 23:56 | 赤倉 | Comments(4)
2010年 01月 16日

妙高が降らないわけはなかった

上越の大雪がやっぱりここにもやってきた。
昨日から今朝にかけて120~150cmの新雪。家から職場まで10分もかからないのに、2度のスタックにお遅れて登場した除雪車のおかげで1時間もかかってしまいました。
ゲレンデもパニック状態。圧雪が遅れてトラブルだらけ、しかもきょうは土曜日でお客さん多し。
OKになったゲレンデにお客を誘導、問題は非圧雪バーン。
まずはパウダーめざしてか行列ができてしまったホテル第5リフトのホテルAコース
a0115745_22265988.jpg

ゲレンデトップの積雪計は120cmの値、積雪計は120cmまでで掘り出したらしいので新雪は120cmオーバーということで、ホテルAコースオープン時にスタート地点にてパウダー専用機使用の上級者しか無理ですよ、埋まりますよと説明しましたが盛りのついたみなさんは躊躇すること無く突っ込んで行き・・・
a0115745_22243659.jpg


埋まりました。あちらこちらで撃沈です。僕はLIFELINKのスコップ片手に脱出できない人を掘り出しながら下ります。

ちなみに埋もれず下まで降りていったのはK2ヘルベンド使用者だったそうです。本日はポンツーン、JJ、バターナイフはみられませんでした。パウダー系スノーボードも全滅。

お次はチャンA。こちらはホテルAで懲りたのか、まだ埋もれているのか待機してるのは上手そうなマニア系10程。パトが一人、先に降りて大丈夫だったのでライン付けのためにコース閉鎖のままそのマニア系をつれてチャンAへ
a0115745_22411446.jpg

今度は埋もれることも無く、皆さん無事降りてトラックもついたので一般解放。
チャンAのほうが板は浮いて滑りました。
一応ゲレンデトップでホテルAと同じような説明をします。今回は皆さん言うことをきいてそれなりの人しかTRYしません。人間、体験学習が1番のようですね。

こんなパウダーデイの1日は非常に長いです

a0115745_22575757.jpg

我が家の屋根です。先週雪下ろししたばかりなのに・・・
[PR]

by ura-sasa | 2010-01-16 23:04 | 赤倉 | Comments(3)
2010年 01月 14日

よく降りますね。他人事編

降らないのはここら辺だけで全国各地、さらにはここらでいう「下の方」、高田・直江津はえらい降ったようです。
朝からその方面から、「こっちでこれだけ降ったのだから山はさぞ大変でしょう」的なメールがいくつか入りましたが、妙高は昨日からいたって平和。ゲレンデも程よい積雪で快適なパウダーラン。日中、ずっと降ってましたが冷えてたので非常に軽い雪が30cm弱。除雪も楽チンです。
たまにはこんな逆転現象もいいもんです。雪の重みを味わってからパウダーを遊びにくるのも価値があるのでは?

a0115745_22143480.jpg

今日は夕方リフトの救助訓練、リフトが故障したときにお客様を安全におろすための練習です。
営業が終わってからパトロールとリフト係が集まって、雪の降る中救助の手順を確認。
あまりあってはならないのですが、シーズン中に必ず1回はあります。特にこの訓練をしたあとがなぜかヤバイです。
[PR]

by ura-sasa | 2010-01-14 22:23 | 赤倉 | Comments(0)
2010年 01月 13日

おいおい降らないぞ

ものすごい寒波の予報、ウェザーニュースのピンポイントで我がAKAKANは7時から1時間で23cm、いままでこんな数字見たこと無いぞ!ということで本日Slowtrackさんとの山行は中止に。

ところがぜんぜん降りません。今朝になってウェザーニュースをみたら降雪量の数字は軒並みトーンダウン。
青空も見えてます。でも風は強い。地吹雪状態でスキー場も10時にはCLOSEを決めたそう・・・

どっちみち山に入るのは無理な日でしたが、天気予報はまだまだ当たらない。

午後には風も収まり、小雪がちらほら程度。どうなってるんだ寒波。 妙高だけなのか?
妙高はこんな天気の流れにも乗っていくことができないのか? 

完全な休養日になった本日、暇なのでおとといの写真をUP
a0115745_14502619.jpg
a0115745_14505976.jpg

いつも入る燕への小さな2本のシュートの上に昨夏、雪崩止めができました。おかげでちょっと安心して入れますが、左のほうはもともと雪付きが悪いので核心部の岩が隠れないみたいですね。ジョオにロックスキーをさせてしまいました。反省。
a0115745_14584341.jpg

旧燕スキー場ではHARFCABさんたちがノーボード遊び。スキーヤーには真似できないゆったりした楽しみかたですねー チャン5リフトも閉鎖なのでここは静かなパウダーオアシスです。
[PR]

by ura-sasa | 2010-01-13 15:03 | 赤倉 | Comments(2)
2010年 01月 11日

懐かしい面子と

ここ数年成人の日は仲間とビーコン捜索と救助の練習をしてましたが、本日は都合の悪い人が多く中止に。
しょうがないので屋根の雪下ろしでもと思ってたところに、かつてのスキー仲間が赤倉にやってきた。
a0115745_044527.jpg

じょお。 一緒の滑るの何年ぶりだろう?10年位前の立山以来だろうか、でもウェアーはそのときといっしょだね。すぐわかった。
さんざん杉の原の「裏ササ」を滑り倒したメンバーと今日はAKAKANの「裏山」へ
a0115745_0502020.jpg

中戸パンの兄ちゃんもスキーヤーに戻って参戦。
合流する前にすでに「裏山」で準備運動はできてたようなので燕側にご案内。
a0115745_054054.jpg
a0115745_0544598.jpg

天気もよかったし雪も最高!
[PR]

by ura-sasa | 2010-01-11 23:56 | 赤倉 | Comments(3)
2010年 01月 10日

すごいねえ・・・

a0115745_2204032.jpg

連休中日、朝のゴンドラ最前列。パウダー狙いのスノーボーダーを押しのけてファットなスキーヤーがゾロリ。
ポンツーンが2台、バターナイフが2台、JJ,フォルクルのクロ?あとなんだっけな・・・太いし反ってるし、いいウェアー着てるしヘルメットだし、今シーズンのPOWDER SKIかブラボーのグラビアから抜け出てきたような人々。

今日はあたりでしたね。明け方からの雪が30cm積もってました。圧雪したあとの降雪だから全コースパウダーでした。
SlowtrackさんもHARFCABさんも前山で楽しんできたようです。

夕方、最終パトを終えての帰り際、事務所に「今、前山下山中ですがルートもわかってるので心配しないでください」との電話が・・・ 誰?電話してきたらかえって心配しちゃうじゃない!? 山ならスキー場関係ないし。
幸い、この時期はコース整備は朝行うのでゲレンデにおりてきても事故の心配はありません。でもこんな時間まで前山にいるなんて完全に一時迷ったか、トラブルがあったんでしょうねー

夜になっても携帯がなったりしないので無事下りたんだな
[PR]

by ura-sasa | 2010-01-10 22:36 | 赤倉 | Comments(4)
2010年 01月 10日

レスキュー

連休初日は圧雪作業もあったので朝3時半からピステンに乗ってお仕事。
自分で整備したホテルCコースを気持ちよく巡回してから昼であがろうかと思ってたところに救助要請。

場所はチャンB左の沢側に滑りこんでコースに戻れないから助けてほしいとのこと・・・

それってコース外。 
しかもチャンBの左はほとんど崖、降りれるポイントはいくつかあるけどエクストリーム。
 
予想では崖の手前の急斜でパウダーが深すぎて登り返せずか、最初から沢に滑りこんで戻れなくなったか。

行ってみたらさあ大変。崖の途中のスノーボード一枚分のテラスに運よくひっかかってました。

コースからはわからず、沢に入り込んで下からやっと確認。もう一歩で30M近い崖のドロップでした。
怪我も無く、ブナの木助けられた格好。
a0115745_6323168.jpg

下からの写真。雪の流れ出てるあたりにひっかかってました。
ザイルで確保してコースから現場へ。20Mほどでしたが後半は完全な垂直。ぶなの木のトンネルをうまく転げ落ちて小さなテラスにひっかかった模様。このひと運がいい
a0115745_6373662.jpg

a0115745_6385445.jpg

沢から見てる隊員は足元に豆のように見えます。
スキーパトロールの仕事じゃないなー 山岳救助だよ。
地形を知らずにパウダーだけ求めてすべるのはやめましょう
a0115745_645112.jpg

この救助活動に2時間、隊員5名。コース内の真っ当な事故者がいなくてよかったー
[PR]

by ura-sasa | 2010-01-10 06:42 | 赤倉 | Comments(2)
2010年 01月 05日

トレーニング、そしてまた・・・

a0115745_2253513.jpg

今日は朝点の後にボート搬送の練習。主役は今シーズンの新人さんです。
雪が降りしきる中、一連の流れをシュミレートしての訓練ですが、ベテラン陣はみんな長めのファットスキー。
新人さんはちょっと昔のATOMICのカービング、しかも短め。
新人さんにハンディありすぎです。ボート後方で制動上手くかけられず苦労してました。
技術もさることながら、道具もパトロールには不利なショートカービング。
(写真は見かねた隊長がボート後方にて実演中のところ、隊長も今年からファットです)

アイスバーンのあまりない妙高ではファットスキーはハイシーズンから春のザク雪までオールマイティですね
太すぎても駄目ですが。(個人的にはセンター90mm、R-20位のが万能かな)

今日も日中、雨のような勢いで雪が降って一面パウダーゲレンデになってしまいました。
降雪計で30cm。

明日もG3 TONICが活躍か
[PR]

by ura-sasa | 2010-01-05 23:13 | 赤倉 | Comments(1)
2009年 12月 27日

溶けていく

a0115745_1464810.jpg

いい天気が続いて毎朝快適なグルーミングバーンを滑っています。
パウダーもこもこが最高ですが、これも最高。
ゲレンデでしか味わえない快適ですね。

天気がよすぎてドカ雪によって突然はじまったスキー場全面滑走に早くもボロがではじめました。
三日前にパウダーランで開幕したチャンAがベト(土)が出てしまって本日閉鎖に。
他も部分的に地肌が見えるところがちらほら・・・

そろそろ次の寒波がこないと正月乗り切れないぞ!
[PR]

by ura-sasa | 2009-12-27 01:58 | 赤倉 | Comments(2)