<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 31日

うまく塗れーた

a0115745_21573657.jpg

漆喰、上手く塗れちゃいました。きれいにできると気持ちがいい
次は腐った畳と床。はぐってみたら腐ってたのは畳だけ、よかった。
新たに畳をいれるとなると高くついてしまうので、やはり最初の予定どおりフローリングか
どっかにあまった畳でもあればあっという間にかたがつくのに・・・
a0115745_22134880.jpg

日曜大工魂に火がついて、使ってない押し入れを部屋の一部にしたくなり壁破壊。ちょっと大掛かりになってきたぞ
来週までに改装は終わるのだろうか
a0115745_22142617.jpg

[PR]

by ura-sasa | 2009-08-31 22:15 | 近況、その他 | Comments(0)
2009年 08月 28日

コマクサ

体力測定のつもりでいった燕岳と大天井岳でしたが、その稜線上にコマクサがいっぱいでビックリ
a0115745_22341155.jpg

砂礫の上にてんてんとかわいらしいコマクサが咲いてました。高山植物の女王といわれててっきり簡単には見れない代物だと思ってた。妙高には無いし。
すごく小さいので這いつくばって接写。macroレンズでよかった
a0115745_22401251.jpg

色もきれいだし、形もかわいらしい。ちょっと生き物っぽい。こんな海の生物がいたような・・・
[PR]

by ura-sasa | 2009-08-28 22:56 | 夏山 | Comments(2)
2009年 08月 26日

表銀座へ

2ヶ月ぶりに山に登ってきました。
山菜採りでもなく純粋な山歩き。体力測定のつもりで中房温泉からがむしゃらに歩きました。
a0115745_22522653.jpg

2時間20分で燕山荘到着。北アルプス3大急登を一気にあがったので早くも左太ももがつりそうな気配。
このまま燕岳に登って帰ったら物足りないので、一応、コースタイムより早かったら行こうと予定してましたけど大天井岳まで欲張っていってみることに。見ると遠くに見えるのと最後の登りでちょっと気がひけます。
a0115745_236871.jpg

大下りでやめようかなと思いながらも、天気も良く槍が見えっぱなしなのでがんばることに。
燕山荘から2時間半で大天井山頂到着。両太ももは悲鳴をあげてつるのを感じながらの歩きです。ひさびさ歩荷気分。でもきてよかった。槍が目の前、今シーズンの閉めの奥穂や涸沢カールも見れた
a0115745_23174293.jpg

あの横尾までの水平移動は苦痛でしたが今日の稜線の水平移動は気持ちよくて最高!さすが表銀座。
道もよく整備されててさすがです。ぼろぼろの足でもすたすた歩けます。
a0115745_23224632.jpg

燕山荘まで2時間ほどで戻って生ビールで栄養補給して足早に燕岳を往復して下山路へ
太もものつりをごまかしながら歩いていたら、古傷のせいなのか左膝の関節痛が・・・
急登の下りが膝にきつい・・・ 階段はほとんどサイドステップで左をカバーして下山。こんなときにかぎってストックを持ってきてないんだな、これが。
それでも燕山荘から2時間弱で登山口到着。有明温泉に入って帰宅
全力で動き回って、疲労度満点。ひさびさ気持ちいいもんです。
膝と太ももをアイシングしながらブログ書いてました
[PR]

by ura-sasa | 2009-08-26 23:38 | 夏山 | Comments(2)
2009年 08月 25日

うまく塗れーる

借家ですが使ってなかった奥の部屋。
雨漏りと結露がひどくて去年は屋根を直し、今年は内装を。

カビでふやけた土壁をはがして漆喰をぬることにしました。その名も「うま~くヌレ~ル」
ほんとにうまく塗れそうです。これでカビ臭さともさよならか?

壁ができたら次はふやけた床が待ってます。たかが6畳ですが簡単にはいきません

before-after と、うまくいくのやら
a0115745_1514419.jpg
a0115745_152575.jpg

[PR]

by ura-sasa | 2009-08-25 01:52 | 近況、その他 | Comments(2)
2009年 08月 20日

初の本物

初めて本物を買いました。
a0115745_7215454.jpg

クロックスです。 
売られ始めてから毎年980円のバッタもんを3足愛用、履きつぶしてきましたが面白そうな本物を見つけたので手を出してしまった・・・
ゴルフシューズだそうです。職場のブナ林散策でも滑らずにいいかな思って購入。今のところ調子いいです。
偽者はひと夏で靴底がつるつるになりましたが本物はどうかな?

ゴルフシューズですが一応注意書きでコースで使えるかどうかは各ゴルフコースにお尋ねくださいとのこと。
伝統と格式の高いとこは駄目なんだろうな・・・
赤倉ゴルフコースはどうだろう? リゾートだからアリだろうな」
[PR]

by ura-sasa | 2009-08-20 07:30 | 近況、その他 | Comments(0)
2009年 08月 13日

やっと夏かあ

やっと夏の天気がやってきた。天気がよけりゃお客さんもゴンドラに乗りにくるので、スカイケーブルもようやく夏の忙しさがやってきた。やっぱり仕事は忙しいほうがいいね。暇なのに出勤して職場にいなきゃいけないというのは苦痛です。
天気がいいと今週はナイター営業もあるので勤務が長い。昼間と雰囲気が違っていいけど朝から夜まではちょっと長すぎるか・・・でも山小屋時代にくらべりゃ楽か。
a0115745_026153.jpg

こんな感じ。キャンドルでムード出してます。付け焼刃の星座案内もやっちゃってます。
仕事あがりはやっぱりビール
a0115745_0283285.jpg

最近の愛飲。左は発泡酒、右はノンアルコールビール。最近は右のやつをジュースのようにまず飲んでそれからそのときの気分で各種アルコールに移行してます。
このオーストリア産のノンアルコール、原材料は麦芽とホップだけでYAMAYAにあった他のそれと飲み比べても一番おいしかったの愛用してますが、発泡酒の原材料からみればアルコールがないだけでドイツてきにはこっちのほうが本物のビールに近いことになるのだろうか?
ビールは酔うのが目的で飲むわけじゃないので案外これでもいけちゃうな、昼間もきにせず飲めちゃうし。
今晩は近所からもらったトマトとここらの名物ボタコショウでぴりっとぐいっと夏の夜らしくいきました。

「コクの時間」は好きですが、キリンの新しいアルコールフリーはちょいといただけませんでした
[PR]

by ura-sasa | 2009-08-13 00:44 | その他 | Comments(4)
2009年 08月 07日

懐かしの1枚

写真整理で思い出の1枚が出てきた。
a0115745_2111673.jpg

「裏ササ」と勝手に名前をつけた妙高のバックボウル、初パウダーランのトラック。
16年前にここを見つけた時はザラメ雪の春の季節、急斜面を楽しんで翌年にはいよいよ・・・と新雪を狙って入ったときがこれ。
それから5シーズンほどは仲間以外に会うこともなく独占できて、A,B,C,D,シュート、Sebクリフなんてコース名もつけて遊んでさんざん急斜面とパウダーとクラストを滑りこめたのはラッキーでした。今はもうゲレンデの1部のようになってるようで、3シーズンほどご無沙汰。
a0115745_21301247.jpg

裏ササBコース全景。自分の格好がかなりレトロです。というかかなり趣味に走ってます。
[PR]

by ura-sasa | 2009-08-07 21:49 | その他 | Comments(0)
2009年 08月 02日

板の担ぎ方3種

雪山を登るとき、ここら妙高差山域だとだいたいはシールで最初から山頂まで行けちゃいますが、妙高本峰や春山になると板を背中に背負っての登りになります。担ぐスタイルは
a0115745_2241287.jpg

これが1番安定感があって一般的。この奥穂に登ったときもほとんどこれ。梓川沿いのアプローチはこれにブーツもついてたので重かった・・・ ただ重くても、樹林帯でも揺れたり、枝にひっかかったりしづらいからこれがベスト、なんでしょうけど個人的に好きで愛用してるのは斜めがけ。
最初はカリマーのザックに無理支離斜めにつけていたのが、DAKINEのザックに出会ってからは専用のループがあるので簡単できるようになりました。それ以来DAKINEが10年来の愛用品。ボードもつけられるし背面も開くのがいい。
a0115745_2228126.jpg

斜めがけは簡単につけたりはずしたりができていいのと樹林帯でなければ意外に安定していて背負いやすいので。ただこの担ぎ方にはまったのは最初にみたエクストリームスキーのビデオでスコットシュミットがこの担ぎ方山を登っていた姿がかっこよかったから。ミーハーな理由でいまだこだわってます
エクストリームらしい背負いかたといえばはこれです
a0115745_22473097.jpg

”X"そのもの。長谷川師匠が直登するときのスタイル。流れ止めの紐があってこそのつけかたなので今ではできませんので悪しからず
[PR]

by ura-sasa | 2009-08-02 22:51 | バックカントリー | Comments(2)