ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 26日

冬に向かって、まず頭から

昨日は一日お勉強。
まず白馬にてACT主催の樹木から見る雪崩の痕跡の勉強。
a0115745_23381819.jpg

信州大元教授の若林先生の講義です。栂池、栂の森・自然園でオオシラビソの育ち方、折れ方、枝のつき方から雪崩の痕跡をみていきます。話を聞けば聞くほど、木があれば安心なんてことは言えなくなります。
黒姫や三田原での樹の見方が変わるだろうな。
午後は猿倉で広葉樹(ブナ)にみる雪崩の痕跡でこちらのほうが、妙高ベースには必要な知識だったのですが、夕方からこっちのイベントにも申しこみしてたので残念ながら午前だけ。来年またおねがいします。
a0115745_23461889.jpg

夕方からはこれ。FINE LINEが一番の目的でしたが、熱い話にちょっと圧倒されっぱなし(午前中からですが・・・ 妙高で山に入ってる人と白馬とではだいぶ雰囲気が違う感じ?)
まあ、なにわともあれスキーシーズン前にまず頭の中から安全第一でスタート。
TGRのDVDも購入してアグレッシブな部分も少々刺激を。

a0115745_23522966.jpg

一番印象にのこったのはこれかな?ヤニブクロ。針葉樹好きにはたまらないネタです。
[PR]

by ura-sasa | 2009-10-26 23:30 | 近況、その他 | Comments(0)
2009年 10月 24日

八海山

a0115745_0112777.jpg

六日町八海山へ。
登山ではなく家族でドライブ。天気がいいのでドライブ日和。登山日和でもありますけれど、何事もバランスが大切です・・・
学生のころは毎年一回は来ていたスキー場。そのころはゴンドラでしたが、今はロープウェイに架け変わって冬から夏に狙いが変わったかの印象。
a0115745_045044.jpg

駐車場の大型バスの多さに我が妙高高原スカイケーブルとの差に大きなショックを味わいます。
何だこの差は・・・妻夫木君よ前山にも立ってくれ。
FISのダウンヒルコースがとれるこのスキー場は標高差の割りに距離がないので斜度がある。非常にマニア向けなので当時はとてもすいてましたが、今はどうなんだろう?
パウダーの楽しさと苦しさをおしえてもらった素敵なスキー場で、急斜面が続くので雪が降ったら全面パウダー、でも海抜が低いので滑り出しは最高の粉雪も半分から下はいきなり湿った重い雪に変化して失速して埋もれるというのをくりかえしてました。今はファットがあるからそんなことも無いかな?パウダー流行で冬も人気がありそう。
a0115745_0335896.jpg

紅葉もちょうどよく、夏は出番の無かったカメラが活躍しだします。冬に向けてこちらもウォーミングアップ。
ただシャッターがいまいち不調。冬から気になっていたところに新製品が出てきて・・・・・・・
冬を前に欲しいものがありすぎる。
[PR]

by ura-sasa | 2009-10-24 00:43 | 近況、その他 | Comments(0)
2009年 10月 19日

職場の紅葉

妙高高原スカイケーブルも紅葉の見ごろ
a0115745_23103031.jpg

通勤路から。
毎日通勤して見飽きてるけど、この時期だけは別。
ついつい毎年同じようながらも同じような写真を撮ってます
a0115745_23112165.jpg

ぶなの木の光の洪水。
a0115745_23121877.jpg

ハウチワカエデの雨あられ。
普段はJPEGで撮影なのを初めてRAWを使ってみた。なれないのでめんどくさかった・・・
[PR]

by ura-sasa | 2009-10-19 23:15 | 赤倉 | Comments(0)
2009年 10月 17日

笹ヶ峰の紅葉

昨日の稲刈りお手伝いは案外早く終わり、天気もいいのでドライブに
通いなれた笹ヶ峰から小谷にぬけてみました。
a0115745_21274036.jpg

紅葉まっさかりでいい感じ。絵的にはいいけど凸凹砂利道は運転に気をつかう・・・
a0115745_2130246.jpg

三田原の山腹ちょうどいい色でダケカンバは終わったけどブナは今がピークかな。手前の藪が邪魔にならないところで車をとめて写真撮り。似たような人々が平日にもかかわらず結構います。皆さんいいカメラにいいレンズにいいお年・・・ まあこちらもその一歩手前に近づいてきましたが。
a0115745_21373084.jpg

新潟県を後にして、長野・小谷村へ。 長野側は舗装されてるんですよねー新潟側はこのまま砂利のままなんだろうか
a0115745_21403983.jpg

a0115745_21412871.jpg

一度、真冬に滑ってみたい二つの山をながめつつ白馬へ。らっPで新型のスキーアイゼンをみて物欲を抑えながらの帰宅となりました
[PR]

by ura-sasa | 2009-10-17 21:44 | 近況、その他 | Comments(0)
2009年 10月 16日

稲刈り

a0115745_7162996.jpg

今日は稲刈り。奥さんの実家のお手伝い。
田植えとちがって機械に乗りっぱなしなので楽でした。
a0115745_718366.jpg

a0115745_7293541.jpg

初、稲刈り機搭乗。
[PR]

by ura-sasa | 2009-10-16 22:14 | 近況、その他 | Comments(0)
2009年 10月 11日

初冠雪!ではないけれど・・・

a0115745_21444782.jpg

先日の台風一過の初冠雪に続いての冠雪。例年より早くもなく遅くもなく・・・ということは、根拠のない勝手な予報ですが冬も例年並みの降雪量でしょう。

予報を確実にするにはこれからのカメムシの発生具合でしょうか。
[PR]

by ura-sasa | 2009-10-11 21:53 | 近況、その他 | Comments(0)
2009年 10月 08日

渋温泉、金具屋に泊まるの巻 その2

金具屋さんの中はちょっとしたテーマパークです。家の中に町があるという感じで廊下の床から壁、天井までシンプルなところがひとつも無し。障子の格子や窓枠もただの四角じゃないものばかり。
a0115745_054871.jpg

必ず紹介される富士山に満月のモチーフの窓
a0115745_0284784.jpg

a0115745_028432.jpg

床にも必ず細工が入ってます。
a0115745_0303149.jpg

完璧、町並みのような廊下、そのまま温泉街にでても違和感がありません。写真ならなおさら。
a0115745_0311247.jpg

a0115745_0315432.jpg

この温泉街をげたでカランコロンと歩くのはかなりノスタルジックでよかったですよ、今回は犬の散歩がてらだったけど・・・
温泉も貸切家族風呂が5つ、露天風呂に大浴場が2つの全部で8。それに外湯もあるのだからとても1泊ではすべてを楽しみきれない・・・
それでも6つの風呂をクリヤー
a0115745_0362029.jpg

有名な浪漫風呂。この地下から湧き出るここだけのお湯だそうでにごったお湯がいい感じ。中央の噴水から湧き出てます。
a0115745_0365130.jpg

鎌倉風呂。ひょうたん型のふろの縁がみょうにからだになじんでここはお湯も熱すぎなくて一番長湯できたかな。
船の形の和予の湯も長湯でしたがここは娘のほうが気に入りすぎました。
お気に入り1番は貸切風呂の岩窟風呂。壁、天井すべてを大きな岩が囲んでいます。面白い!
a0115745_0371768.jpg

そんな岩窟風呂でセルフ撮影。疲れをとるはずの温泉旅行が建物と風呂に興奮してかえって疲れたような・・・ 次回はゆったりといきたいもんです。
奥さんはいつのまにか僕以上に風呂めぐりをしてました。
[PR]

by ura-sasa | 2009-10-08 01:00 | 近況、その他 | Comments(4)
2009年 10月 07日

渋温泉、金具屋に泊まるの巻

先週、下の廊下でこれを見て
a0115745_23272731.jpg

紅葉の良さに廊下に下りずにあそこに登りてーと思い、今週も連休をとってるので1日は山へ・・・とたくらんでいたのですが、生憎天気はぱっとせず。無理に山にいくよりはこんなときこそ家族サービスをと思い、志賀高原の紅葉ドライブを計画。朝、ネットで紅葉具合をチェックしてるときに築田さんの「火打山の風」をのぞいてみたら、いつかは泊まりたいと思っていた渋温泉の金具屋にとまったレポートが!しかも1泊2食¥10000で。
安いじゃないか。そのままネットで金具屋を見てみるとありました、一部屋限定1泊2食10000円が。
すぐに金具屋に電話してみると、その部屋が空いてるとのことなので、急遽家族サービスという名をかりた自分の趣味に走った1泊温泉旅行に変更です。
まっすぐいっちゃうと1時間かからないので、ドライブ計画も実行して松川渓谷、山田牧場から志賀高原にのりこみます。
a0115745_23434847.jpg

山田牧場を自由に動く一人と一匹。冬には僕がここを自由にうごきたいもんです。紅葉も上の方はいい感じでした。
a0115745_23465811.jpg

そして渋温泉、金具屋さんへ
a0115745_235820100.jpg

昭和初期の木造建築ですばらしい建物と温泉です。効率を無視の贅沢で遊び心がいっぱいの宿でした。
[PR]

by ura-sasa | 2009-10-07 23:49 | 近況、その他 | Comments(0)
2009年 10月 04日

下の廊下 道いろいろ

a0115745_2251041.jpg

a0115745_2252167.jpg

a0115745_225258100.jpg

歩いてるうちに高さには慣れてきますが、この整備が無ければとてもじゃないが下の廊下は歩けません。
この整備があっても、大荷物を背負っての歩行はできないだろうなー
山行前に読みきった「高熱隋道」時代は100kg近い荷物をボッカしてたというのだから信じられません。
しかも、当時はもっときわどい道だったようで、その名残がこれ
a0115745_22514954.jpg

岩から鉄の棒が突き出てます。ここに細い丸太2本乗っけて道にしてたみたいです。そんな写真みました。
今はこの隣の岩を掘りぬいてトンネルになってます。
こんなとこ空身でも落ちちゃいそうですが、当時はボッカもさることながら、長いワイヤーを10人がかりでつながって運んだというのだから驚きです(昔、僕も5mのトタンを師匠と二人で山小屋にあげたことがありますがバランスが大変!)。転落事故が後をたたなかったというのも当たり前だろうな・・
今回の山行は自然に感動というよりは、水平歩道、高熱隋道、黒部ダム、発電所、阿曽原小屋・・・と人間の労働力に感動する旅になりました。(盛り上がったのが、高熱隋道>志合谷トンネル>阿曽原小屋>別山出合までのスリル>十字峡って感じでしたから)
人間ってすごいですね。やる気になればどこまでも開発できちゃうんだから。
これからはほどほどにねってとこでしょうか
[PR]

by ura-sasa | 2009-10-04 23:28 | 夏山 | Comments(2)
2009年 10月 03日

下の廊下の旅 2日目

養生所で反省会も終わり秋のイベント「下の廊下」もとっくに終了のはずがこのブログだけまだ初日

というわけで二日目
a0115745_2232189.jpg

戦前の「高熱隋道」時代の基礎の上に建つ阿曽原小屋を出発。
昨日と変わらないような道を行きますが、黒部川からの高度は前日よりもだいぶ高いです
a0115745_2264571.jpg

a0115745_2285418.jpg

文字通りの「水平歩道」。きれい岩がくりぬかれてます。折尾谷ではかわいらしい砂防ダムのトンネルを、志合谷では洞窟のようなトンネルを通って欅平にむかいます。
a0115745_22181417.jpg

志合谷のトンネルは真っ暗ヘッデンの明かりだけが頼り
a0115745_22201737.jpg

暗くてわからなかったけどけっこう天井が狭かったようで・・・ 頭打たなくてよかった
今日は小屋から急登で上がった後はほんと平ら、ひたすら水平。で、欅平のトロッコの放送が聞こえてきたなーと思ったら、えらい下にそれらしい橋と建物が見えました。
a0115745_2225195.jpg

下すぎる・・・ しかもこの位置からまだまだ水平移動で純粋に駅の真上にきてから下りになりました。
異常なつづらおりで一気に下がります。これはキツイ。登りだったら2回は休むな・・・
a0115745_22314325.jpg

みなさまお疲れ様でした。阿曽原小屋から4時間半。気持ちコースタイムより早かったです。
観光客だらけで、みんなほろ酔いのようです。僕もまけずに缶ビール片手にトロッコにゆられて帰りました。
a0115745_22355972.jpg

[PR]

by ura-sasa | 2009-10-03 22:38 | 夏山 | Comments(0)