ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 20日

暑い・・・ こんなときは

夏のゴンドラ営業が海の日の3連休から始まった。

例年、梅雨が明けるか明けないかの微妙な時期でそれほど混むこともないけれど今年は違った。
初日から真夏の太陽がやってきてたかだか1300mの標高では太刀打ちできない暑さに・・・
そこにお客さんも大量にやってきて店舗は暖気運転のないまま出力全快の接客に突入。

疲れました。

こんなときは1ヶ月前に終了した世界へパソコン使って現実逃避

今シーズンの自己選出ベストフォト3

No.3
a0115745_23325581.jpg

skier JO 1月はじめの赤倉。

No.2
a0115745_23371983.jpg

skier Slowtrack 3月下旬の鍋倉山のブナ林。

No.1も同じ日のこのショット
a0115745_23402796.jpg

skier Tatsuki 文句なしにこれかな。この日は他にもいいのがかなり撮れました。ベストのパウダーショットが3月も終わりのしかも鍋倉山というのが面白い。

滑り的に雪や斜面がベストだったのはぜんぜん違う場所、真夏の仕事漬けのこの時期においおい振り返ってみようと思います


冷夏の長期予報でしたが早くもハズレの予感・・・
[PR]

by ura-sasa | 2010-07-20 23:47 | バックカントリー | Comments(5)
2010年 07月 16日

無題

明日から夏のスカイケーブル営業もはじまるので、その準備で大わらわ。昨日はそのスカイケーブルでの救助訓練
a0115745_22514730.jpg

ヘリポマっていう救助具に乗って救助員がワイヤーを伝って助けに行きます。
高度感抜群でとても私にはできそうにありません。実際にこんなことになったらかなり時間がかかりそう・・・
a0115745_22562779.jpg


救助といえば西日本は集中豪雨の災害で大変ですね。1時間に10cm以上の降水量なんてどのくらいなんだろう。妙高も7・11水害のときには関川が氾濫したけどあの時は山の上でもものすごかった。らしい・・・(僕はそのとき運よく休暇で埼玉へ帰っていました)雨も雪も天から降ってくるものだけど、雨に比べたら雪のほうがかなりやさしいですね。この冬も集中豪雪のような降りが何回もありましたが、雨のように家の中に突然入ってくることもなく、きちんと除雪さえすれば家がつぶれることもなく片付ける時間もあります。
a0115745_2365833.jpg

これが液体だったらパニックだ。

雪ならば除雪の労働のあとにはかならずご褒美もある
a0115745_2314299.jpg


先月の滑り納めから1ヶ月。
[PR]

by ura-sasa | 2010-07-16 23:16 | 近況、その他 | Comments(4)
2010年 07月 11日

日曜なので

日曜日なので日曜大工です。

a0115745_4343651.jpg

雨が降ったりやんだりで外でできないので狭い玄関先での作業になってやりにくい。
屋根のある作業場が欲しくなりますが、借家でそんな場所をつくろうとするのは贅沢か・・・

a0115745_4401791.jpg

子守りをしながらも何とか完成。材料は去年リフォームで使ったフローリングのあまりで作った下駄箱。
下駄箱が欲しくていろいろ探したのですが、なかなか理想どおりのものがないので結局つくることにしました。最近は安い家具がそこらに売っているので下手に自作するより安く済んじゃいますが、今回はそこも上手くできました。

a0115745_4502984.jpg

灯油のポリタンクも納まります。欲しいものを自分でつくりだすのは楽しいけど、こうゆうのがエスカレート?すると自分の山道具でウェアーやザックを作ったり、スキーを自作しだすんだろうな。

究極はお隣さんのように自分で自分の家を建てることか・・・
[PR]

by ura-sasa | 2010-07-11 23:58 | 近況、その他 | Comments(1)
2010年 07月 07日

来シーズンに向けて、品定め

先週こっそりとICIのカスタムフェアーにいってきました。

隠密行動のつもりが入場してすぐに仲間にあってしまった・・・
川ちゃん日曜日に来場じゃなかったのか?

にぎやかな会場を一人で見るよりはいいかってことで二人でnewモデルを物色。

来期はさまざまな山ブーツがでるので、かたっぱしに履いてみました。
気になってたサロモンのクエスト。サロモンブーツ愛用者なので期待してましたが駄目ですね。
重いし、反応も鈍そうで好みじゃない。

ダークホース的存在のダルベロもはいてみましたがイマイチ。履くのがちょっと面倒くさいのと足にあってない。やはりどちらもフリースタイルからのブーツ作りな感じで春山を歩きまくるのには向いてないないようです。

よかったのはこれ
a0115745_17373383.jpg

ディナフィットのゼウス。会場でのフィーリングはタイタンのフレックスのほうがよかったのですが、雪上に出るとレーシングブーツ並みにガチガチとのことなのでこちらかな。
春の暖かさを考えるとタイタンでもよさそうだけど・・・

ただどちらにしても値段が張ります。カスタムフェアーでかなりお買い得!ということですがわが身にはまだ買値ではないような・・・
ソールが変えられるので今のゲレンでメインのサロモンと山のスカルパ、同時交換の場合考慮かな。

兼用靴だけで考えたらガルモントのshogunがかなりよかった。ラディウムのほうが高機種らしいのですがshogunのほうがシンプルな感じで好感触。これでサーモインナーでなけりゃいいのにな。欧米向けのインナーは従来型のインナーもあるそうです。日本には入ってこないということで、残念。

去年、いいな!と思ったBDのファクターですが、今回はいてみたらちょっとがっかり。ディナフィットと比べると、ただ硬いだけのブーツという感じです。ガルモントもフニャフニャなイメージがありましたが、そんなことも無くしっかりしてました。年々進化していくんですね。今愛用中のスカルパはもはや骨董品か!? BDは新しい軽量のツアーブーツがなかなかでしたが幅が広すぎるようなきがしましたね。僕の足でも。それと色使いが・・・

兼用靴のスカルパ デナリがそろそろやばいのですが、急に壊れてた場合はガルモント。延命できてもう1シーズン乗り越えたらディナフィトという自分なりの結論です。

スキーは決めました
a0115745_1821446.jpg

これ。春山専用機として。
先シーズンのtonicに気をよくしてG3のsoul flyに期待しましたが、少々期待はずれ。
一度、チップロッカーを味わってしまうと、反ってない板には戻れません。白馬中央ルンゼで惨めに頭からダイブしデロデロ雪にやられた身には、ロッカーとある程度の太さは手放せないものになりました。
板の長さもこだわりを捨てて167cm。
これからは道具に頼った山スキーを展開しようと思います
[PR]

by ura-sasa | 2010-07-07 18:09 | バックカントリー | Comments(2)