ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 26日

結局は大渚山へ

晴れが続いて気温も上がり山の雪がどんどん駄目になってきた今週の木曜日。
Gacthさん、Taka-Cさんとどこに登るか?
標高の高いオープンなとこはクラストして駄目だろうと思い雪が沈んでいることを期待して低山狙いに。

僕は黒倉・鍋倉が頭にあったのですがGacthさんが糸魚川・小谷にある真那板山にいってみたい!と。
地図で見るとよさそうで目をつけていたというのでちょっと調べてみると、滑りにいってるひともちらほらいる模様。
こんな日は新しい山が新鮮で楽しそうなのでGacth案採用で行ってみました。

a0115745_5415742.jpg

現地に到着して目標の山を見上げて一言「杉だらけだな・・・」
どうみても滑って楽しそうには見えない。
登ると他の斜面でいいとこがあるかもしれないけど一瞬で終わりそうなのでここは却下。

一転して大渚山に行くことに。

そんな動きをしてたので大草連からの登り始めは10:30をまわっていました。
a0115745_5482022.jpg

今シーズン初山のTaka-Cさん。
道具一新で軽やかにといきたいですが、ちょっと体のほうが重そうか?
でも快調に標高あげていい汗かきながらブナ林を行きます。曇り気味なのも幸い。

a0115745_5512419.jpg

a0115745_5534496.jpg

2時間少々で山頂に到着。遅いスタートでしたが13:00前には山頂に立てました。
a0115745_5552984.jpg

意味不明の登頂記念ダンス・・・
a0115745_5564519.jpg
]
眺め良しです。4回目の大渚山ではじめて視界良好。広い山頂をしばし散策して楽しみます。
天狗原・金山、ホームの妙高山は残念ながら雲がかかる。
a0115745_2215219.jpg

立派な雨飾山
a0115745_2232518.jpg

山頂は風もあって結構寒い。でも青空も広がっていい感じ
a0115745_5593342.jpg

滑りだしは一番東のピークから東面を。
こんな斜面があったんだと感動、雪は期待できませんけど。
a0115745_615880.jpg
a0115745_621911.jpg

Gatchさん。なかなか深いザラメ雪です。ザラメパウダー15cm。
a0115745_635197.jpg
a0115745_641361.jpg

雨飾をバックにTaka-Cさん。この滑りが湿雪デロデロ雪崩を生み出します
a0115745_66215.jpg

雪まくりも出まくり
a0115745_610624.jpg

a0115745_6102365.jpg

ブナ林を抜けてまた開けた斜面へ
a0115745_6111711.jpg

a0115745_6114077.jpg

a0115745_612627.jpg

右のスカイラインをたどってオープンバーンに、雪がもう少し締まってたら大満足。
でもいままでガスのなか左の林をたどるように降りてばかりだったのでいい収穫
a0115745_6151429.jpg

雪はいまいちでしたが眺めも楽しんだし気持ちよくフィナーレ。
帰りは奉納温泉というなかなか味のある温泉で汗を流して帰ってきました。
[PR]

by ura-sasa | 2011-02-26 06:15 | バックカントリー | Comments(0)
2011年 02月 23日

快晴の妙高山 その2

気持ちよく三田原を滑り降りて、いざ妙高山へ
a0115745_66753.jpg

いつものルンゼを直登しましたが、こちらの面の雪は日があたってぐさぐさ。しかも週末ここを滑ったパーティーがいてトラックだらけです。

トラックはカチカチで他は膝まで埋まって登りづらい、登りのステップがないのでここから登ったのではないようです。
三田原では吹いていた風もやんでとても暑い!

a0115745_613113.jpg

汗だくになりながら山頂に到着、13:30。ぐさぐさの雪にてこずりましたが山頂はやっぱり気持ちいい。
a0115745_6181973.jpg

a0115745_6193665.jpg

いつもは登ってきた(青ライン)を滑ってますが滑られた後だらけなので今回は南峰からダイレクトに夏道側へ滑ることに(赤ライン)。これは去年間違えて登ったライン。

a0115745_6272048.jpg

a0115745_6275579.jpg

出だしは岩のあいだに向かって落ちていきます。

a0115745_6301568.jpg

Noriくんも初滑降。
a0115745_6313932.jpg

北アルプスをバックに決まってます
a0115745_6324523.jpg

a0115745_6331887.jpg

山頂直下の岩の間を抜けると雪の状態はちょっとよくなりました。
でもウィンドパックされた下20cmのところ雪がきれいにはがれるので油断は出来ません。
短めに区切りながら降ります。
a0115745_6364923.jpg

a0115745_6374733.jpg

写真だと素敵なパウダーに見えるな・・・
a0115745_63909.jpg

いやなところが終わって一安心。ここからいつもの本峰東側のボウルに移動。
結果論ですが今回はもっと上で(黄色ライン)はいっていった方が楽しめたようです。
なぜならボウルの雪の状態がとても良過ぎたので、
a0115745_6434035.jpg
a0115745_6441294.jpg

a0115745_645036.jpg

文句なしの大満足です。

まあ、帰りの滝沢尾根は修行でしたが天気に恵まれてパーフェクトな一日でした。
a0115745_647298.jpg

[PR]

by ura-sasa | 2011-02-23 06:47 | バックカントリー | Comments(0)
2011年 02月 21日

快晴の妙高山 その1

完璧な青空の下、パト仲間のNoriくんとともに妙高山をめざしました。
a0115745_22362667.jpg

最近は山に行くと知り合いがいる確立が高くて、今回は今シーズンか妙高に住んで遊んでばかりいるエリックさんが友達をつれていました。いた!っていうよりAKAKAN発のシャトルバスから乗り合わせてましたけど・・・

杉の原第3高速からは週末に築きあげられた街道のようなトレースに導かれるように楽々三田原稜線へ 街道が舗装されすぎててシールが効かないくらいでしたが1時間ちょっとで到着。
あまりにも天気がよすぎます
a0115745_22435686.jpg

北アルプス一望。稜線までの間にこんな写真も撮りながらでしたが早く着いちゃいました。

エリックさんたちは更に早くて姿が見えません。最初の鞍部は風で消えかかってましたがトラックだらけのようなので、三田原山頂手前か次の鞍部からドロップすることにして稜線を進むとその、次の鞍部にエリックチームがいました。考えることは同じか・・・

もう滑るそうなので、お二人の滑り具合で三田原までいくか決めることにして観戦

a0115745_22521819.jpg

エリックさんドロップイン!
a0115745_22533185.jpg

風にやられているかとおもいきや・・・なんかいい雪みたいです。
a0115745_2255042.jpg

エリックさんが長い腕でおおきな丸を作ってくれたので、ぼくらもここから滑ることに決定

a0115745_22571820.jpg

a0115745_22574979.jpg

躍動するNoriくん。ところにより薄いウィンドパックがあるものいいパウダーです。
やっぱりここの雪はすぐには腐りません
a0115745_2301866.jpg

さすが元レーサ。ダケカンバがラピッドポールに見えます。実際あたったらNoriくんのほうが倒れるでしょうけどね。

a0115745_2323340.jpg

大満足にて火口原でランチタイム。僕らはここから妙高山頂を目指すので彼らとはここでお別れ

妙高山本峰編はまた明日

最後に本峰を登ってるときに三田原から滑ってきたスノーボーダーの滑りをバービーショット
a0115745_2355768.jpg

a0115745_2362412.jpg

8人ぐらいだと思ったけど皆さん見事な滑りでした。
[PR]

by ura-sasa | 2011-02-21 23:09 | バックカントリー | Comments(0)
2011年 02月 16日

SKI NOW! 2011

a0115745_54268.jpg

20年ほど前の写真・・・ではありません。

昨日の降雪から一転して快晴に恵まれた本日、かねてから頼まれていた方の撮影。
懐かしい白のデモパンでの滑走です。まるでSKI NOWというかまるっきりSKI NOW。

僕もかつては一所懸命、毎週見ては全部ビデオに録画したりして憧れは海和さんでした。
そんな憧れの対象がスコットシュミットやトレバーピーターセンに変わるのにもあまり時間を要しませんでしたけど。

「青空の下、膝から上に舞い上がる新雪の中を滑るところを写真にしたい」というご希望で、3シーズン越しでやっと条件に恵まれました。
僕がフリーだったらもっと早く実現できたのでしょうけどそうもいかず。それでも本日やっと好条件の中、ゲレンデの隅パウを使って撮ることができました。
満足してもらえるかな?
もうそろそろ70歳に近いそうですがお元気です。ほぼ毎日滑りに来てます。
でもリフト下は滑らないでね・・・どこで撮りますかって聞いたらそんなとこばかりリクエストするので困っちゃいました。

そんなヤンチャが元気に秘訣なのか!?でもやっぱりリフト下はやめてね。

a0115745_530142.jpg

ゲレンデのルール内でもきちんとパウダーは楽しめますから、こんな風に。
[PR]

by ura-sasa | 2011-02-16 23:58 | ゲレンデ | Comments(2)
2011年 02月 14日

いつもの黒姫?

a0115745_2205935.jpg

正月以上に混んだ2月の三連休、明けの月曜日は朝からいい天気。
午後からはまた崩れて雪が舞うようですが、本日はSlowtrackさんJanboさん、そして疫病神その2ことTatsukichiさんの4人で黒姫山、長谷川フルコースを目指します。

登山口にはKeikeiさんチームがすでに準備を終えて登り始め。旧ゲレンデには三連休でしっかりと作られたトレースが舗装道のようにできあがってましたがいつもと違って左サイドにそれほど無茶な登りも無くきれいについていました。
a0115745_2210317.jpg


天気は良過ぎてちょっと暑め。じきにKeikeiさんチームを追い抜いて快調なペースで上がっていましたが、唯一のテックビンディング、オニキス使用のTatukichiさんのペースが上がりません・・・
昨日は鍋倉パウダーでいい思いをしたのが体に毒だったのか体調不良。
a0115745_22151326.jpg

旧ゲレンデから山の中に入ってしばらくのところで自己申告によるリタイヤ。
会社を休んでまで来たのに、ほんとの病欠と相成ってご帰宅。これもまた厄病神伝説の1ページなのか笑って見送るSloetrackさん。オニキスの使い勝手をまじかに見たかったのに残念。

残りの3人は絶好調なまま稜線まで
a0115745_22232617.jpg

残念だったのは長谷川第4は滑られまくっていた上に雪がなじんでないようであちこち雪崩れた後。
連休中、2回降った雪同士がなじんでないようでちょっと開けた面は20cmほどの厚さでこんな感じに。
今回は第4はスルーということを決定して黙々と山頂へ
でも今日の稜線までのトレースはよかったな、かつてよく僕らがラッセルして上がってたときとほぼ同じラインでした。最近はトレースがついてないことがないので東尾根にむかって急斜を一直線ばっかりだったのですが

a0115745_2226069.jpg

2時間40分で到着。早いな。
そそくさとシールをはずして長谷川第5に移動。こちらは一人入っただけのようでグッドコンディション!
a0115745_22295952.jpg

Slowtrackさん
a0115745_22304312.jpg

Janboさん
いい雪でした。トップからボトムまでパックもされてなく雪質の変化も無し。ここでそんなことは珍しい。先行者のトラックも気になりませんでした。

稜線に登り返してからは恒例の第4へはあんな状況だったので行かずに長谷川第3をめがけてダイレクトに・・・と行きたいのですが普段そんな動きはしてないのでGPSを見ながらソロリソロリと
でも雪はいいので短いながらもツリーランを楽しみつつ
a0115745_2237282.jpg

a0115745_22373639.jpg


第3も1パーティがはいったようでまっさら斜面とは行きませんでしたが、滑りは十分楽しめました。ここも日のあたったノール面が一部雪崩れてました。
a0115745_22392827.jpg


でもこの後の尾根の方がノートラックで楽しかったかな?やっぱりどうせ山で滑るなら、まっさらな斜面がいい!

そんな実感を経て、前回は第2が滑られていたので今回もかな?・・・と危惧しながら降り見ると、今日はまっさら。
伸びてしまった杉の木はもう雪で隠れることはなさそうですが、本日はここの雪質もバッチリでした。
a0115745_22435562.jpg

a0115745_22442064.jpg


最後のここが良いとツアーの満足度はかなり満点に近いです。
気がつけば予報どおりの雪がちらついていました
a0115745_22463073.jpg

でもいままでのようにいつもノートラックとはいかなくなってきたような長谷川ゲレンデフルコース。「いつもの黒姫!」にはもうならないのかな?
[PR]

by ura-sasa | 2011-02-14 22:46 | バックカントリー | Comments(3)
2011年 02月 07日

フレッシュな斜面でリフレッシュ

1月末の災害級の降雪の後はうって変わって春のような陽気が続いた先週。
暖かな日差しで日に日に雪が死んでいくのをゲレンデで見つつも、北斜面だけはかろうじてサラサラだったので今回の狙いは三田原山の北斜面。
前日そこに行った疫病神ペアのレポートでは底付きはするものの雪はよかったけど、20人から30人が滑り込んでたとのこと。
ギタギタになった斜面のおこぼれを探しての滑走を覚悟して、さらに朝から雪模様で視界不良。
多少のリセットを期待してAKAKANから杉の原行きのシャトルバスにGACTHさんと乗り込むと超満員!
自家用車で行けば10分のところ40分も満員バスにゆられてテンションは駄々下がり。
今日の山は失敗か?
そんな気分のままゴンドラの乗り込んだ二人でしたが・・・

a0115745_6345635.jpg

山の上は快晴でした。
しかもちょうどいいくらいの新雪が積もっています。夢のリセットが期待できそうで気分は上々に
HARFCABさんチームも上がってきました。

a0115745_640542.jpg

稜線に到着するといつもの妙高山が迎えてくれました。そして昨日のトラックはどこにも見当たりません。希望が叶って見事なリセットで無傷のフレッシュな斜面。
a0115745_645696.jpg

a0115745_646185.jpg

GACTHさんです
a0115745_6462732.jpg

底付きもなく快適に滑りおりていきました。斜面を贅沢に使いすぎ!

続いてHARFCABチーム
a0115745_64829100.jpg

a0115745_6485657.jpg

スプレー舞い上がり過ぎ!舞い上がった雪がチューブになって見えます。さすがスノーボード
a0115745_6504239.jpg

a0115745_651011.jpg

HARFCABさんはノーボード!? 板に乗ってるだけなのに上手すぎ。さすが冬は仕事そっちのけ?で滑ってる成果ですね

おまけに私
a0115745_6541036.jpg

妙高本峰側の斜面もまっさらな快適パウダーでした。奇跡!
危惧された滝沢尾根も修行にならずにスムーズにうっすらパウダーを楽しみながら吹雪のAKAKANに

ゲレンデは終日、雪とガスで視界不良だったそうです。
なんて運のいい日だったんだろう!先週の連日の雪下ろしから完全にリフレッシュされた1日なのでした。
[PR]

by ura-sasa | 2011-02-07 23:59 | バックカントリー | Comments(2)
2011年 02月 02日

大変な週末

先週末は関温泉にて公認パトロールの養成講習会
a0115745_9141589.jpg


きちんとした資格を獲ることにいたしました。試験は3月です。
日本の常識的ゲレンデから逸脱した関温泉にてスキーパトロールの講習会。
a0115745_9165228.jpg


ガーラ湯沢からのパトさんたちには衝撃的な光景に「マジっすか!これアリなんですか?」
赤倉もここまでオープンではありませんが「関ではアリな光景です」

激しくゆきが降る中、2日間受講してきました。普段仕事でやっていることとはいえ試験となると勝手は違います。残り一ヶ月、かなり練習して勉強しなきゃと思って帰ってきました。

家に帰ったら、一晩家を留守にしただけでかなりの積雪。
まあ今回は全国的に異常に降ったのでどうしようもない。
a0115745_9231116.jpg


毎度の写真ですが我が家の屋根です。まだこの下に50cmほど。
二晩かけての雪下ろしで部屋の戸が開くようになりました。
a0115745_9252158.jpg


玄関までは雪の回廊。


休んでた間にゲレンデではコースから滝沢に滑り込んだボーダーの救助で大騒ぎ。
そして昨日も滝沢に滑り込んだグループの遭難騒ぎ。目で見れば崖のような斜面で降りたら簡単には戻れないのがわかるのに入り込んでます。
理由はトラックがあったから、パウダーが残ってたから・・・
トラックとパウダーは見るけど地形と山全体のつくりは見ないようです。

日曜日の救助者は胸までパウダーに埋まって携帯片手に救助要請

どちらも若者ではありません。30半ばのいい大人です。
自己責任でコース外をOPENに・・・なんてまだまだ遠い世界かも

そのうちまた意味のない妙高ローカルルール話が再燃してコース外全面滑走禁止になっちゃうぞ
[PR]

by ura-sasa | 2011-02-02 09:37 | 近況、その他 | Comments(2)