<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 29日

再び三田原・妙高山

雨が降ったり雪が降ったりの1週間。

そんなあとの晴れの日にまたもや三田原山へ出かけました。

a0115745_21294617.jpg

今日も絶好の天気 気分よく三田原の稜線めがけて快調に上がります

ただ一人を除いては・・・

a0115745_21322618.jpg

Nori君だけは体調不良により、本日は修行僧なり

a0115745_21334897.jpg

稜線にて今日のメンバー、Noriくん、Eric、Ericのパートナー、カヨコさん

雨のあとの冷え込みと降雪でどうかな???と思ってた雪ですが、三田原火口原側はこんな感じでした

a0115745_21392310.jpg
a0115745_21414345.jpg

文句なしのいいパウダーでした。

SkierはNori。 体調が回復することはありませんでしたが、、いい滑りと登った証を山に3箇所刻みこんできました。

a0115745_21425044.jpg

そして カヨコさん。

a0115745_21433291.jpg

ラストにEric。
「パートナーは滑りが似てきます。」が、僕の持論ですが、今日はそれに「パウダーの舞い上がり方も似てきます」を付け加えたいと思います。 

a0115745_21444569.jpg

大満足です。

皆さんこの天気をねらってきたのか、平日なのににぎやかな三田原でした。
1番のりだった僕らはのんびり他パーティが降りてくるのを眺めて、散っていくのをみてから妙高本峰側へ


a0115745_21493228.jpg

山頂は目指さず本峰山腹をたっぷり探索して下山

Ericプロデュースのいい斜面いっぱいみせてもらいました。

妙高山再発見です
[PR]

by ura-sasa | 2012-02-29 21:51 | バックカントリー | Comments(0)
2012年 02月 27日

妙高山北面ルンゼ まとめ

a0115745_23542599.jpg

今回の山行、妙高山頂からのざっくりしたルート

山頂からの滑り出しは多少スリリングですが、大事なとこといううか難しいところは大倉沢に滑りこんでからの
処理の仕方ですね

北峰からの滑るラインのとりかたでは登り返しも無く滑り降りられそうです。

a0115745_002954.jpg

写真は残雪期にとったもの

北面にはまだまだ魅力的なところが一杯。



大倉沢と北地獄谷から燕温泉へのルートに自信がもてるようになったら妙高の遊び場が一気に
広がる感じです。


a0115745_075442.jpg

大倉山、神奈にかけての内側もいいとこだらけ

もちろんその奥に見える大毛無・容雅郡も久しぶりにいってみたいところ

滑りたいとこだらけですが体力しだいか
[PR]

by ura-sasa | 2012-02-27 23:13 | バックカントリー | Comments(0)
2012年 02月 24日

妙高山北面ルンゼ その2

妙高山の三角点から北峰へ移動します。

a0115745_11172153.jpg

夏道沿いの下りはちょっとスリリング

北峰からルンゼへの入り口を探してちょっと探索

13:30
Ericが入り口を見つけて、彼の板を持ってそちらに移動
a0115745_11251215.jpg

大倉山や神奈山が目の前に広がる景色。

13:40ドロップイン
a0115745_1127580.jpg

当たり前ですが、それなりに急斜面。
雪は心配してたような不安定さはなくしっかりしてました。さすが北斜面


a0115745_11294992.jpg

もちろんファーストディセントはEric

下に下りるほど雪も良くなって程よい山のパウダー
a0115745_11354846.jpg


a0115745_11371814.jpg


Gatchさんも続きます。
a0115745_11404399.jpg

山頂直下のルンゼ

a0115745_11415370.jpg

こんな斜面。ワクワクするので個人的には大好きです

a0115745_11433247.jpg

この景色を見ながらの滑降は初めてなのでテンションがあがりっぱなしです

そして問題の大倉沢に突入 14:00
a0115745_11462350.jpg

やはり大倉沢上部と妙高北側が地形が複雑で楽に出ることはできませんでしたが
Ericが1シーズンかけて探索してたおかげで、一度上り返ししただけで
修行になることなく燕温泉に抜けることができました。

僕自身は以前、こちら側で燕に抜けるのに苦労していらい避けていたところだったので
今回の山行の成功はEricに感謝です。

a0115745_1153574.jpg

大倉沢上部での上り返し。
a0115745_1155540.jpg

血の池へ 15:00
a0115745_1156673.jpg

北地獄谷から燕温泉の旧ゲレンデへ

16:00終了。
[PR]

by ura-sasa | 2012-02-24 12:01 | バックカントリー | Comments(0)
2012年 02月 23日

妙高山北面ルンゼ その1

週末がっつり降ったあと晴天がつづいての水曜日。
天気がいいので三田原山から妙高山頂をめざしました。

a0115745_10411635.jpg

パートナーは今回もGatchさん、そしてEric。
足並みそろった、しかも早い人たちなので杉の原のトップから三田原稜線まで1時間弱。

風でたたかれて硬そうな火口原側を覗きこんでたらEricさんのリクエストで
三田原シュートへ
a0115745_1051225.jpg

まずはGatchさん。
雪の状態はよくて急斜面が心地いい感じ

a0115745_10525623.jpg

Ericさんもテンションあげて滑り落ちていきます。

思っていたよりも雪はよくて軽いウィンドパックのいいパウダー
Ericは止まることなく下まで滑りきり

a0115745_10582036.jpg

Gatchさんは稜線から転がしてしまったゴーグルを拾いにロングターン

a0115745_1104012.jpg

a0115745_1121442.jpg

いつもながらいい斜面です。

そして妙高山本峰へ登り返し

a0115745_1135416.jpg


抜群の天気に今年の大雪のおかげで、例年直登しているルンゼがなだらかに広くなっていたので南峰山頂までシールを使って上れました。

この時点で13時前。

このままお決まりのコースを滑り降りても気持ちいいのですが、
時間のゆとりもあるのでEricさんが狙っていた北面のルンゼにチャレンジすることに。

a0115745_11111947.jpg

三人で冬はめったに来ない三角点側に移動

a0115745_11131570.jpg


山頂からの火打山。
シュカブラも見事で絵になります。

北面のルンゼはその2で
[PR]

by ura-sasa | 2012-02-23 23:32 | バックカントリー | Comments(0)
2012年 02月 14日

開幕戦! の続き

去年あたりからノートラック率が下がってきた長谷川第3だったので
普通に期待してなかったのですが、まっさらな雪面がお出迎え

週末天気悪かったおかげでしょうか?登りトレースに恵まれた上でのこの幸運。

ここでもはしゃいで弾んでいくGatch48。
a0115745_11473217.jpg


それに続くNori。
a0115745_11483753.jpg

a0115745_11504478.jpg

そのままの勢いでスプレーを舞い上げていきます。

a0115745_11523732.jpg

Slowtrack。貫禄のパウダーターン。

a0115745_11541997.jpg

Gatch48

a0115745_1283962.jpg

再びSlowtrack。

a0115745_11561248.jpg

十分満足です。

十分満足ですが、ラストの長谷川第2も欲張ってみると・・・

a0115745_11585723.jpg

a0115745_1205445.jpg


これまた驚愕のノートラック!

skier Urasasa。 ラストに撮ってもらいました。

a0115745_1225344.jpg

撮られてるのを意識して・・・・

a0115745_1235131.jpg

僕も跳ねちゃいました。

午後から曇ってしまったけど雪の状態もよくて最高な開幕戦になりました。

悩まされた雪から楽しませてくれる雪に、これからなるのでしょうか?
期待したいです。
[PR]

by ura-sasa | 2012-02-14 23:42 | バックカントリー | Comments(0)
2012年 02月 13日

開幕戦!

やっと今シーズン初の山スキーにいけました。

長い除雪地獄から開放されたわけではないのですが、とりあえず危機的状況は回避というか
実際には現実逃避といったほうがいいのか・・・

とにかくもう屋根ではなく山に登りたい!っていう一心。

そんな満を持しての願いが通じたのか

a0115745_10451526.jpg

快晴です。曇りの予報だったのに、すばらしい。

今シーズンもハッピーマンデーになりそうです。
トレースがしっかりついた旧ゲレンデを快調?に登ります

a0115745_10483073.jpg

眺めも今までにないくらい遠望がきいてます。

ただ登りは実のところ快調ではなく、開幕戦らしく道具の不備が露呈してシールが即ダンゴに

ダンゴを解消したと思ったら糊が弱くて稜線でベローんとはがれて終了。
片足シールでの歩行を余儀なくされてしまいましたが、除雪で培われた体力をいかんなく発揮して山頂到達。

週末あけなのでノートラックは期待してませんでしたが、

なんと!
a0115745_10585112.jpg

奇跡の長谷川第五ノートラックパウダー。 skier SLOWTRACK

a0115745_1105177.jpg

相変わらずハイスピードで落ちていきます。 Nori
 
a0115745_1121530.jpg

みんな気持ちよく滑り降りて、仲良く登り返し。

チームDAKINEかPatagoniaか

そして長谷川第4もノートラックは登るときに確認済

a0115745_1154745.jpg

はしゃぐ Gatch48。

a0115745_1174110.jpg

続いて Nori もドロップ。

そしてご満悦
a0115745_1192987.jpg


a0115745_11142645.jpg

a0115745_1119397.jpg

Slowtrackさんもパウダーに自己解放。

長谷川第4はだいぶ起伏が激しくなってきました。
木がのびたせいなのか、今年の降り方のせいなのか
a0115745_111945.jpg

とりあえず宙に浮いちゃいますね。Gatch48

なぜか長谷川第3もノートラックでした。

続きはまたあとで
[PR]

by ura-sasa | 2012-02-13 23:36 | バックカントリー | Comments(0)