<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 27日

今シーズンの仕上げ 

先週、雪崩救助犬の訓練をホームゲレンデの片隅をかりて行いました。

今シーズン3回目で、1シーズン目の目標まで達しているかセルフテストです。

a0115745_10275334.jpg

フィールドは広くとってリフト1本分。

幅20m、直線で300mほどのエリアを圧雪車で踏んで雪の小山を造成して人が隠れる穴を作るという
スイスで教わったときと同じフィールドをつくりました

距離を長くとって広いエリアを臭気をたどっていくのと長い時間捜索できるかが今回の訓練目標です

前回の2回目では複数(2人)捜索を最後にやってうまくできた三頭だったので今回も期待を胸にトライです

まずは1番手にうちのシャルル

a0115745_10453730.jpg


期待を裏切る???速さで埋没者地点に向かうシャルル

見てたの???って疑うくらいの速さで一直線のピンポイント。


僕が追いつく前に穴を掘りまくって埋没者にご対面。

この広さでも物足りないのか穴の深さが浅くて簡単だったのか、でもとりあえず間違ってないのでOK

次のスカイも早かったです
a0115745_1325082.jpg

追いつかないハンドラー。この広さは犬には楽勝、人にはシンドイのか

a0115745_10583536.jpg

どんなもんだいって感じのスカイ

三番手のダフニスくんも速攻クリヤー。僕が埋まってたので写真はあしからず

予想以上の速さに戸惑いながらもこれまでのトレーニングの成果はしっかりでていると
確認して今期ラストのトレーニングへ

一番奥の山と一番手前の山の2箇所に人がかくれます。

どのくらいの時間がかかるか、どんな探し方をするのか
こちらは興味津々です

a0115745_11151392.jpg

手前から見つけるかと思いきや、手前の山でちょっと臭いをかぎだしたかなと思ったら
突然、一番奥の山にむかって猛ダッシュ。中間の先ほど使った穴にも軽く一瞥食らわしつつも
埋没者のいる小山のまわりを一周したらピンポイントで掘りはじめました。

一人目が見つかってから二人目の捜索に入るまでは、前回と違って少々集中力がとぎれました。

「終わりでしょ?」ッて感じで僕の周りをふらふら。

再度「探せ」のコマンドを出しながら

こちらは雪崩に見立てたフィールドをくまなく歩くようにしてシャルルを誘導
a0115745_11254775.jpg


3,4回「探せ」と促したところでやっとスイッチが入り捜索へ。
これは前回がスムーズに二人目を探しにいったときとの大きな違い。
(前回は距離が近かったので違う出所の臭気に気がついていたのかも)

探すしぐさが始まってから埋没者のポイントまではスムーズに移動
a0115745_1392038.jpg


強いにおいの出所がわかれば後はひたすら掘り出すのみ
a0115745_13103766.jpg


2番手のスカイも遠くのほうから探し当てて手前にかえって来る結果に、3番手のダフニスだけは手前から発見となりました。

この違いはどこからくるのか興味のあるところですが、手前の穴が今回1番深くて雪の壁も厚く作れたのでこうなったのかな?

あとフィールド上にもっと起伏をつくって、臭気がスムーズに流れないようにすればよかったかも知れません。

犬たちには簡単すぎたかな。

来シーズンはもっと穴を深くしたり複数捜索やよりデブリに近いでこぼこ地形をつくって訓練していきたいですね

それには3人でこじんまりとやってるでは限界かも

a0115745_1319174.jpg

犬と雪山が好きなかた、妙高・赤倉でいかがですか
[PR]

by ura-sasa | 2012-03-27 23:21 | 雪崩救助犬 | Comments(2)
2012年 03月 21日

御巣鷹山(小黒姫)からいつものルートへ?

気持ちよくHasegawa5を降りて時間もあるし、雪の状態もよさそうなので御巣鷹山にも登ることに
a0115745_5582963.jpg


30分チョイでのぼれるので張り切って先頭きって登ったら、前半のハイペースがここにきて効いてきたのか
スリップしてバランスを崩したときに左ふとももがつってしまいました・・・

まあ大事には至らず最後尾をのんびり歩いて復活。

御巣鷹山、通称Hasegawa6を快適に滑ります
a0115745_644350.jpg

Slowtrackさん。 10年前に七つ池にテント泊して以来のHasegawa6滑走

あのときより雪はいいですね。

a0115745_671533.jpg

a0115745_673872.jpg

青い空に舞い上がるパウダー 完璧です

a0115745_683266.jpg

南面なのでいいときのタイミングは難しいでしょうが案外この時期は狙い時かも

a0115745_6101772.jpg

Ericさんは僕が予想したのと反対のラインだったのでチラっと1カットのみ。残念

a0115745_6115423.jpg

御巣鷹山を後にして、後はいつものHasegawa4-3-2へむかうべく北面の稜線に登り返し

順調に登りかえして後は北面の粉雪を楽しんで帰るだけだったのですが、
生憎こちらの面はガスがかかって視界不良

a0115745_6154862.jpg

Ericの案でオープンバーンのHasegawaラインをさけて視界の利く樹林帯へ

Hasegawa3の入り口をちょっと間違えていつものお隣の尾根を滑りましたが
いいブナ林でしかもいい雪。晴れた日にもう一度滑りに来て黒姫再発見にしたいところです

この日は標高を下げれば下げるほどいい雪になって、

一番よかったのは
a0115745_6221897.jpg

ラストのHasegawa2でした。
(僕はかくれたSnowBombにやられて1回こけちゃいましたが・・・)

今シーズンはこれで黒姫ファイナルかな?
去年は3月末にも今日以上の雪にあたったのでまだあるかも
[PR]

by ura-sasa | 2012-03-21 23:54 | バックカントリー | Comments(0)
2012年 03月 19日

降りましたので黒姫へ

週末に雨、雨ときまして週明けの雪予報はどうなるんだろうと思ってましたら

えらく降ってしまいました。

朝起きると家の前で吹雪状態で積雪が20cmちょい。

希望はまたもや妙高山でしたが、三田原が積もりすぎてたらちょっと怖いので
天気の回復希望もふくめて黒姫山へ

a0115745_121960.jpg

雪が降る中、黒姫スノーパークをスタート。

こちらの積雪は10から15cm。物足りない気もするけど、雨の後なのでちょうどいいかな

他の登る人は皆無の旧ゲレンデでしたが、なぜか朝一で山から滑り下りた2本のラインがありました。

山で1泊したのかな?

昼ごろには晴れそうな天気予報に期待してケルンまで到達すると・・・

a0115745_127728.jpg

予想よりも早く晴れました。

ラッキー

a0115745_128064.jpg

快調にきれいな樹林帯を青空に導かれて登ります。

本日のパートナーはEricさんとSlowtrackさん。なのでペースは速めで快走です
(後半こたえました)

2時間半ほどで山頂到着。そしていつものHasegawa5へ

a0115745_1371739.jpg

底付きしましたけど、この天気と景色に満足です

a0115745_1424770.jpg

底付きしましたけど、いい感じで舞い上がりました

a0115745_1445216.jpg

十分なパウダーです

a0115745_1462060.jpg

お向かいの御巣鷹山(小黒姫)も白く輝いてますよ!!Slowtrackさん!!!

a0115745_5535026.jpg

a0115745_1482379.jpg

Ericはノンストップで雪を巻き上げて滑り落ちていきます。

a0115745_1502391.jpg

ボトムまで滑り降りるとほぼ100%とこのポーズでストレートラインです

滑り降りたラインを背に今回は

a0115745_1525113.jpg

こちらを登ります

1年降りの御巣鷹山です。Hasegawa6ゲレンデです。

続きは明日。
[PR]

by ura-sasa | 2012-03-19 23:54 | バックカントリー | Comments(0)
2012年 03月 17日

2月を振り返って

今週はうまく休みがとれず、密かに立てた目標「登り始めたら週一山へ」が5週目にして早くも挫折。

山の気候も3月に入って春っぽくなって雨も混じるようになってきました。

おかげでパウダーは縁遠くなりましたが、家の周りの危機的状況は一気に解消されてきました。
もう雪とは格闘しないですみそうです。

そんなわけで2月の雪とのかくとうをご覧ください

a0115745_241167.jpg

家に入るのにこの雪の壁をあがらなくてはなりませんでした。

これでも家の前の雪は捨ててるので1mくらいは周りよりさがってます。

a0115745_243283.jpg

家の前の県道は雪の大谷

a0115745_2442951.jpg

屋根雪も自分の背丈を越えること数回。

2晩で1m超えも複数あったのでつぶれないようにするので精一杯な感じ。
毎日できればいいのだろうけど、それは無理

a0115745_2502456.jpg

2月は屋根の雪下ろしではなく雪上げでした
赤ラインの右が捨てた雪で左が屋根。テントだったら見事な雪壁でしょうけどこれは民家なんでね・・・

1日にちフルに除雪しても目立ったせいかが出るわけでもなく
a0115745_257292.jpg

空しい疲労感ただよう夕暮れを迎えることたびたびでした。

それでも家は壊れることなく3月の雪解け期を迎えて、苦労した屋根雪も南風と雨と陽気で今はすっかりありません。
家にはまだ雪壁を上がらなきゃなりませんが屋根まわりの雪ブロックはとっくに消滅して民家らしさを取り戻しております。
[PR]

by ura-sasa | 2012-03-17 02:59 | 近況、その他 | Comments(0)
2012年 03月 07日

カチカチ山に敗退

今シーズンは妙高山再発見強化期間の流れになって

本日も妙高山を目指して登りました。

朝の天候は下界は雨で山腹は濃霧。
微妙な天気に迷いつつも濃霧の上の快晴雲海を期待して杉の原のトップをスタート

メンバーは北面を滑ったときの3人

なので1時間ほどで稜線、そして三田原山頂へ
a0115745_15193584.jpg

期待通りに雲の上にでて晴れてましたが・・・風が冷たくて雪はカチカチ

これでは狙ってた妙高南面ルンゼはとても滑れないので三田原の涸沢を滑って帰ることに

a0115745_15235418.jpg

a0115745_15242367.jpg

アイスバーンですねエリックさん

a0115745_152747.jpg

a0115745_15274758.jpg

これはこれでいい斜面でしたね Gatchさん

1週間で春山本番に突入してしまいました。
この前のこんな滑りはもうないかな?

a0115745_15314487.jpg

Skier ura-sasa。 

Noriくんがいい感じで撮ってくれました。
これ見るとまだもう少し山でいい雪を当てたいところです
[PR]

by ura-sasa | 2012-03-07 23:01 | バックカントリー | Comments(0)