<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 30日

おまけの嘉平治尾根へ

理想どおりに焼山の南東面を降りてからからは朝見た嘉平治尾根を目指すべくヌルイ沢へ

崖マークだらけですが雪がついてたので難なく沢に入り込んでから二股にはさまれたゆるやかな尾根に上陸

a0115745_20585489.jpg


滑り降りたラインを眺めての小休止です。

この時点で気がつけばものすごい快晴。しかも無風。

嫌な予感もいたします

a0115745_2125821.jpg


案の定、無風快晴はくそ暑いです。
なぜかこの帰りの登り返しは過去2回もこんな天気。西からの太陽が背中にばっちり当たります
a0115745_2139067.jpg


きょうもギラギラの金山・天狗原山が恨めしい

a0115745_2162310.jpg


快感のくだりラインと不快な暑さの登りライン。

標高400mの登りは暑さとの戦いとなりました。

90分かけてユルイ沢の右俣を登りあげ、最後はかるく藪を掻き分けて稜線へ

a0115745_21102787.jpg


疲れましたが目の前には気持ちいい嘉平治の斜面がひろがりました。

a0115745_2113471.jpg

気がつけば15時半をまわっていていいお時間なのでとりあえずドロップイン

ここにきて今日一番のザラメ雪に当たって歓喜の一本

a0115745_21381211.jpg

一気に降りてしまいました。

a0115745_2115468.jpg


苦労して登り返した甲斐のあった斜面でした。

この後は惣兵ェ谷から鍋倉谷を消化試合のように下って笹ヶ峰林道はシール歩行

ゴールは16:30で結局前回と同じ10時間行動でした。

a0115745_21195182.jpg


今回は嘉平治の素敵なおまけがつきましたが、トータルで考えると

焼山は南面滑ったら後半は夏道合流の地獄谷出合まで滑り降りて登り返しの
一昨年のラインが一番よさそうです。

来シーズンは久々北面にしようかな

Slowtrackさんお疲れ様でした。
育休明け記念に長年の課題も是非クリヤーしにいきましょう!
[PR]

by ura-sasa | 2014-04-30 20:54 | バックカントリー | Comments(2)
2014年 04月 29日

今年も焼山南面・嘉平冶おまけつき目指して

今年も性懲りもなく鍋倉谷から焼山へ遊びにいってきました。

天気予報は週間では雨だったのが、日に日に雨が逃げていって曇りの予報に

午後、あまり悪くならないことを期待しながら6:30に笹ヶ峰をスタートしました。


a0115745_22185369.jpg


パートナーは不思議と今期初めてとなったSlowtrackさん。本人曰く山の育休明けだそうです

順調に惣兵ヱ谷の出合まできましたが、ここで昨年まで帰りに滑り降りてた沢が結構なデブリでうまっていました。
もともと今回は帰りは嘉平冶尾根に上り返してあの斜面を滑ろうと思ってたのですが、

デブリを見てからはさらに強く決意して、

惣兵ヱ谷を登りつめて

a0115745_22254019.jpg


嘉平冶のこの斜面を見たところで、これは焼山以上にここは滑っておかなくては!と独り思ったのでした

a0115745_22275769.jpg


尾根までの登りでやっと登りらしい登りで高度感も上がりますが息も上がります。

天気は高曇りでまあまあ。暑くならずにちょうどいいくらい

a0115745_22302337.jpg

めざす焼山も見えてきて、前回同様4時間で影火打のドロップポイントに到着です。

そして焼山へ向かって滑走!

a0115745_22312436.jpg

a0115745_2231361.jpg


前回、前々回はカチカチで慎重に滑りましたが今回は逆にズルズルな雪。
前日と気温上昇と本日の曇天がせっかくのザラメをズブズブにしてしまったようでチョイ残念。

a0115745_2235843.jpg

本命焼山もあまり期待できないかも?と思いながらも黙々と山頂目指します。

がんばれ!お父さん。

a0115745_22364576.jpg


下ばかりみて黙々と登って山頂を見上げたら、青空が広がりつつありました。
12:30に山頂到着。

順調です。
山の育休中といいながらさすがですSlowtrackさん。

a0115745_224228.jpg

ピークで最近お気に入りなんちゃって魚眼レンズでセルフ記念撮影

そして滑走スタート

a0115745_224457.jpg

a0115745_22445166.jpg


影火打からの滑りでがっかりしたような雪ではなく、結構いいザラメ

a0115745_22463195.jpg

a0115745_22465182.jpg

a0115745_2247825.jpg


降りれば降りるほどいい感じの雪に

a0115745_22474946.jpg

a0115745_2333795.jpg

今回の焼山南東面のフィナーレは岩とダケカンバの間の少しスティープな斜面からのオープンバーン

a0115745_22525742.jpg

a0115745_22494243.jpg

理想通りのラインで滑れて大満足です。

そして次はイメージどおりに行けるのか?

ヌルイ沢の右股からの嘉平冶尾根です。

時間はまだ余裕の13:30。

続きます・・・
[PR]

by ura-sasa | 2014-04-29 22:11 | バックカントリー | Comments(0)
2014年 04月 25日

鬼が城見学ツアー

先週の風邪をひきずりつつも今週は笹ヶ峰から

かつての職場を通っての鬼が城見学ルートにいってきました。

去年は鬼が城山頂からの滑りを楽しんでいるので、今回は念願の岸壁を下から見上げる景色を堪能したいところです。

登りは黒沢沿いに
a0115745_12444834.jpg


久しぶりというか、この時期でははじめてかも? の黒沢おなじみの滝の左岸をスキーをつけたままのぼれました。

このところ右岸の笹薮よじ登りの記憶しかないので、意外に雪はあります。

黒沢の湿原まで約2時間半で到着。

a0115745_12503096.jpg

この冬、楽しませてもらった黒沢岳を見ながら湿原横断です。

そして黒沢池ヒュッテ。
a0115745_1332750.jpg

シラビソ林の中にはテントが数張り。
たぶん知ってる人のような気もしますが、昼間なんでもちろんお出かけ中のよう

風邪をひきずってたせいか、いま一歩馬力を出せずにただ湿原を横断してしまいましたが、
あとから考えればもう一がんばりして茶臼山まで上がって滑り込みたいところでしが、

ここからのウサギ平滑り込みもなかなかいいもんです

a0115745_1371353.jpg

a0115745_137384.jpg


最高のザラメ!
前回の黒倉に引き続いて今シーズンはスムーズに春雪に移行できて幸せです

a0115745_1393819.jpg

茶臼稜線からの魅力的な斜面を見ながらメインの鬼が城入り口へ登り返し

Gacthさん いいもの見てしまいましたね。茶臼山頂から入ればここでした。


そしていよいよ鬼が城へ

a0115745_13172913.jpg

a0115745_1320502.jpg


斜度はまあまあありますが、ワイドでとても滑りやすい入り口。
赤くぼろぼろの岸壁が一気に近づいてきます

a0115745_13264117.jpg

だいたい5分おきに上から雪が崩落してきます。

13時なんで気温もあがって一番よくない時間帯なんでしょうけど

a0115745_13291044.jpg

さあ、いよいよここからが本番の一番狭くて危なそうなところです。
左からはもちろんですが右から落ちてきてもなんの不思議もなさそう・・・

a0115745_13304824.jpg

足元と頭上を交互に見ながら

落ち着いて写真を撮るようなゆとりもないので、とりあえずカメラ片手に勢いよく下ります

a0115745_13353274.jpg

a0115745_133683.jpg


足元は見事に石と土のデブリだらけ

幸い滑ってる最中は崩落もなく安全地帯へ

a0115745_1337481.jpg

a0115745_13383822.jpg


ここまでくれば安心。のんびり休憩。

a0115745_13414623.jpg

5分に1回はなにかがおちていた滝
残念ながら崩落の瞬間は捕らえられず

a0115745_13434431.jpg

滑り以外でスリルを味わったコースでした。

体力的には相変わらずこの後の第三発電所からのくだりが最難関でした。
ほとんど除雪が終了していましたので、スキーを脱いだり履いたりの繰り返し。

長かった・・・

a0115745_13533073.jpg

[PR]

by ura-sasa | 2014-04-25 22:50 | バックカントリー | Comments(0)
2014年 04月 16日

森太郎に会ってきました

ようやく家事もろもろが終了して春スキーへ

冬にはひかなかった風邪なんかもひいて、少々体調不良でしたが汗を流して撃退しようと
のんびり黒倉・鍋倉山ルート。

a0115745_1202215.jpg

この時期は除雪も進んでハイシーズンより奥まではいれるので、かなりお手軽です。

黒倉の壁を見ながら南側の尾根へ取り付く普段どおりのライン

去年は真ん中、北側と違うラインで登ってみましたが、やっぱり個人的にはこっちのほうが好きです

a0115745_1241116.jpg

稜線にあがるとこの景色が広がるのが一番の理由です。

そのままシールで黒倉・鍋倉の山頂も踏めますしね。

a0115745_1255550.jpg

今シーズン遊び倒した感のある妙高山のこの面

来季もよろしくです


a0115745_127084.jpg

1時間半で鍋倉山頂について、春らしくギラギラ反射する雪を気持ちよく切ります。

今日は滑り重視ではなくて、山を味わいに有名な森太郎を見に飯山川へ

a0115745_1210409.jpg


上から森をみるとどの木かわかりずらかったですが、近くに来ればいやでも目立つ太さ。
でもお年寄りすぎてちょっと痛々しい感じもしないでもないですが・・・

スキーで来た記念の写真を一枚

a0115745_12133685.jpg


森姫さまには会わずに再度鍋倉に登り帰して、北面滑って黒倉へ

a0115745_12141159.jpg

昨年は季節はずれの降雪でデロデロ雪崩に襲われた黒倉北面も

今回は快適ザラメバーン。

気持ちよく春スキーシーズンインできました。

a0115745_12173213.jpg


気持ちよくシーズンインはできましたが、風邪は抜けきらずちょい悪化・・・

温泉で安らぐも数日風邪をひきずる結果となってしまいました。
皆さんもお気をつけを。

まだインフルもはやっているようです
[PR]

by ura-sasa | 2014-04-16 11:52 | バックカントリー | Comments(0)