<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 27日

そろそろフィニッシュです

a0115745_230316.jpg

雨も降らず暑い日が続いてますので、もういい加減滑るのも終わりにしたいところです。

去年は派手なフィナーレで衝撃的に突然終了してしまったので、今季はのんびり・ゆったりやさしいエンディングを迎えたいということで初めてですが乗鞍へ

バスを待つ駐車場もすっかり夏のよう

a0115745_2351963.jpg

バスに揺られて本日より大雪渓までいけるはずでしたが、始発便は路面凍結の恐れありで位ヶ原山荘まで

それでも剣が峰まで600mほどの標高差なのでかえってちょうど良いくらいか、デーブには物足りないくらいか?

a0115745_2393178.jpg

道路を越えるころにはなぜか観光バスが子供たちを乗っけて数台やってきて、内心「路線バスもがんばってよ!」と思いながら目指せ剣が峰

a0115745_23114773.jpg

バスから降りて雪の上に散らばって遊ぶ子供たちがアリンコのように見える小ささになったらもう山頂到着でした。

a0115745_2314841.jpg

ここはまだちょっと手前ですが、ついたも同然。

a0115745_23151458.jpg

剣が峰山頂。だいたい2時間ほどで到着です
そして記念撮影
a0115745_23181940.jpg

すっかり春スキーチームの3人です

剣が峰からの滑走はひとまず置いといて、その奥の大日岳から滑りましょう!

地図だけ見てたときは権現池へ滑り込んで大日行って剣が峰に戻って・・・なんて考えてましたが、池側は滑るほど雪はなかった・・・

a0115745_23243879.jpg

大日岳への道はちょっとだっけやっかい。
岩が不安定で転がりやすいのでかなり慎重にいきました。
余計な自撮りはしてますけども

a0115745_23282038.jpg

一段下れば後はなんてことなく山頂へ

a0115745_23292187.jpg

そして記念撮影

a0115745_2330192.jpg

あの御岳も目の前でときどき煙が上にあがっているのが見えました。

滑りはGacthさんから

a0115745_23324326.jpg

a0115745_23333100.jpg


剣が峰にいる登山者が注目したであろうお得意の歓喜の奇声を上げながら
いいザラメを巻き上げ!!

a0115745_23362522.jpg

a0115745_23371724.jpg

続いてデーブ。
後半のフラットは縦溝が出てきてボードはちょっと辛そう

a0115745_23384937.jpg

再び剣が峰へ

a0115745_23402559.jpg

a0115745_23412431.jpg


山頂に一番近い雪渓へドロップイン

広いところを滑りたいというGacthさんの希望を却下してあえて狭くてもほぼ山頂からのラインに行きましょう

a0115745_2344221.jpg

a0115745_23443529.jpg


まるで毎日働いてるゴルフコースのような白いコースです。
暴走してOB!は無しでお願いします。簡単に打ち直しはできませんので。

a0115745_23485262.jpg

a0115745_23503692.jpg

私も続きます。

a0115745_235096.jpg

今日はここで満足。
ココから下は今季名物の縦溝祭り

a0115745_235207.jpg

a0115745_23551997.jpg

それでも楽しそう滑りながら一路位ヶ原山荘へ

a0115745_2355554.jpg

a0115745_2356173.jpg

ゆとりをもって13:30のバスに間に合って帰りのバスの旅。

へろへろにならないスキーツアーもいいもんですね。

天気があえばあと一回まったりスキーツアーをして今季終了予定です。
[PR]

by ura-sasa | 2015-05-27 22:58 | バックカントリー | Comments(0)
2015年 05月 18日

オーソドックスに火打詣で

腰痛から復帰して元気なGacthさんとお出かけです。

いろいろ行きたい山のリストはあったのですが、天気下り坂で遠征までして頂上ついたら視界不良はいやだということで一番近い山スキーの名峰火打山に行くことに

a0115745_2246559.jpg


4月の雨と猛暑で稜線の雪は例年と比較にならないほど無くなってますが、冬の大雪はたまってるところのはたまってるようで、こんな時期なのに笹ヶ峰登山口からスキーを付けて楽にあがれます。

まあ、当然ある程度の枝をよけながらですが、新緑を楽しみながら黒沢の橋まであるくのはまるで6月ようです。

a0115745_22525473.jpg


ついつい写真を撮るのに夢中になってペースはスロー

a0115745_22573428.jpg


自分撮りもして遊んでます。

a0115745_22582359.jpg

基本、スキー板は脱がない主義です。

そしてこの先、普段だったら絶対に行かない黒沢沿いをつめます。
「火打山の風」情報では滝も出てないのでまだまだいけるということで、本当なの?と思いつつもいってみると
a0115745_22543158.jpg


a0115745_2311846.jpg

本当でした。
信じられません。4月でももっと例年開いてるはずなのに、今年は山の中腹や沢床はいっぱい雪が残ってますね

a0115745_2341948.jpg

おなじみの景色の場所へ到着。
空は予報どおり曇りがちに

天狗の庭から先は雪解けが激しく夏道通しを余儀なくされて、主義を押し通すことも無くさっさとスキーをザックに

a0115745_2394141.jpg

a0115745_23102399.jpg


木道もしっかりでてましたが、雷鳥平からはまた雪の上
a0115745_23125748.jpg

すっかり今シーズンはクンバックでやり通してしまいました。
Wayback88に変えようかと思いましたが、ビンを変えないとクンバックのほうが軽いというのでは・・・

a0115745_23155026.jpg

5時間ちょっとかかって山頂到着。
この二人にしてはだいぶノンビリでした。

滑りはオーソドックスに正面を!

a0115745_2319949.jpg

a0115745_23193861.jpg


案外久しぶりです。正面をすべるのは。
心配した縦溝は無く快適!なのは出だしだけで沢のうねりが見え出すころから縦溝地獄でした

a0115745_23215120.jpg

縦溝と戦うGacthさん。

そしてこのあとはGacthリクエストルートでサクラ谷から富士見ー黒沢へ

a0115745_23235464.jpg

サクラ谷へのGacthさんの見事なロングターン。
青空だったら写真栄えしたのに残念。
ここら辺の雪は調子よかったです。

a0115745_23261694.jpg

谷の新緑も見事でした。

富士見への上り返しもスムーズできて

a0115745_23281129.jpg

気持ちのいい急斜面。

黒沢に向かって降りるだけです
a0115745_23304374.jpg


橋から下は枝の間を縫いながらのスラローム

a0115745_233215100.jpg

今春お約束のブナのヤニを踏みながらの・・・ですが、この日は気温低めだったからなのか
滑りが悪くなるということもなく、滑走面もべったり真っ黒にはならずにすみました。


a0115745_23403098.jpg

小川で板を綺麗にして終了です

後半のラインはなかなか楽しかったです。ありがとうGacthさん
[PR]

by ura-sasa | 2015-05-18 22:39 | バックカントリー | Comments(0)
2015年 05月 11日

白馬鑓はやはり遠く

今シーズン初の白馬遠征の目的地は白馬鑓。
a0115745_23421324.jpg

メンバーはお久しぶりでSlowtrackさん、春山には珍しいジェームス、そして最近ではおなじみのデーブ。

妙高と同じように新緑が濃くなってしまった猿倉から夏道に沿って小日向のコルを目指します。

スタートはちょいと遅いかな?の8:00過ぎ

a0115745_23492476.jpg

夏道沿いに登るのはなにげに初めてで長走沢から来るよりだいぶ楽で早い印象。
(今までは夏道に雪がなくなってからしか来てなかっただけですが)
幸先がいいです。

これは結構楽に双子岩ついちゃうんじゃないの?なんん思いながら代掻き馬をみながら進みましたが、
a0115745_23583092.jpg

a0115745_033913.jpg

デーブは問題なく到着。Slowtrackさんも今年は少ない山行ですが、これぐらいは楽勝。
トラブル発生はジェームス、両足踵わきに靴ズレ発生。

ペロンと皮がむけてしまって、これはこの先厳しいいか・・・

a0115745_082555.jpg

それでもとりあえず白馬鑓に向かいます。

ここからの下りはジェームスのハートを砕くかのような激しい縦溝。
まるっきり快適ではない滑りで杓子沢の出合まで

a0115745_023258.jpg

あとは鑓温泉を経由して山頂目指すのみですが、がんばれジェームス。

a0115745_0304565.jpg

温泉は結構にぎやかでした。
山頂よりもココ目的のほうが多そうです。

さくさく行けたら帰りに入っていきたいですが、どうかな。

ジェームスもがんばってますが、限界が近いようで靴ズレも痛いが「ワタシ、持久力が欲しい!」と。
それは急には与えられないので登れるとこまで行って駄目な場合は温泉治療して待機ということで。

a0115745_0372727.jpg

日差しが強くなって大出原までもう少しというところで

a0115745_0385263.jpg

ジェームス、ギブアップ。
すごく小さくなってました。 残念ながら打ち合わせどおり温泉療養へ

a0115745_0432017.jpg

残る3人で山頂めざしますが、斜度がきつくなったところでまさかのデーブがギブアップ宣言。

シールトラブルで気持ちがへこんだようですが、どっちみちこの先つぼ足だからと励まして登坂継続

a0115745_0484058.jpg

テンション復活!

a0115745_0492469.jpg

山頂到着です。 14:30、スタートから6時間半。
なかなかかかりましたが、上出来です。

a0115745_0513854.jpg

ホームマウンテンをバックに記念撮影。

そして滑走。

a0115745_0525311.jpg

復活のSlowtrack!

a0115745_054955.jpg

デーブ。 

山頂からの斜面は小日向からとは違って縦溝無縁の快適フィルムクラスト&ザラメ

a0115745_0555064.jpg

ガッツリロングターンかまして綺麗に2本の板のラインを刻めました


a0115745_104454.jpg

a0115745_11820.jpg

近年では記憶に無い快感ザラメ斜面です。

a0115745_14056.jpg

太陽をバックに撮ってもらいました。

a0115745_165474.jpg

谷間に入ってくるまたも縦溝が目立ちはじめて快適ではなくなりましたが、温泉に向かっての斜面は
またいい感じの場所もあって、選びながらジェームスの待つ温泉へ

a0115745_171631.jpg

茹で上がったジェームスと合流。

持ち前のキャラクターで温泉組の方たちと仲良くなって、ビールもご馳走になったそうで
それはそれで白馬鑓堪能。

15:30なんで山頂組は温泉入るほどのゆとりはないのでさっさと下りましょう

a0115745_118371.jpg

復活のジェームス

a0115745_1185048.jpg

a0115745_1191569.jpg

コルで4人そろって記念撮影。

この日はお一人中央ルンゼ下りたようでしたが、ノドを過ぎたあとの斜面が酷そうな雪にしか見えなかったけどどうだったんだろ?
山頂からや杓子沢も考えてはいましたが、板をあまり傷つけたくなかったので今日のラインでよかったかな?
それでも温泉から下は隠れた石の数箇所やられて、クンバック申し訳ない。

a0115745_1315317.jpg

猿倉への帰り道は天然のバンクドスラロームになっていました。
面白かったですが、調子に乗りすぎないよう注意です。

17:00下山。
充実の春スキーでした。鑓は遠かったことを再認識です。
[PR]

by ura-sasa | 2015-05-11 23:26 | バックカントリー | Comments(2)
2015年 05月 08日

クロカンデビューで笹ヶ峰散歩

白馬でテレの革靴を安かったので衝動買いして、オークションでクロカンの板をこれまた送料のほうが高いでしょ!という値段で買い取って

いざ平な笹ヶ峰でデビューです

a0115745_16273928.jpg

かなりクラシックな板です。

ブーツを買って、最初はゲレンデで使ってた3ピン付のゲレンデ板でトライしたのですが、
あまりのブーツの不安定さに挫折。
軽い板で理想はウロコ板だったのですが、なかなか良いお値段でお試し価格には程遠かったので

今回はこれで妥協。

a0115745_1632275.jpg

自撮りしてスタート。

すばらしく板が軽いので雪の上を歩くのが純粋に楽しいです。
靴もトレッキングシューズとほぼ変わらないので軽快

a0115745_1635156.jpg

天気もいいので写真を撮りながらの純粋な散歩

滑るために登る、歩くというのから開放されてこれも良いな

景色を求めて適当に牧場内を歩きまわりです

a0115745_16391230.jpg

桜発見
a0115745_16402642.jpg

近づきます
a0115745_16453988.jpg

a0115745_1641952.jpg

さらに近くへ
a0115745_16461481.jpg

a0115745_16415127.jpg


牧場はゆったりした傾斜なので、特に特別な技術ないるわけでもない上に、歩くよりは断然早いので
かなり楽しい
a0115745_1650658.jpg

いつもなら遠くに見える白い盛り上がりばかりに興味はいっているのですが、本日は違います


次は鮮やかな新緑のほうへ
a0115745_1646351.jpg


a0115745_16512868.jpg

そして林を抜けて仙人池を目指しました

a0115745_16525775.jpg

到着。
まだ雪の池でした。

道路わきにある池の目印になるブナの大木にもご挨拶
a0115745_16541893.jpg

その奥にはもっと特徴的な木が隠れてました
a0115745_16562391.jpg

今まで気がつかなかった!

そんなこんなで歩き回ってたら4時間も歩いてました。

ちょっとはまりそうな新しい遊びです
[PR]

by ura-sasa | 2015-05-08 16:20 | バックカントリー | Comments(0)
2015年 05月 01日

焼岳アドベンチャー? 南峰から下堀沢

a0115745_18281945.jpg

まずは北峰からGacthさん。
ほぼ夏道沿いのダウンヒルで雪もよく、今シーズンは聞けないかとも思われた
変な雄たけびも復活!

a0115745_18321219.jpg

続けてデーブ。

次に登る南峰よりに降りていきます
a0115745_18335042.jpg

南面は少々ザラメがグサグサ気味。
適当に寄り付いたところから尾根にとりつきました

a0115745_18374418.jpg

僕とデーブはさっさとつぼ足、Gacthさんは執念のシール登り・・・

a0115745_18393289.jpg

でしたが、最後は結局かついで山頂へ

a0115745_18411343.jpg

13:00登頂です。
こちらは執念?でひとり板をかついだままで山頂。

南からみた火口のほうが岩の迫力がありますね、雪あればここから鉢の中滑り込めそう
a0115745_1844128.jpg


今回は雪もないのですが、せっかく板をかついできたので頂上にあるわずかな雪の上で
a0115745_18462525.jpg

メモリアルな3ターンwww

他2名は景色堪能中
a0115745_18482644.jpg


滑りはピークから少し下がったところの短いシュートを復活のGatchさんから!
a0115745_18502223.jpg

a0115745_18511452.jpg

a0115745_18515947.jpg

いいじゃない!
重たいザラメが1ターンごとにズルズルと下まで拡大しながら落ちるのを見ると
去年のツルギでの失敗を思い出します。

そんなわけで2番手でもこんな短いシュートでも調子に乗らずに慎重に降りて、
下からデーブを撮影

a0115745_1856615.jpg

a0115745_18565346.jpg


いいね! アドベンチャーだね、デーブ。

a0115745_18584917.jpg

はい、満足です。

a0115745_1313586.jpg

こっからは下山路なわけですが、登ってきたラインと夏道とはどちらもきが多くて滑りは・・・というGacthさん
最初から狙ってた下堀沢が大変気になるようで、確かに見えるところはばっちりの雪

そして登るときのライン選びでも出たセリフが「沢だから雪たまってるでしょ」

まあ、初めて行ってみなけりゃわからないということで、下堀へ下ってみました。

a0115745_1971718.jpg

いい出だしですよ
a0115745_1984123.jpg

怪しくなってきたね
a0115745_1993899.jpg

はいっ、終了です。
怪しいとこで止めてりゃよかったですが、白い雪に導かれて1700mまで下ってしまったので
もうこのまま下堀沢を大正池まで行くしかない。

落石に注意して、結局徒歩下山。

沢には雪もあるけど岩もあったし、木もあったということで
なかなか頚城山域のようにはいかないのでした。

a0115745_7273675.jpg

15:40
それでも無事に降りて、体力的には大変だったということもなく
「アドベンチャーだったねえ」とにっこりデーブ

タイミングよくタクシーもやってきて中の湯で汗を流して楽しく終了したのでした。
[PR]

by ura-sasa | 2015-05-01 12:45 | バックカントリー | Comments(0)