ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 20日

早めですが、シーズン終了

先週にいただいた情報のおかげで今週も山へ
a0115745_22591793.jpg

目指すはもちろんあのライン

一人旅が続いていましたが、本日は相棒あり。
とびきり生きのいい人が一緒に行ってくれました

a0115745_21523444.jpg

kengo君のアドバイスをうけて白馬尻の雪が出るとこまでは登山靴で。

白馬の夏道を歩くのははじめてです

a0115745_21545619.jpg

まあ、夏道といっても林道からちょっと登山道を入ったでけで雪の上に立てましたので
笹ヶ峰からスキーを背負ってあるくのに比べたら全然楽ちん

a0115745_21591312.jpg

大雪渓も変なデブリもなくおしゃべりしながら快適に上がっていきます

本日の目標は2号雪渓。そこに旭岳のリクエストも入りまして、数年前のシーズンの締めと
期せずして同プランに

a0115745_22344.jpg

気力体力充実の若者はぐんぐん登っていきます。
a0115745_22215497.jpg

こちらは山を眺めて、写真をとりながらなるだけノンビリと
a0115745_2263068.jpg


杓子もこちらからみるといいトンガリ具合ですね
おととし滑ったルンぜも条件よさそうでした

a0115745_22122873.jpg

a0115745_22232150.jpg

気持ちのいい快晴のなか順調の雪渓を登りつめて予定通り旭岳山頂へ

5時間弱で到着
a0115745_22241276.jpg

そして躊躇せずドロップイン

a0115745_2228423.jpg

a0115745_2228325.jpg

a0115745_22292060.jpg

a0115745_22293646.jpg


あっという間に見えないところまで滑り下りてしまった。
さすがだね

自分はというと、
a0115745_2232546.jpg

a0115745_22322526.jpg

若者のような芸当はできないので、太ももが悲鳴あげるくらいザラメじっくりと
味わいながらの滑降

a0115745_22364156.jpg

まずは会心の1本目

次はメインの2号雪渓

a0115745_22384846.jpg

過去2回と違って雪庇もなく壁もビビるほど立っていなくて入れます。

嫌なのは岩と岩の間の雪が少なくなっていて170cmほどの幅しかないこと
小さいながらもクラックも入っていてどうするよ?ってところですが

kengo君の場合は

a0115745_236414.jpg

a0115745_236398.jpg

a0115745_2372516.jpg

a0115745_2375747.jpg

まっすぐ抜けましたね。
またもやあっという間に見えなくなりました

僕は無理!

ウィペット効かせて横滑りでじっくりと通過です
a0115745_22493660.jpg

肝心なgoproはエントリーしたところで壊れていた、残念。

岩の間を抜ければあとは快適な斜面
a0115745_22514416.jpg

のはずでしたけど、今週は少々立て溝ができ始めていましたようです

がたがたで足にきます

a0115745_22531845.jpg

それでもシーズンのラストラン!
楽しめました

最後は緑に向かってダウンヒル
a0115745_22543617.jpg

a0115745_2256529.jpg

雪の終点までたどりついたらデポした登山靴に履き替えて

お世話になった冬の遊び道具をすべて背負ってゴールです
a0115745_2258539.jpg

[PR]

by ura-sasa | 2016-05-20 21:45 | バックカントリー | Comments(0)
2016年 05月 13日

連休後の一滑り

長い連休が終わってみると周りの山はすっかり初夏の雰囲気

麓から見える山には雪がほんの少しある程度。

このままシーズン終了してもおかしくはない景色になってしまいましたが
4月で終わってしまってはやはり寂しいので締めの一本を求めて扇沢へ

a0115745_22214529.jpg

期待しては来ましたが、ここもご多聞違わず少ない雪と全くもっての初夏の様相

しかも今回、ひとり計画してたのは赤沢岳でありましたが正面に見えてる茶色い壁に???

はじめて登るのでまだ見えぬ側には白い斜面が稜線までつながっていることを期待して夏道を歩きます

a0115745_22293083.jpg

堰堤に沿った道を歩くこと小一時間で大沢小屋手前で雪の上に

そして目指すはずの赤沢岳を見てみると・・・

a0115745_2232142.jpg

雪が無い。 あるけど滑るほど無くてつながって無い

だいぶがっかりです。予想を超えた雪解け状況でありましたが、反対側を見てみると

a0115745_22354514.jpg

蓮華大沢右俣はきれいに上まで白い道がついています

さっさと気持ちを切り替えてここを登って降りてくることに変更です

a0115745_22414745.jpg

今日はディナフィットのマーキュリーに代わって、シーズン中ゲレンデ使用していた
スカルパのフリーダムSLで初登り

a0115745_22453684.jpg

暑くなる予報通りのカンカン照りでしたが、雪は緩みすぎずスキーアイゼンが適度に効いて
細くなる斜度のきついところもシールで難なくあがりました。

暑さで多少息は上がりましたが。

a0115745_22492835.jpg

4時間ほどで山頂到着。
さすがの暑さで雲が湧いてきてしまいましたが、槍方面は一望

a0115745_22513022.jpg

a0115745_22521324.jpg

リベンジしたいあのラインもよく見えました
(来年かな?)

a0115745_22541299.jpg

滑りは一人ということもありあっという間です。

しかも青空広がってた肝心の滑り出しのところはgoproの操作間違えて写っていなかった!

雪はいいザラメ。さすがにノドを通過するあたりからは石が気になってしまいましたが、
デブリも溝もなくいい締めの一本になりました

a0115745_231297.jpg

こんな緑の道を歩くとシーズンも終了ですね

そんなつもりで帰りに白馬にらっぴーさんによってマーキュリーを修理にだしたら、
白馬はまだまだ滑れるよ~ コンディションいいよ~と言われて・・・

チャンス作ってもう一本行っとこうかな?の気分です
[PR]

by ura-sasa | 2016-05-13 22:14 | バックカントリー | Comments(0)