ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 08日

GW明けは御嶽山



GWもようやく終了してゲレンデのスキーシーズンも終了!
これからは春山のスキーシーズン開幕ということで、仕事明けの翌日に颯爽と御嶽山へ
a0115745_23314564.jpg
a0115745_23321213.jpg
乗鞍をバックに御嶽山を目指して営業が終了(お休み?)しているチャオ御岳を登ります。
急斜面のないゆったりしたゲレンデなので、もちろんゴンドラに乗れれば楽なことこの上ないですが、比較的楽に(1時間ほど)
スキー場を登りあげて森の中へ

a0115745_23393413.jpg
2000mこえているので晴れていますが涼しいです。
御嶽山といっても主役級のところへは登れないので目指すは継子岳。
下から見ていた時は樹林帯から左へ巻き込んで、雪を伝って山頂へという夏道にほぼ沿ったルート取りを考えてはいましたが

雪を伝ってあまり横にそれずに標高を稼いだところ、ほぼゲレンデからまっすぐに突き上げることになって


a0115745_23252075.jpg
高度感抜群です。左膝がいまいちなので出来ればスキー登坂がいいのですが致し方ない

a0115745_23263545.jpg
今シーズン、マシーンのように次々と山に登ってるデーブが元気よく先行していきます
スタートして4時間で継子岳山頂到着
a0115745_23252015.jpg
とりあえず記念撮影。エリックは今日がスキーの締め日です。
もちろん、このまますぐにスキー場側へ下山することなくまずは四ノ池に滑り込み
a0115745_23584714.jpg
a0115745_23252039.jpg

気持ちよく滑りだしたらすぐハイマツで遮断されましたが、そのあとは調子のいいザラメでフラットまで
そこからは三ノ池を覗きに稜線まで登り返し

a0115745_00054327.jpg
エリック希望は三ノ池に向かって滑り込みたい!というものでしたが、肝心の池がまだ雪の下・・・
なんとなく見えなくもないけど、イメージは青くきれいな池に向かって・・・だったので、却下して
僕の希望の摩利支天山へ行くことに
a0115745_00121641.jpg
a0115745_00344141.jpg
雪際の踏み抜き注意
a0115745_00121700.jpg
a0115745_23252195.jpg
摩利支天到着。14:30 剣が峰も真近に見えたところで御嶽山の広さ実感
a0115745_00121799.jpg
デーブも満足!
そして継子岳から見えていた気持ちよさそうな斜面を滑ります
a0115745_00261823.jpg
a0115745_00250735.jpg
見た通りの滑りやすさ!
滑ったら継子岳への登り返し
a0115745_00322047.jpg
a0115745_00350859.jpg
a0115745_00362317.jpg
a0115745_00361866.jpg
滑ってきた摩利支天の斜面。日も傾いて、あとはスキー場に向かって降りるだけ。
なのですが、気持ちよさそうな雪渓はスキー場と平行に2本。どちらのしても、どこで切り上げてスキー場に戻るか・・・
というところが悩ましいところ。当然早めにトラバッてしまえばいいのですが・・・

a0115745_23252187.jpg
とりあえず降りながら考えよう! ということで夕日に向かってGo
a0115745_00445070.jpg
a0115745_00445327.jpg
でも、やっぱり気持ちのいいこの雪渓を途中で切り上げるなんてことはできずに、結局出たとこ勝負の滑り切りに。
a0115745_00533462.jpg
ハーフパイプ地形を楽しんで、
a0115745_00514444.jpg
トリッキーな地形をかいくぐり、藪がでたところからトラバース。まあ大体2050m位のところ

a0115745_00455914.jpg
針葉樹林の中を標高を下げないように迷路をたどって目指せスキー場
a0115745_23251932.jpg
大汗かきながら、最後は笹薮をかき分けてゴォール!!!

a0115745_00460317.jpg
あとは気楽にゲレンデの雪をたどって駐車場まで。
などとは気楽に終わりませんでした。
a0115745_23252260.jpg
春はいろいろありますね
a0115745_23270777.jpg
遅い9:00スタートではありましたが17:30に下山
9:00-10:00ゲレンデトップ―13:00継子岳ー14:30摩利支天山ー16:00継子岳ー16:45トラバースー17:20ゲレンデ―17:30駐車場


[PR]

# by ura-sasa | 2017-05-08 23:14 | バックカントリー | Comments(0)