ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ

タグ:大渚山 ( 5 ) タグの人気記事


2013年 04月 12日

プランBの大渚山で正解でした

いよいよ4月に入って遠出の山に思いを走らせていた矢先に
娘さんが風をこじらせて山どころではなかった先週。

今週こそは春のロングルート第一段として白馬岳周辺を歩きまわろうと天気予報の晴マークに意気揚々と車を白馬まで走らせましたが・・・

他のメンバーが危惧していた強風がこれまた予報どおりに。

栂池のゴンドラ運行は怪しいし、上がれても肝心の稜線は強風カチカチで楽しめないでしょうということで早々にあきらめて、プランBとしていた大渚山へ

大草連のスタート地点はかろうじて雪がつながっていました。

林道から一段あがったブナの林はまだまだ雪も豊富

a0115745_954090.jpg


大渚山は白馬ほど風もなく、どちらかといえば穏やか。
のんびり春山モードです

とはいえ今日の40'sのメンバーだとのんびりなようでスタスタと登って2時間で山頂へ
a0115745_109258.jpg

a0115745_1051527.jpg


きれいに白馬の山並みが望めましたが、稜線は雲がまとって風は相変わらずのよう

a0115745_108678.jpg

山頂は今朝までの雪がきれいに残って雪の花が咲いていました

そしてこの残っている雪に期待して北側に滑り降りてみると、そこには・・・
a0115745_10141667.jpg

いいパウダーでした。 skier Gathc49。

a0115745_10164764.jpg

Eric

a0115745_1018973.jpg

Slowtrack。 素敵な雪と天気で気分は最高。 こっちに移動して大正解でした。

続いての斜面も雨飾山をみながらのいい新雪斜面
a0115745_1021750.jpg


a0115745_10223100.jpg

この4月にこの舞い上がる雪はありがたや、ありがたや・・・

a0115745_10235049.jpg

a0115745_10245798.jpg


この北面、初めて降りましたがいい斜面なんですね

ここからまた山頂に向けて東側を登りかえしてもう一滑り

a0115745_10274560.jpg


a0115745_10283622.jpg

さすがに東面はパウダーとはいきませんでしたが、いいザラメ。

a0115745_10305064.jpg

今日も大満足です。

大草連までのくだりもストップスノーに悩まされることなく快適に終了でした。
[PR]

by ura-sasa | 2013-04-12 10:33 | バックカントリー | Comments(0)
2011年 02月 26日

結局は大渚山へ

晴れが続いて気温も上がり山の雪がどんどん駄目になってきた今週の木曜日。
Gacthさん、Taka-Cさんとどこに登るか?
標高の高いオープンなとこはクラストして駄目だろうと思い雪が沈んでいることを期待して低山狙いに。

僕は黒倉・鍋倉が頭にあったのですがGacthさんが糸魚川・小谷にある真那板山にいってみたい!と。
地図で見るとよさそうで目をつけていたというのでちょっと調べてみると、滑りにいってるひともちらほらいる模様。
こんな日は新しい山が新鮮で楽しそうなのでGacth案採用で行ってみました。

a0115745_5415742.jpg

現地に到着して目標の山を見上げて一言「杉だらけだな・・・」
どうみても滑って楽しそうには見えない。
登ると他の斜面でいいとこがあるかもしれないけど一瞬で終わりそうなのでここは却下。

一転して大渚山に行くことに。

そんな動きをしてたので大草連からの登り始めは10:30をまわっていました。
a0115745_5482022.jpg

今シーズン初山のTaka-Cさん。
道具一新で軽やかにといきたいですが、ちょっと体のほうが重そうか?
でも快調に標高あげていい汗かきながらブナ林を行きます。曇り気味なのも幸い。

a0115745_5512419.jpg

a0115745_5534496.jpg

2時間少々で山頂に到着。遅いスタートでしたが13:00前には山頂に立てました。
a0115745_5552984.jpg

意味不明の登頂記念ダンス・・・
a0115745_5564519.jpg
]
眺め良しです。4回目の大渚山ではじめて視界良好。広い山頂をしばし散策して楽しみます。
天狗原・金山、ホームの妙高山は残念ながら雲がかかる。
a0115745_2215219.jpg

立派な雨飾山
a0115745_2232518.jpg

山頂は風もあって結構寒い。でも青空も広がっていい感じ
a0115745_5593342.jpg

滑りだしは一番東のピークから東面を。
こんな斜面があったんだと感動、雪は期待できませんけど。
a0115745_615880.jpg
a0115745_621911.jpg

Gatchさん。なかなか深いザラメ雪です。ザラメパウダー15cm。
a0115745_635197.jpg
a0115745_641361.jpg

雨飾をバックにTaka-Cさん。この滑りが湿雪デロデロ雪崩を生み出します
a0115745_66215.jpg

雪まくりも出まくり
a0115745_610624.jpg

a0115745_6102365.jpg

ブナ林を抜けてまた開けた斜面へ
a0115745_6111711.jpg

a0115745_6114077.jpg

a0115745_612627.jpg

右のスカイラインをたどってオープンバーンに、雪がもう少し締まってたら大満足。
でもいままでガスのなか左の林をたどるように降りてばかりだったのでいい収穫
a0115745_6151429.jpg

雪はいまいちでしたが眺めも楽しんだし気持ちよくフィナーレ。
帰りは奉納温泉というなかなか味のある温泉で汗を流して帰ってきました。
[PR]

by ura-sasa | 2011-02-26 06:15 | バックカントリー | Comments(0)
2010年 03月 31日

大渚山パウダー

今週29日の月曜日は今シーズン初めてR-18沿いの山を離れて大渚山へ

3年連続で3月末にこの山にアタック。この時期である必要はないのですがなんとなくこの時期によさそうな感じに思えるのです。
この日も前日から雪が降り、当日も終日降る予定。この山ならそれほど厳しい条件にならずにシーズン最後のパウダーが楽しめるような気がしてKeikeiさんペアを誘って行ってみました。

妙高も朝から降ってましたが糸魚川から小谷村に入ったとたんにものすごい降雪。タイヤは滑るし前も良く見えない・・・ これじゃ大草連へあがる道はとてもいけないのではと心配しましたが山の方は意外にも薄日もさして穏やか。雪も集落から15cmほど新雪が積もっていて条件もよさそう

雪も豊富な今年は登りに苦労するようなところも無くちょうど3時間で山頂へ
a0115745_7424914.jpg

スノーシューは新雪の下の湿雪にももぐるのでちょっと大変だったかも
a0115745_7444222.jpg

山頂は風とガスでそれなりの冬山らしさ
a0115745_824744.jpg

山頂からの滑り出しは木立も無く真っ白で起伏がわかりません。僕はここでコケかけました・・・
a0115745_8263826.jpg

でもすぐブナ林の中に入るので、そこは快適。ただところどころ底付きして、そこがカチカチだったりもぐったりするので思いっきりすべるのは危険
a0115745_895277.jpg
a0115745_8101093.jpg

3月末にしては舞い上がりすぎ!
視界がもうすこしよければ・・・というのが贅沢な願いかな
a0115745_8132017.jpg

後半のオープンなバーンは雪質も視界も安定して快適、そして笑顔。
a0115745_8151954.jpg

次回はあの斜面にもアプローチしたいですね
[PR]

by ura-sasa | 2010-03-31 23:18 | バックカントリー | Comments(0)
2010年 03月 29日

降りすぎです。

今日はkeikeiさんペアと大渚山へ

詳しいレポートは明日に。
とりあえずこんな感じでした
a0115745_18384492.jpg

keikeiさん
a0115745_1839677.jpg

T君

帰宅してみたら家の前に新雪がこんだけ・・・
a0115745_18401080.jpg

地面見えてたはずなのに、除雪車もでたので帰って早々雪かきに追われました。(47cmです)

しかもこれからパトロールの打ち上げ。
こんなに降っちゃったら解散しちゃいけないんじゃないの?

明日は間違いなくゲレンデパウダー日和です。
[PR]

by ura-sasa | 2010-03-29 18:43 | バックカントリー | Comments(3)
2009年 04月 01日

やはり遅かった・・・

週末の新雪の中での仕事も終わり、遅ればせながら僕も新雪を楽しもうと大渚山に昨日行ってきました。
前日も冷えていたので、少し期待してましたがやはり遅かった・・・
a0115745_103626.jpg

a0115745_10354314.jpg

a0115745_10361143.jpg

いい感じに見えます。スプレーもあがってます。満足気に山を振り返っているかのようにみえます。
でも実際は重かった。エスカルゴもいっぱい転がりました。
a0115745_10412956.jpg

もちろん人も転がりました。それでも楽しかったです。また行きましょう!
[PR]

by ura-sasa | 2009-04-01 10:43 | バックカントリー | Comments(1)