タグ:妙高山 ( 37 ) タグの人気記事


2017年 02月 28日

妙高山を廻る4つのピークから 

a0115745_01100053.jpg
昨日からの快晴は翌日の朝を迎えても変わらずできれいな瞬間が続きます

一人夜明け前に起きだしてヒュッテ周辺をカメラ散歩
a0115745_01134420.jpg
影だと足長おじさんです。1時間ほどウロチョロしてヒュッテに戻ると朝食ができてました!ありがとうございます
a0115745_01165392.jpg
オートミールにナッツやドライフルーツを入れて。シンプルですけどおいしく食べれて片付けも簡単で、昨晩のパスタと合わせて参考になります。ついつい自炊でテントや小屋泊だと食事悩んだ挙句にただ重くなって豪華にしようとしがちですけど、慣れた人はさすが。

おなかが満たされたところで本日のプランが決定。
三人の滑りたいところをつなげた4ピークス妙高山外輪廻りに

まず最初は黒沢岳。
a0115745_01261455.jpg
a0115745_01264997.jpg
a0115745_01273245.jpg
朝から雪は絶好調。黒沢湿原におりたら続いて茶臼山に登って北面のウサギ平へ
a0115745_01295697.jpg

妙高山からの朝日を浴びながらイエーイな感じで
a0115745_01331721.jpg
a0115745_01354250.jpg
見事なS曲線!
a0115745_01380399.jpg
                        そして見事な夫婦のフォーメーション。

あっという間に二つのピークから2本の滑りを決めたところで本格的な登りモードへ。
昨日からの快晴・無風の中を大倉山にむかっていきます
a0115745_01443950.jpg
2月最終日ですので一応厳冬期?なのかもしれませんが、雪はサラサラでもこの日の季候は春スキー日和的な暖かさ
汗が流れてこんな雪原はちょいと地獄。
a0115745_01490887.jpg
それでも暑さにめげず、1本目のラインを眺めながら大倉山へ。
a0115745_01521034.jpg

ちょうど山頂でお昼です。今日のメインはここから先!大倉山から妙高本峰側におりてまた三峰分岐に登り返して神奈山北面へ

a0115745_01560073.jpg
a0115745_01573342.jpg
大倉山東面の滑り。日射の影響を受けたところとそうでないところは雲泥の差。太陽ってすごいな
a0115745_02021973.jpg
a0115745_02064657.jpg
上手に登り返せるか不安だった三峰分岐もエリックの見事なライン取りでスムーズに稜線到達。新しい遊びのラインがまたできそうです
ただ大倉山の雪庇が大きいのでそこは気をつけなきゃいけないところなんですが

ここから先の稜線は自分は初体験(夏はありますけど)

a0115745_02091798.jpg
途中にいい斜面を見ながらの山頂への道のりはなかなか楽しいものでしたが、近くに見えた山頂も実際にはなかなか遠く・・・
a0115745_02132660.jpg
神奈山頂到着14:30。ここから滑って最後にもう一度藤巻尾根まで登り返さなきゃいけません。体力もつかな?
そんな不安も無きにしも非ずでしたが、山頂から滑りだしてみると、雪の状態は最高で登りの疲れは吹っ飛びます
a0115745_02191869.jpg
a0115745_02202245.jpg
a0115745_02205307.jpg

滑る面が日陰なのが写真的には惜しいですが、滑りには最高。どこまでも均一なドライパウダーが斜面を覆っていました。
a0115745_02243412.jpg
自分も日本海に向けてGo
a0115745_02234298.jpg
さすがに最後の藤巻尾根までの登り返しは体にこたえましたが、ガス欠になることもなく夕暮れ前の17:30に休暇村のゲレンデに抜け出てツアー終了。予定どおりの4ピークからの滑りも大満足の二日間になりました。

[PR]

by ura-sasa | 2017-02-28 01:04 | バックカントリー | Comments(0)
2016年 02月 09日

妙高東面をにぎやかに 2

興奮さめやらぬ三田原を背にして本命の妙高山へ

a0115745_14395990.jpg

a0115745_1446682.jpg


西面には珍しく登りやすい雪で最後までシール登行。これも仙人の読みどおり

a0115745_14493629.jpg

とりあえず山頂で記念撮影。
今年もここまでやって参りました。(お二人はもう何回か登ってますけど)

風も強くなく最高の天気のまま、若手の皆さんはメインの撮影へ
a0115745_14515732.jpg


BC仙人の的確なアドバイスを受けて

a0115745_14582482.jpg

a0115745_154294.jpg


どんな風に撮影されてるか楽しみです

a0115745_158328.jpg

残された僕らはこちら側から

撮影者は私で
自分も撮ります

a0115745_15162445.jpg


こんな余計なことしてるからか、普段の滑り込みが甘いせいか肝心なところでずっこけてしまい
山頂からの通しすべりに失敗。

ちょっとショックをひきずっています

日射にやられて多少クラストもありましたがおおむねいいパウダーでした

a0115745_15203771.jpg

妙高をバックにひたすら下山
ここは雪も少なく今シーズンはとても難しくお勧めではない様相

a0115745_1526725.jpg

夕日の当たる神奈山を見ながら終了
久々の大人数でにぎやかに楽しく終了しました。
[PR]

by ura-sasa | 2016-02-09 23:30 | バックカントリー | Comments(0)
2015年 03月 17日

今シーズン初登頂の2

a0115745_19125599.jpg

ここを抜けると後はパラダイス。

カリンカリンというわけでもないし、落ちるような雪でもないので滑り出しからみれば
なんということもありませんが油断大敵です。
僕は去年の剱岳を思い出してより慎重にサイドスリップとジャンプターンで1アクションごと
しっかり止めていきました

a0115745_19161867.jpg

場慣れしてそうなエリックも慎重にワンターンごと決めてきました

a0115745_19202572.jpg

間違えば岩の上転がって落ちちゃいますからね

a0115745_19235322.jpg

ここからはパウダーを楽しむのみです。

a0115745_1924132.jpg

a0115745_19253028.jpg

a0115745_19251290.jpg

大きい景色が広がっていきます

次はカヨコさん
a0115745_19271337.jpg

a0115745_19273151.jpg

a0115745_19274472.jpg


長いシュートの後半戦は太陽の光も入ってきて・・・

a0115745_19291976.jpg

a0115745_19294616.jpg

a0115745_1930335.jpg

雪もよく笑顔が絶えません

a0115745_19312911.jpg

a0115745_1931545.jpg

a0115745_19324475.jpg

山頂から標高500mのパウダーダウンヒルフィナーレです。

a0115745_19341743.jpg

会心!

ここで下山の僕と高谷池宿泊エリック家とお別れです。
a0115745_19365613.jpg


a0115745_19354151.jpg

一人ボッチの帰り道にはカモシカ君の案内がありました。

カモシカ君の案内がついたとたんに雪は突然ストップ雪に。

日があたって気温も上がって急に汗ばんで一人フーフーいいながら帰路についたのでした
a0115745_19445254.jpg


シーズン終盤で何とか山頂に立てて満足でした。

おまけ
a0115745_19461888.jpg

カヨコさんの見事なランチボックス。
大根・や-コン・りんごなんかが見事におさまってました。
[PR]

by ura-sasa | 2015-03-17 19:48 | バックカントリー | Comments(4)
2015年 03月 16日

今シーズン初登頂へ その1

a0115745_17474231.jpg

やっと晴れた日に山にお出かけ。
週末降った雪は直後はなじみが悪かったようで、各地で雪崩た情報がでていましたが、
三田原へ向かうおなじみの斜面でも落ちてしまって、その跡はまだしっかりありました

a0115745_17581762.jpg

だいぶ下のラインから三田原に向かおうとしたようですが、重大事故にならなくてなによりでした

本日は新雪もすっかり沈んで、いつもの高いラインで取り付きました。
新たに成長していたセッピだけが気持ち悪い存在でした。

稜線までの山腹は風と日にやられてちょっと固め

a0115745_1822359.jpg

a0115745_1823244.jpg


でもこの日は風も強くなく、日差しも強くなく心地いい気候で
高谷池に泊まりに行くというエリック夫婦とともに楽しく登ります

僕も泊まりで行きたいところですが、急にそんな変更もできない身なので日帰り。
黒沢くらいまで一緒に遊んで分かれるプランでしたが・・・

a0115745_1865090.jpg


稜線についたところで北面はまだまだ雪が生きていたのと
今シーズン僕がまだ妙高山に登っていないいうことで、エリックが山頂行って北面滑ろうとプランを提案

こっちは願ったりかなったりなので即OK

とばっちりはヒュッテまでの距離が長くなってしまったカヨコさんか?ゴメンナサイ

で、早速三田原内輪へ

a0115745_18104761.jpg

a0115745_18105964.jpg

a0115745_18111963.jpg

うす曇になって写真的には残念でしたが、雪は上々。

a0115745_181303.jpg

a0115745_18131633.jpg

a0115745_18132863.jpg

週末明けの割にはまっさらな斜面が広がっていてラッキー

いい滑り出しです

a0115745_18153289.jpg

そしてニコニコしながらさっさと次の準備へ

夏道通しで妙高山頂目指して進みます

a0115745_18172365.jpg

こちらは風の影響も珍しくさほどなく結構いいところまでシール登行

それでも山頂到着するころにはそれなりに息が上がりますね、エリック
a0115745_18195120.jpg


北峰到着。北アルプスバックに記念撮影

a0115745_1820458.jpg

そして、いざ北面へ

a0115745_18212046.jpg

スタートはチョイ固め。
慎重にエントリーです。

a0115745_18225415.jpg

a0115745_18233372.jpg


続いてカヨコさん
a0115745_18242927.jpg

a0115745_18244995.jpg

a0115745_18251571.jpg

旦那に連れられてえらいとこまで滑ってます。凄い!

もう少し厳しいところが続きます
[PR]

by ura-sasa | 2015-03-16 18:26 | バックカントリー | Comments(0)
2015年 03月 04日

翌日は晴れましたけど、雪様々

a0115745_2116094.jpg

夜の風も朝にはすっかりおさまって、晴れ上がることを期待しながら
まずは軽く黒沢岳へ

a0115745_2118778.jpg

まだモノトーンな雰囲気でしたが、風があたりすぎて無さそうな斜面選んで一滑り目

ウインドパック気味ながら下部はまあまあいい感じ

ウォーミングアップのあとは青空が見え始めた茶臼岳へGO

a0115745_21262530.jpg


遅くなった朝日が山肌に当たりはじめて気持ちも上がっていきます
a0115745_21275617.jpg


光があたるウサギ平へ向かって
a0115745_21304976.jpg

a0115745_21312211.jpg


黒沢岳と違って、茶臼岳北面は風の影響は無くとても具合の良い新雪が待っていました

a0115745_21331350.jpg

a0115745_21333621.jpg

a0115745_21341061.jpg


もう一回滑りたかった位の今日一の雪

a0115745_21354528.jpg

満足

a0115745_2136333.jpg

空はすっかり期待通りの快晴になってきました

a0115745_2138761.jpg

風はそれなりですが、笑顔がこぼれる程度で次の目的地、大倉山へ

a0115745_21393474.jpg

途中、木登りなんかを楽しみながら・・・

a0115745_21403065.jpg

大倉山山頂からの妙高山。かっこいい眺めでした
この湧き上がる雲にはこの後なかなか悩まされましたが・・

a0115745_21423384.jpg

大倉山山頂から長助池へ
出だしはダケカンバの間を縫いながら、7.11水害で木々が流れたオープンバーンへ
a0115745_2144295.jpg

a0115745_21445156.jpg


もっとスッキリ撮りたい場所でしたが、沸きあがる雲はとめどなく予定はこれから妙高北面を
登って滑りたかったのですが、視界が悪いと楽しめないでしょうということで

大正池周りで妙高南面へ回り込むことに

a0115745_21487100.jpg

a0115745_21482262.jpg

a0115745_21501269.jpg


見慣れた感のある景色ですけど毎回綺麗なので毎回同じような写真をバシャバシャ

期待していたtwo rabbits forest は太陽にやられてまさかのサンクラスト。
a0115745_21542629.jpg

ウィンドクラストかと思ってたらバリバリサンクラストは久しぶりに滑ります。

へこんでそのまま前山に逃げそうになりましたが、後半は雪が持ち直してしっとりパウダー

日が当たって泣ければいいんじゃないの?ということで地獄谷に滑り込み
a0115745_21581443.jpg

a0115745_21583436.jpg


最後にもう一度楽しめました。

a0115745_220495.jpg

a0115745_2202388.jpg


雪温泉につかって終了
[PR]

by ura-sasa | 2015-03-04 22:02 | バックカントリー | Comments(0)
2014年 03月 26日

三月最後の雪を楽しむ

三月の三連休に合わせたように降った春の大雪。

ゲレンデでも50~60cm積もってくれましたが、快晴の二日間のおかげで日の当たるところは
見事に雪が劣化していくのを眺めての週明け

当初は神奈山の北面に行こうと計画してましたが、三田原も風が入って駄目になったようで
山頂むき出しの神奈山もだめかなーということで

風も日もあまりあたっていなそうな、
慣れ親しんだ妙高山の懐で遊んできました。

いざ前山を越えて

a0115745_15275133.jpg


ここからの妙高山の東面は迫力ありますね
正面ド真ん中はまた来年へ持ち越し。エリックは今年降りたけど、もう結構だそうです。

条件のいいときそそのかして行こうと思います。

a0115745_15345381.jpg

春の日差しを浴びてパウダー探し

a0115745_1537488.jpg


そして発見。
少しだけ風で痛んでいるところもありますが、おおむね良好。

a0115745_15384356.jpg


先週の乙妻よりはウィンドパックも柔らかく、雪の舞い上がり方も良好
a0115745_1651885.jpg

a0115745_10553250.jpg

先週暑かったので今週から緑のカッパです。
快適なパタゴニアのスーパーセルです、カッパっていったら怒られるかな

a0115745_15405169.jpg

3月下旬に降雪三日後に楽しめるなんて幸せです

a0115745_15433912.jpg

ここら辺を誰よりも良く知っているご夫婦。

いいところを求めてまた登り返して

a0115745_154724100.jpg

a0115745_15483080.jpg


エリックの好きな東壁をバックに

続いてかよこさんも
a0115745_15525457.jpg


a0115745_15504236.jpg


この日は風も無く気温も思ったほど上がらなかったので下のほうまでそこそこ快適に降りれました

a0115745_15553341.jpg

a0115745_15562219.jpg


でも谷の出口はだいぶやばくなっていました。
下のほうは雪が少なかったシーズンが災いしてもう無理なような気がします

次こそは春のロングルートになるかな
[PR]

by ura-sasa | 2014-03-26 15:58 | バックカントリー | Comments(0)
2014年 02月 28日

ラストパウダーになりませんように

午後から雨予報もでていた2月のラスト。

前日は快晴で気温も上がっていたので大きい期待はできない中
エリックに付き合ってもらって残り物探しに

まずは赤倉山からいつもと違う、初エントリーポイント探し
a0115745_12315458.jpg

そして発見
a0115745_1237288.jpg

そしてドロップ
a0115745_1314457.jpg

a0115745_1391230.jpg

真ん中のシュートもいけそうです

a0115745_13144699.jpg

雪は風でパックされた感じで少しハード。
それでもまだ気温の上昇にやられた感はないのでこの後に期待

a0115745_13203859.jpg

日がさしはじめて滑ったラインがちょうど照らされてました

a0115745_13232440.jpg

青がいつものラインで赤が本日のライン次は赤ラインへ左のプチシュートからにそのうち挑戦

妙高本峰側に移動してTwo Rabbits Forest へ

a0115745_13305471.jpg

a0115745_1331482.jpg


こちらは期待を裏切らない雪が残ってました

a0115745_13333381.jpg

珍しく被写体になって・・・

a0115745_1334286.jpg

調子にのってお決まりのターン。

エリック、写真もなかなか上手に撮ってくれます。 Thank you


a0115745_13371980.jpg

Fish Bowlもなかなかよかったですが、さすがに後半は厳しくなりました。

a0115745_13404215.jpg

もうこの辺はストップ雪に変わってとてもスローモーションなロングターン

a0115745_13421738.jpg

重たいストップ雪に上体をギッコンばったんしながら谷を降りました。
先週遊んだ氷柱もほとんど落ちてしまってこれだけに・・・

温泉に出る頃には小雨も予報どおりにあたり始めましたが、さほど濡れることもなく帰宅
行動時間4時間のひさびさスピードコンパクトツアーでした。

それにしても、これで春になってしまうのでしょうか?


a0115745_13442839.jpg

a0115745_13445880.jpg

a0115745_13453216.jpg


最後にまだまだこんな雪が降ることを期待して連続写真を

妙高だから3月でも何回か降るはず・・・
ラストパウダーにはちょっと早いのです
[PR]

by ura-sasa | 2014-02-28 14:05 | Comments(0)
2014年 02月 21日

妙高山北東ルンゼ再び

a0115745_12314267.jpg

気持ちいい快晴のもと、最近のしきたりのように休憩なしで三田原の稜線へ

風の影響を受けてそうな内側ですが、妙高山頂めざしてそそくさと準備です
a0115745_124726.jpg

a0115745_12473522.jpg

ギャングっぽいジェームスのゴーグルに写りこむ僕とエリック

三田原内輪は意外といい雪で快適にボトムまで

a0115745_12491449.jpg

a0115745_1250098.jpg


滑り降りたらサクッとシールをつけて、長助分岐の夏道側から妙高の北峰へ

a0115745_12515070.jpg

12:40山頂到着は結構早い。

ここで各自の行きたいポイントをチェック。
a0115745_13471652.jpg

エリックは違うとこもチェック

僕は北面をピークからと思ってましたが、肝心なところが雪に覆われてなかったので断念

ジェームス希望のフィッシュボウルラインは北峰に来たってことで却下
a0115745_13205921.jpg


結局はエリック案の北東ルンゼからSシュート頭からエントリーに
a0115745_13445783.jpg

喜んで山頂からスタートしていきましたが、
肝心のルンゼが・・・
a0115745_13231630.jpg

a0115745_13512993.jpg

斜度は去年より緩く感じたけれど雪はカチカチで超慎重に

a0115745_13274166.jpg

がんばれジェームス!

a0115745_13284279.jpg

Sシュートは入り口から快適斜面

後半は残念ながら雲の中だったので隣のダケカンバ林を。
雲のおかげで雪はずっといい粉雪

最後は今は無きリフトあとを楽しんで終了です
a0115745_13342118.jpg

a0115745_1335137.jpg


本日のナイススポット

a0115745_13372874.jpg

a0115745_1338788.jpg

[PR]

by ura-sasa | 2014-02-21 13:38 | バックカントリー | Comments(0)
2014年 01月 22日

Happy New Year

あけましておめでとうございます。

遅ればせですが年末年始の忙しさも終了してようやく2014シーズンインできました。

ちょっと前までの感覚ではぜんぜん遅くないシーズンインですが、最近はスキー場が始まるとともに山に入っていく仲間がとても増えたのでとても出遅れてる気がしてしまいます・・・

今シーズンのしょっぱなは エリックと

a0115745_52827.jpg

大雪予報でしたが降雪はほとんどなくガスの濃い朝。

案外、標高の高いところは青空が抜けているんじゃないかという希望的予測のもと赤倉山へ

間抜けにもドロップポイントを間違えて登りあげてしまいましたが、
エリックがすぐ気づいてくれて正確なところへ移動

正面には希望にかなう天気と山頂が見えました

a0115745_58596.jpg


今シーズンも天気に恵まれそうです

早速いい雪がたまっている北面にドロップイン

a0115745_5111083.jpg

a0115745_14314326.jpg


板が太くなったエリックは昨年に増してパワフルです

滑り降りた後は晴れた本峰目指してGo

a0115745_5141394.jpg

雪は舞う程度で風も無く快適

登山日和です。

当初は山頂を踏まずに滑りメインのはずでしたが、滑りたいラインを選んでいるうちに結局山頂へ

a0115745_5175331.jpg


しょっぱなから妙高山頂とは縁起がいい?
山頂の天気も穏やかで青空も広がるいい天気で寒くもなく思いがけない日になりました。
a0115745_5415725.jpg



滑走は南峰からルンゼを通って状態の良かった南面を

a0115745_5231667.jpg

a0115745_5234327.jpg

もうちょっと雪が付けば快適でしたが、とりあえずピークから滑降ということで
岩場は渋く通過して、

その後は300mのダウンヒル

a0115745_5243116.jpg

a0115745_525096.jpg


シュートを通過してからのダケカンバが広がる南面はいいパウダーが一面に敷かれていて感動
滑りたいとずっと思ってましたがなかなかパウダーでコンディションのいい日あたることのない
南面なので最高の一日になりました。
a0115745_54645100.jpg

ちょっと写真では伝わらないですけどいい斜面と雪でした。
一気に滑り降りてしまったので・・・

と、ここで終わらないのがBC仙人のエリック。
登りのトレースをまた使ってドッグレッグを滑ろうとまた山頂直下まで登り返し

a0115745_5315627.jpg


傾きかけた太陽が綺麗です
a0115745_1205360.jpg

a0115745_5361568.jpg


軽い雪を激しく巻き上げながら前山へ向かって・・・

a0115745_1214774.jpg


最後は這うように前山へ登りあげて帰路に着いたのでした。

しょっぱなから濃厚なBCになりました
[PR]

by ura-sasa | 2014-01-22 05:43 | バックカントリー | Comments(0)
2013年 03月 22日

神奈山の頂上から

今週はめっきり春山らしくなりました。
今季のパウダーシーズンの成果を眺めたくて、目指したのは神奈山の山頂です

出発は休暇村から藤巻尾根に

a0115745_10541086.jpg

出迎えてくれるのは見事なブナ回廊

汗ばむ春の日差しをブナにやわらげてもらいながら、オープンな尾根にでると

春にしても強すぎるんじゃないの??っていう青空と太陽
a0115745_11114599.jpg


暑かったです。
それでも稜線をあがるにつれ、いい風がふいて快適に山頂を目指しますが、
a0115745_11144125.jpg


稜線付近は急で細いのでちょっとのぼりづらい・・・
スキー場から登ったこともありますが幕の沢の終点付近はどっちもどっちかな?

リフトの運行を気にしなくていい分、今日のルートのほうがよさそうですが。
a0115745_11185059.jpg


なかなかドキドキな稜線歩きも
ここまで登ると見たかった妙高本峰の北面が見えてきて、ほっと一息。

a0115745_11221848.jpg

今日もこの北面開拓者のBC仙人とともに

北面の写真を撮ってさらなるリサーチ

3時間半ほどで山頂到着。
パウダーシーズンならラッセルしてどれくらいでこれるかな?
以前に、ラッセル敗退してから足が遠のいていたけれど、来年は再チャレンジできそうな手ごたえです

山頂でのんびりしてから北東面にドロップイン
a0115745_11302757.jpg

a0115745_11311254.jpg

春雪で滑りやすいです。
前日の雨でずぶずぶになるかと心配してましたが、快適。
a0115745_11324759.jpg

Gacthさんはスピード注意でお願いいたします

a0115745_1136336.jpg

春ですね

a0115745_11364396.jpg

a0115745_12143421.jpg

このところの暖かさで雪庇も落ちてデブリラインあり。

a0115745_11392630.jpg

a0115745_12162386.jpg

a0115745_1140155.jpg

春らしいしぶきをあげてフィニッシュ!

面白い斜面ですが真冬は難しいだろうなー
気持ち悪い倒木の塊の沢もあったりして気楽には滑りには是ませんね

帰りはなぜか急に霧につつまれ五里霧中に
a0115745_11451725.jpg


GPSに地図にコンパス、高度計にらめっこで帰路につきました。
帰り道がなかなか長いのも神奈山北側が縁遠いわけですよね
a0115745_1146111.jpg

帰り道は要再考。
[PR]

by ura-sasa | 2013-03-22 23:46 | バックカントリー | Comments(0)