タグ:戸隠・大橋方面 ( 6 ) タグの人気記事


2017年 04月 14日

眺めがいい山へ

春らしい快晴の一日。バカみたい一日中動くのに最適なのですが、付き合ってくれる人が見当たらないのでノンビリ山行に

今まで一度も登ったことなかったんですが、まわりの皆さんが結構上がっていて、聞いてみたら「眺めがとってもいいんですよ!」というのを最近きいて佐渡山へ

一人なのでスタートもスローになってしまい大橋につくと、平日なのに6,7台の先着の車がありました。

雪たっぷりの林道をてくてく歩いてスムーズに稜線へ
a0115745_11485138.jpg
a0115745_11503430.jpg
稜線に出てみると意外に山頂が遠い!
風もなく眺めもいいので快適ですけど

左右の黒姫や高妻・乙妻の山を見ながら山頂に到着すると目の前は遊びなれた妙高・火打の山並み。
a0115745_12474236.jpg
a0115745_12481358.jpg
a0115745_12500456.jpg
確かに完璧な360度パノラマビュー

スキー遊び用の山々が一望で、山頂で昼ごはん食べながらアッチの斜面を登って滑ってと妄想と想像。

このまま降りても早すぎるんで東面に滑り降りてみました

a0115745_11500859.jpg
a0115745_11514368.jpg
a0115745_11512961.jpg
前日降った雪が軽く邪魔しましたがおおむね快適。
ベースでは立派ブナの木ときれいな若いダケカンバがお出迎え。

登り返して隣の小ピークから南面滑って帰り道へ
a0115745_11513807.jpg
近くにいい山、まだまだあるんだなー
a0115745_12593924.jpg


 

[PR]

by ura-sasa | 2017-04-14 23:12 | バックカントリー | Comments(0)
2014年 03月 18日

テクニカルパウダー乙妻山

週末に降った雪を求めて今季初の乙妻山へ

a0115745_133893.jpg

間違いなく良いお天気の一日。

もう春山シーズン間違いなしのようです。

いつもの佐渡山鞍部ではなく南寄りの鞍部を巻いて氷沢川へ

楽なような気もするし変わらないような気もするし、
もう一回ノーマルで上がってみて検証かな

a0115745_2013236.jpg

今日は中妻へ向かって沢をつめてみました

雪の状況よりけりですが、これは楽でした。
でも風無しなので暑かった・・・ それと自分のシールは本日の雪変化に対応できずにダンゴで一苦労。

高妻が望めるところまでくると、風もでてきてダンゴも解消されて快適ゾーンに

a0115745_20202930.jpg


来年こそはあの斜面を!

山頂の向こう側にはそんな決意を不安にさせる流れたあともありましたが、いい時期ねらって
滑っておきたいところです

a0115745_20232246.jpg

当日ではなく前日、自然発生のようでした。
これからいく北東面は大丈夫かな?

a0115745_20245690.jpg

中妻にて

遊び場に向かって喜びの仙人


a0115745_20274447.jpg

火打の山頂は春の訪れか黄砂のベールが覆ってました(やっぱりpm2.5入り?)

とりあえずNoriくんは乙妻あがったことないので山頂へ

a0115745_20315265.jpg


山頂から北面降りるのも面白いかなー?ともおもってたのですが、
今回はあまり面白そうに感じなかったので、山頂で軽く記念撮影したらそそくさと北東面へ移動

一見とてもいいパウダー斜面にみえた北東ですが・・・

a0115745_20352544.jpg

a0115745_20485930.jpg

表面がウィンドパックされててなかなか手ごわい。

a0115745_20495144.jpg

しかもムラがあるのでいいところはきれいな新雪が30cmオーバー

a0115745_2051184.jpg

ハイシーズン同様のATOMIC のアトラスで来たエリックが正解か。

春のつもりでK2 WAYBACKを選んだ僕はかなりがんばって滑るはめに

a0115745_2040687.jpg


G3ハイボールのNoriくんもなかなか見事。
でも良い雪が続いちゃって油断しちゃうと・・・、

a0115745_20411689.jpg


こうなります。

それでも三人で難しい雪も楽しみながらオープンバーンを快適?に

a0115745_20525949.jpg

a0115745_20534261.jpg

思い切ったスピードは出せませんでしたが、良い雪を探りながらスキーを走らせるのも
また面白い

そして、いいところはとってもいい
a0115745_20572626.jpg

a0115745_2143974.jpg

a0115745_2058671.jpg

a0115745_20551592.jpg


良い汗かいて春らしさとパウダーの名残を満喫して

a0115745_20594222.jpg


今日も満足です
[PR]

by ura-sasa | 2014-03-18 12:45 | バックカントリー | Comments(0)
2011年 04月 19日

月曜日のトラックデータ

a0115745_22333619.jpg

昨日の乙妻北東斜面。
山頂、稜線からゲレンデを滑るように降りられます。
思ってた以上にいい斜面でしたが、気が重くなるのはこの後氷沢川からの登り返し。

僕は単純に川まで降りて川沿いを登るつもりでしたが、
a0115745_22503956.jpg

地図をよく読むエリックさんが素敵な発案。

1600mあたりからトラバースすれば楽に行けるんじゃない?
っていうわけでその案に乗っかったら大正解でした。
a0115745_2258824.jpg

1550mを下回らないように東側に回りこむのがミソのようです。

これでちょっと北東面滑りにいくのが気楽になりました。
やっぱりいろんなレポート参考にするのもいいけど、先ず地図見て自分でかんがえなきゃダメですね


最後に乙妻山頂からのパノラマな眺め
a0115745_238934.jpg

a0115745_2383930.jpg

[PR]

by ura-sasa | 2011-04-19 23:09 | バックカントリー | Comments(0)
2011年 04月 18日

乙妻山北東斜面でザラメ堪能

雨だと思ってたのが、1日ずれて月曜日は快晴とのこと

ほんとかよ!!??と疑いつつもそれならば山へ行こうというわけで

行ってきました乙妻山へ

スタートは7:50。戸隠大橋から
a0115745_22544789.jpg

メンツは先週の焼山に引き続きのエリックさんとGACTHさん、そして僕の三人。
四十路ーズです。でも軽快にツアーが出来そうな予感

a0115745_2305315.jpg

1時間半ほどで佐渡山の鞍部に到着。高妻山が立派なブナの木々の間から見えます。
ここから氷沢川へ滑り降りて乙妻と高妻の間の2297峰に登りつめる尾根に取り付きます。

a0115745_2362025.jpg

広めの河原からは2297峰の真っ白なピークが見えて、尾根に取り付いた途端に高度が一気に上がって背後には妙高山が!

この時点で微風のため暑さで汗が吹き出てきました

a0115745_2394861.jpg

1910mの細尾根の手前。
高妻の頂上も近くに見えてきました。一回は高妻のピークからも滑ってみたいですが降りてからの谷の処理が楽しくなさそうです・・・

ココまでかなりいいペースです。スタートから2時間半ほど、でも絶好調なのは僕だけのようで二人は前日や週末も山に入っていたので少々お疲れ気味。
急ぐ必要もないのでここらから休憩を多めにとってのんびりと


a0115745_2316239.jpg

天気も上々です
a0115745_23241334.jpg

シラビソに囲まれた細尾根をすぎると、

三年前に滑った2297峰(中妻と呼ばれてたりするらしい)からのオープンバーンを直火焼き状態で登ります。
a0115745_2323539.jpg

ほぼ無風なの蒸し焼きとも言う

今回は乙妻山頂なので2297峰にはよらずに一直線に乙妻へ
a0115745_23281310.jpg

稜線に出るとポコンとお椀をふせておいたような山頂が。
ココまで来れば後は楽勝です。

a0115745_23301453.jpg

12:45乙妻山頂到着。約5時間でした。

a0115745_23325375.jpg

山頂からの眺めもいいですね。完全なパノラマ、北アルプスから頚城3山まで一望です。

そしていよいよ北東面の滑走へ
a0115745_2335201.jpg

山頂からエリック。
a0115745_23371166.jpg

尾根からオープンバーンへ
a0115745_23375859.jpg

ゲレンデのような斜面が下まで続いています

a0115745_2339432.jpg

春はザラメに限ります!
やっと快適なザラメに今シーズン出会いました。

a0115745_23411562.jpg

今シーズンもさんざんパウダーを味わった黒姫山をバックにザラメを絶賛

a0115745_23424654.jpg

GACTHさんも飛ばします。
a0115745_23433810.jpg

あっという間に山頂からココまで。滑ったラインが銀色に輝いてます

a0115745_2346354.jpg

大満足。

なだらかになった1600mあたりで氷沢川に向かって滑るのをやめて、エリック案でトラバースして登りで取り付いた尾根の河原に向かいました。

a0115745_23504099.jpg

これが大正解で難なく河原へ
そこからはまたシールをつけてだらだらと佐渡山の鞍部めがけて登ります

a0115745_23515756.jpg

氷沢川はまだいたところにスノーブリッジがかかってました。
佐渡山からの下りがもう少し楽しく滑れれば言うことなしなのですが

a0115745_23555499.jpg

最後は滑らない雪の林道をヒールフリーにして大橋へ

駐車場到着は15:30
a0115745_23581243.jpg

お疲れ様でした。やっと春山らしくなってきたぞ
[PR]

by ura-sasa | 2011-04-18 23:59 | バックカントリー | Comments(2)
2010年 03月 10日

修行?苦行の五地蔵山

8日の月曜日は僕より20歳も若いパトロール二人を連れて戸隠大橋から五地蔵山へ

今年山デビューした二人、本日が2回目の山です。
雨が続いた1週間でしたが日曜からは雪になってスタートから20cmほどの新雪が積もりいい感じです。
期待に胸を膨らませて歩きはじめましたが、林道を離れて山腹に取り付いたとたん新人二人に試練が訪れました。
カリカリの上のふわふわ新雪に上手くシールを利かせて歩くことができずにずるずる・・・
悪戦苦闘の末に
a0115745_61048100.jpg

シールがはがれました。
このアクシデントを乗り切るのは山行2回目には無理というもので負のスパイラルの始まりです。
a0115745_622505.jpg

足の付け根も痛み出し、シールをダクトテープで直しながらの登りになって疲労困憊のMaru-K。
見守るはキックターンに苦労しながらも余裕の出てきたNori

a0115745_6312750.jpg

最後はつぼ足で山頂へ。5時間半の長旅でした。
残念ながらガスはぬけずに眺望は楽しめず、それでもがんばって登りきった満足感は最高。
a0115745_637972.jpg


そして滑りは・・・

牧場側に滑りだした途端にカリカリの上の新雪が流れていきます。
どこもかしこも落ちてゆくのでボウルの中に入るまでが一苦労。前回降りたところは、ガスの中ではっきりわからなかったけれど、どうも最近の暖かさのために全層でくずれてた模様。
a0115745_7195083.jpg

大丈夫そうなところをたどりながら標高を下げて、ここが出口!
a0115745_7234588.jpg


あとは新雪がたまったボウルの中をちょっと楽しんで
a0115745_7261859.jpg

a0115745_7271085.jpg


最後にもう一苦労して終了
a0115745_7284488.jpg


4時過ぎに大橋着。長い苦行でした
[PR]

by ura-sasa | 2010-03-10 07:31 | バックカントリー | Comments(4)
2010年 03月 08日

エクストリームなスキー???

本日は久々の降雪に期待を膨らませて山へ

a0115745_712526.jpg

カリカリルンゼを慎重に降り
a0115745_704895.jpg

岩で細いところはストレートに・・・

結果はパウダーと無縁のエクストリームな世界に

詳細は明日
[PR]

by ura-sasa | 2010-03-08 23:57 | バックカントリー | Comments(2)