ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ

タグ:焼山 ( 13 ) タグの人気記事


2014年 04月 30日

おまけの嘉平治尾根へ

理想どおりに焼山の南東面を降りてからからは朝見た嘉平治尾根を目指すべくヌルイ沢へ

崖マークだらけですが雪がついてたので難なく沢に入り込んでから二股にはさまれたゆるやかな尾根に上陸

a0115745_20585489.jpg


滑り降りたラインを眺めての小休止です。

この時点で気がつけばものすごい快晴。しかも無風。

嫌な予感もいたします

a0115745_2125821.jpg


案の定、無風快晴はくそ暑いです。
なぜかこの帰りの登り返しは過去2回もこんな天気。西からの太陽が背中にばっちり当たります
a0115745_2139067.jpg


きょうもギラギラの金山・天狗原山が恨めしい

a0115745_2162310.jpg


快感のくだりラインと不快な暑さの登りライン。

標高400mの登りは暑さとの戦いとなりました。

90分かけてユルイ沢の右俣を登りあげ、最後はかるく藪を掻き分けて稜線へ

a0115745_21102787.jpg


疲れましたが目の前には気持ちいい嘉平治の斜面がひろがりました。

a0115745_2113471.jpg

気がつけば15時半をまわっていていいお時間なのでとりあえずドロップイン

ここにきて今日一番のザラメ雪に当たって歓喜の一本

a0115745_21381211.jpg

一気に降りてしまいました。

a0115745_2115468.jpg


苦労して登り返した甲斐のあった斜面でした。

この後は惣兵ェ谷から鍋倉谷を消化試合のように下って笹ヶ峰林道はシール歩行

ゴールは16:30で結局前回と同じ10時間行動でした。

a0115745_21195182.jpg


今回は嘉平治の素敵なおまけがつきましたが、トータルで考えると

焼山は南面滑ったら後半は夏道合流の地獄谷出合まで滑り降りて登り返しの
一昨年のラインが一番よさそうです。

来シーズンは久々北面にしようかな

Slowtrackさんお疲れ様でした。
育休明け記念に長年の課題も是非クリヤーしにいきましょう!
[PR]

by ura-sasa | 2014-04-30 20:54 | バックカントリー | Comments(2)
2014年 04月 29日

今年も焼山南面・嘉平冶おまけつき目指して

今年も性懲りもなく鍋倉谷から焼山へ遊びにいってきました。

天気予報は週間では雨だったのが、日に日に雨が逃げていって曇りの予報に

午後、あまり悪くならないことを期待しながら6:30に笹ヶ峰をスタートしました。


a0115745_22185369.jpg


パートナーは不思議と今期初めてとなったSlowtrackさん。本人曰く山の育休明けだそうです

順調に惣兵ヱ谷の出合まできましたが、ここで昨年まで帰りに滑り降りてた沢が結構なデブリでうまっていました。
もともと今回は帰りは嘉平冶尾根に上り返してあの斜面を滑ろうと思ってたのですが、

デブリを見てからはさらに強く決意して、

惣兵ヱ谷を登りつめて

a0115745_22254019.jpg


嘉平冶のこの斜面を見たところで、これは焼山以上にここは滑っておかなくては!と独り思ったのでした

a0115745_22275769.jpg


尾根までの登りでやっと登りらしい登りで高度感も上がりますが息も上がります。

天気は高曇りでまあまあ。暑くならずにちょうどいいくらい

a0115745_22302337.jpg

めざす焼山も見えてきて、前回同様4時間で影火打のドロップポイントに到着です。

そして焼山へ向かって滑走!

a0115745_22312436.jpg

a0115745_2231361.jpg


前回、前々回はカチカチで慎重に滑りましたが今回は逆にズルズルな雪。
前日と気温上昇と本日の曇天がせっかくのザラメをズブズブにしてしまったようでチョイ残念。

a0115745_2235843.jpg

本命焼山もあまり期待できないかも?と思いながらも黙々と山頂目指します。

がんばれ!お父さん。

a0115745_22364576.jpg


下ばかりみて黙々と登って山頂を見上げたら、青空が広がりつつありました。
12:30に山頂到着。

順調です。
山の育休中といいながらさすがですSlowtrackさん。

a0115745_224228.jpg

ピークで最近お気に入りなんちゃって魚眼レンズでセルフ記念撮影

そして滑走スタート

a0115745_224457.jpg

a0115745_22445166.jpg


影火打からの滑りでがっかりしたような雪ではなく、結構いいザラメ

a0115745_22463195.jpg

a0115745_22465182.jpg

a0115745_2247825.jpg


降りれば降りるほどいい感じの雪に

a0115745_22474946.jpg

a0115745_2333795.jpg

今回の焼山南東面のフィナーレは岩とダケカンバの間の少しスティープな斜面からのオープンバーン

a0115745_22525742.jpg

a0115745_22494243.jpg

理想通りのラインで滑れて大満足です。

そして次はイメージどおりに行けるのか?

ヌルイ沢の右股からの嘉平冶尾根です。

時間はまだ余裕の13:30。

続きます・・・
[PR]

by ura-sasa | 2014-04-29 22:11 | バックカントリー | Comments(0)
2013年 04月 28日

鍋倉谷から焼山南面 その2

a0115745_10223986.jpg

気持ちよく滑った後はいよいよ焼山。

斜面はカチカチではなくちょうどよくシールが効きます
それでも一応こんなものを、せっかくなので使用します
a0115745_10381279.jpg


あるとやっぱり楽かな

a0115745_10441392.jpg

いい天気過ぎます。
焼山山頂までの約400mの上りも快適に登ってしまいましたが、

結構日に焼けました

a0115745_10463526.jpg

顔はシーズン中に焼けてるので平気なのですが、微妙に出てたおでこが初焼きだったので
翌日ヒリヒリでした。

13:00山頂到着
a0115745_10551243.jpg

今回は岩の間からスタート

a0115745_10535184.jpg

イメージはもっとタイトでスティープだと思ってたのですが、案外、ワイドでなだらかしかもそのままオープンバーンにつながらず、ウィンドリップでガードされてました。

a0115745_1115724.jpg

写真を楽しんで撮りあったのでまぁ良しとしましょう。

a0115745_11503874.jpg


その後は昨年と違うバーンをすべるつもりが、結局一番気持ちよさそうな面を滑りおりてみたら
去年と同じラインwwwということに

a0115745_115025.jpg

a0115745_1153621.jpg

a0115745_116196.jpg


でも雪質は今年のほうが文句なしの最高ザラメで大満足です

a0115745_1185721.jpg

次回はキチンと南東面を滑ってみたいと思います

帰り道は1800m付近尾根をめざして、ぎらぎらした天狗原・金山をバックに暑さにやられながら登り返し
a0115745_11173366.jpg


素敵なダケカンバも健在でした。
a0115745_1122391.jpg


7:00にスタートして17:00ゴール。
10時間行動は去年と一緒ですが、のんびりできた分今年のほうがいいルートな気がします

a0115745_1126153.jpg


a0115745_11223858.jpg

[PR]

by ura-sasa | 2013-04-28 10:17 | バックカントリー | Comments(0)
2013年 04月 26日

今年も焼山南面へ その1

今週は天気のいい日と休日が見事はまって今回は去年良かった焼山の南面を再びGacthさんと

ただ今回は火打から影火打の横移動が無駄だということで鍋倉谷から直接影火打にあがることに

a0115745_542224.jpg

フラットなところをのんびり鍋倉谷をつめて左奥に見える影火打をめざして惣兵ェ落谷へ

なだらかに上がっていくので意外に上がりやすい。嘉平治岳のところどころにある大きな雪庇がきになりますが・・・

a0115745_551175.jpg

気になる雪庇のある嘉平治岳の尾根からの斜面も素晴らしそう。
前から滑りたいと思いながら未だ滑ってない。

帰りにこの尾根まで登り返したいところですが、まあ無理だろうなぁ。
鍋倉谷に滑りに来たときに狙うことにしよう

a0115745_5565368.jpg

惣兵ェ谷から嘉平治尾根の2091mまでもスムーズ登れて、影火打からのこの広い谷も気持ちよく滑れそうです。

最近つくづく広い山のほんの一部しか今まで滑ってなかったんだなーと実感

a0115745_631159.jpg

案外広い尾根をつめてちょうど4時間で影火打のエントリーポイントに到着。

去年は黒沢をつめて火打の山頂まで4時間だったので、だいぶ楽チン。

影火打からヌルイ沢への滑りこみはなかなか急斜面ですで、本日はちょっと硬め。

a0115745_675130.jpg

でも滑ってみるとちょうどいい硬さでした

a0115745_611863.jpg

a0115745_610295.jpg

焼山を正面に。 Gacth49.

a0115745_612414.jpg

a0115745_613869.jpg

僕も撮ってもらいました。

a0115745_6135643.jpg

いい斜面です。

さぁいよいよ焼山へ
[PR]

by ura-sasa | 2013-04-26 23:34 | バックカントリー | Comments(0)
2012年 05月 04日

火打から焼山南面滑走の長い1日 その2

a0115745_17464979.jpg

胴抜切戸から急斜面の標高差400mをあがります。

a0115745_17591467.jpg


ちょっとでも硬かったら登りづらいところですが、この日はシールがちょうどよくきいてスリップすることなくスキーであがれました。

標高差400mなんでGatchさんは途中で休みを要求しましたが、山頂がすぐそこに見えてるので却下して一気にトップまで

a0115745_21411535.jpg


山頂ではゆっくり休憩してください Gatchさん。

そしてお目当ての南面滑走です
a0115745_1821898.jpg

a0115745_1825681.jpg


雪質はまあまあ、今シーズンのザラメではいいほうです

a0115745_1841134.jpg

a0115745_1844823.jpg

迫力のある岩が点在しますがタイトなところはなく快適斜面が続きます

a0115745_1863385.jpg

a0115745_1871255.jpg

撮ってもらいました。

北面台地とは違って変化にとんだ面白い斜面です。

面白いのでついつい笑顔。

a0115745_1892450.jpg


地獄谷出合まで快適斜面の連続。雪質はちょっと残念になりかけでしたけど・・・

a0115745_2242199.jpg

おすすめです。この斜面。

ここから先は普通は金山の夏道にほぼ沿ったかたちで杉野沢橋に出て帰路につくのでしょうけど、
あまりこのルートにいい思い出が無いので、嘉平治尾根に登り返して鍋倉谷に滑り込んで帰ることに

14:30に上り返しスタート。
1800mの鞍部を目指して歩きましたが、この300mほどの登りは暑かった!

焼山山頂から風も弱まっていてこの時点でさわの中は無風

a0115745_18193940.jpg

立派なダケカンバに見とれながらも、大汗をかいて稜線に

15:30到着
a0115745_1823116.jpg

稜線から鍋倉谷まではまた快適な滑りを楽しんで、そこから先のなだらかな台地と林道はひたすらスケーティングでヘロヘロになってゴール。
16:50に到着でしたが鍋倉谷からの1時間は長く感じました。

この最後のだらだらが堪えますね。杉野沢橋に出てたらこのだらだらが倍になるかと思うとこっちの選択でよかったのかな?
[PR]

by ura-sasa | 2012-05-04 18:29 | バックカントリー | Comments(0)
2012年 05月 03日

火打から焼山南面滑走の長い1日

GWの狭間の平日、唯一の休みを使って焼山南面を目指して歩いてきました。

6:30に笹ヶ峰をスタート。
a0115745_12555274.jpg

今日の相棒はGacth48さんです。

軽快に黒沢の橋を通過して黒沢沿いに登りまして、気になる滝も右岸をさらっと通過。
この時点では涼しくて気持ちがよかった風なのですが、気になるのは頭の上の雲の流れが速いこと。
三田原山から激しく雲が動いてました。

そんな気になってた風の流れの答えが富士見平を越えて高谷池側にでるころには目の前に

a0115745_1344640.jpg


だいじなところが横なぐりの風にながされてきた雲に覆われてました。
登山口では青空の下に焼山が見えていたはずなのに・・・山頂登っても真っ白か??

a0115745_1395285.jpg

でも風は強いですが、冷たい風ではないので歩けます。雪もゆるくシールも効いてあがれます。

雪も柔らかく火打の山頂までいいペースで到着。登山口からちょうど4時間の10:30着
a0115745_1311268.jpg


しかし風も強く視界不良、しかも今回の火打山頂は通過点なので文字通り休むこともせずそのまま通過。

影火打の胴抜け側までどういくかが、ちょっと気になる箇所。
前回の金山からみたままだったら雪に覆われていたのでうまく滑って焼山側にドロップできるかなと甘く考えてましたが、実際はここ数日の雪解け雨強風やられて稜線の雪はほとんど無くなってました。

その結果、
a0115745_13173659.jpg


こんな中途半端なスキー担ぎで雪を求めて影火打から胴抜けまで歩いてしまいました、1時間も!

素直に板背負って夏道歩けばよかった。

胴抜けからは狙ってたルンゼにトップからではないけれど快適に焼山に向かって滑走
a0115745_13215483.jpg

Gacth48
斜度もあっていい滑りが楽しめました

a0115745_18434996.jpg

さあ いよいよメインの焼山です。

2000mから焼山めざして12:00スタート!

続きはまた
[PR]

by ura-sasa | 2012-05-03 13:23 | バックカントリー | Comments(0)
2012年 05月 01日

火打・焼山周回

本日、GW中唯一の休みを利用して、火打・焼山周回してきました。

今回のメインは焼山南面。
a0115745_13145623.jpg

前回の金山から見たときに次回はここ!と決めてました。

よかったです。

それにしても今回も歩きました。 

a0115745_132811.jpg



6:30に笹ヶ峰をスタートして笹ヶ峰に帰ってきたのはほぼ16:30過ぎの10時間行動

火打10:30、焼山13:00登頂は順調でしたが、影火打はイメージどおりにいかずに手こずって、最後の鍋倉谷に入るための登り返しは暑さにやられました。

詳細はまた後日です

a0115745_13113926.jpg

火打の雪はだいぶ消えてました。
まあ、思い描いてたのが2週間前に金山から見た景色っていうのもいけないですが、ここに来て山の雪消えは想像以上に早いですね
[PR]

by ura-sasa | 2012-05-01 23:18 | バックカントリー | Comments(0)
2011年 04月 13日

焼山下山編

7時間半かけて登った山頂よりいよいよ滑走です。
スタートは山頂から一段下がったお釜の淵より

滑り込みたいのは北面のルンゼなのですが、本日は雪もゆるむことなくカチカチ。
しょうがないので登ってきた西面へ

a0115745_6153345.jpg

でもこっちもカチカチのまま
それでも念願の焼山滑走の川ちゃん

登りで快適にしてくれた西風が帰りはカチカチバーンの製造機になっていたのでした。

a0115745_6181925.jpg

つった足にこの雪は堪えます。長谷川師匠

a0115745_6205097.jpg

つぼ足ポイントまで降りてきてもカチカチ
エリックさんは華麗にアイスバーンを下りてきます

a0115745_6225738.jpg

Noriくんも力強くターン。さすがレース経験者。


a0115745_6222953.jpg

ここら辺はゆるんでいると思ってたのですが・・・・

a0115745_6253410.jpg

長谷川師匠。写真は快適そうですが、ただ標高を下げてるだけの修行ターン!

a0115745_6271334.jpg

修行は足に厳しい!つった足が悲鳴を上げます

a0115745_6281093.jpg

北面台地に移っても名物バーンの出だしはカチカチ。
なだらかになり始めたところでやっとトラックが残る快適なザラメに

a0115745_6305457.jpg

やっとはしゃげますね、川ちゃん

a0115745_6314713.jpg

上からザラメできたかった・・・

a0115745_6325336.jpg

滑りは大満足といきませんでしたが、充実感はタップリ
そんなわけで記念撮影

a0115745_634129.jpg

登り7時間半、下り2時間、標高差2000mの春の体力測定はおおむね良好です。

これからまたいろんなとこにいけそうです。
でもまだ春よりは冬って感じだなー
[PR]

by ura-sasa | 2011-04-13 23:37 | バックカントリー | Comments(3)
2011年 04月 12日

春の体力測定 焼山登山編

4月に入っていよいよ春山シーズン、のはず。
これからのザラメを楽しむには長い長いロングルートが待っている季節。
そんなロングルートに体が対応できているのか試すのにぴったりなのが、頚城ではこの笹倉温泉からの焼山。

今回は久しぶりに長谷川師匠の音頭のもと例年より早めの焼山チャレンジとなりました。
a0115745_20312230.jpg

6:30に笹倉温泉を出発。
雪が多いので案の定キャンプ場までの道は開いていませんでした。
メンバーは妙高チームよりGACTH、Nori、そしてエリックさん。高田より長谷川師匠、川ちゃん。
川ちゃんは焼山に嫌われた男、春に弱いのでここは鬼門です。今日は初めて山頂に立つことが出来るのでしょうか?

a0115745_20412026.jpg

1時間弱でつづら折の林道を登りつめて最終コーナーへ
ココを曲がるといよいよ焼山が正面に見えます。
見えるといってもはるかかなたなので・・・
a0115745_20444148.jpg

「Oh My God! 」と頭を抱えるエリックさん
嘘です。彼は地図をしっかり読んできているので距離も時間も了解済み

アマナ平到着
a0115745_20505776.jpg

アマナ平までちょうど2時間、順調です。
焼山台地を手前にしてみんなでボーっと山頂を見上げます。
何回来ても遠いなーと思いますが初めての3人はどんな感じで見上げてるのでしょうか?

このあたりは風も無く気温も上がって暑くなってきました。暑さに弱い川ちゃんが心配です。
でも今日はアミノ酸というドーピング剤を大量持参です

さあ!いよいよ焼山台地へ
雪の多い今年はルート取りも間単に上がっていけます。楽チンなのですが、ここで苦労したのがNoriくん。センター110の板にアルペントレッカーのNoriくんはカチカチのバーンにスリップして一苦労。こればかりは若さと体力だけではどうしようもありません。それでもなんとか台地の上に

a0115745_216655.jpg


台地上陸9:10。スタートから3時間弱いいペースです
焼山山頂が迫力あります
でもここからが長い

a0115745_21102221.jpg

登るラインがすべて見えます。でもまだ標高はぜんぜん低いんです。
プロトレックが壊れてるんじゃないかと思う位まだ低いのです。

ここからが焼山登山の真骨頂!
普段は暑さに耐えての登りが常なのですが本日は冷たい西風が心地いい

それでも台地を日に照らされながらだらだらと登ります。斜度も急激に増して西側に斜面を変える頃になると最後はつぼ足!
足が悲鳴を上げる人が出てきます。

そして本日は雪も硬いので余計な緊張も強いられます
a0115745_21195980.jpg


長谷川師匠はここでお約束のように足をつりました。

a0115745_21214280.jpg

a0115745_2122645.jpg

普段から職場の雪山で鍛えている(遊び呆けている)妙高チームはお先に安全地帯で一休み

a0115745_21275837.jpg

焼山自己到達点を着実に更新する川ちゃん。その後ろにつった足を数歩ずつ進める長谷川師匠

a0115745_21302377.jpg

12:45.お釜の手前でみんな揃って再スタート。山岳レースのようですね。

a0115745_213263.jpg

13:15。お釜の淵到着も妙高チームがお先に。

a0115745_21331739.jpg

13:30。足のつった長谷川師匠がラストかと思いきやガス欠の川ちゃんをかわしてブービーでゴールイン
川ちゃん、ラストになりましたが初めてここまでたどり着きました。

最後はみんなで山頂へ
a0115745_21361521.jpg

a0115745_21363746.jpg

14:00。みんな満足

a0115745_21371344.jpg

僕も満足

a0115745_21375128.jpg

山頂で眺望や活動中の噴煙をおっかなびっくり楽しんでから、いよいよ滑走へ!

a0115745_21393564.jpg

その前にお約束のお釜での尻セードー
ほとんど滑落ですね Nori

滑り編は次回
[PR]

by ura-sasa | 2011-04-12 21:41 | バックカントリー | Comments(2)
2009年 04月 21日

苦あれば楽あり

苦労して登ったあとは楽しい滑りだけです。標高差2000m!お釜の淵からスタート
a0115745_7154245.jpg

北面のルンゼに向かって快適に滑りこみます
a0115745_7182081.jpg

急斜面を華麗にすり抜けて
a0115745_7193170.jpg

メインディッシュの北面大地を爆走
a0115745_1115484.jpg

苦しいけど楽しい山です
a0115745_7234713.jpg

[PR]

by ura-sasa | 2009-04-21 07:25 | バックカントリー | Comments(4)