ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ

タグ:針の木岳 ( 6 ) タグの人気記事


2016年 05月 13日

連休後の一滑り

長い連休が終わってみると周りの山はすっかり初夏の雰囲気

麓から見える山には雪がほんの少しある程度。

このままシーズン終了してもおかしくはない景色になってしまいましたが
4月で終わってしまってはやはり寂しいので締めの一本を求めて扇沢へ

a0115745_22214529.jpg

期待しては来ましたが、ここもご多聞違わず少ない雪と全くもっての初夏の様相

しかも今回、ひとり計画してたのは赤沢岳でありましたが正面に見えてる茶色い壁に???

はじめて登るのでまだ見えぬ側には白い斜面が稜線までつながっていることを期待して夏道を歩きます

a0115745_22293083.jpg

堰堤に沿った道を歩くこと小一時間で大沢小屋手前で雪の上に

そして目指すはずの赤沢岳を見てみると・・・

a0115745_2232142.jpg

雪が無い。 あるけど滑るほど無くてつながって無い

だいぶがっかりです。予想を超えた雪解け状況でありましたが、反対側を見てみると

a0115745_22354514.jpg

蓮華大沢右俣はきれいに上まで白い道がついています

さっさと気持ちを切り替えてここを登って降りてくることに変更です

a0115745_22414745.jpg

今日はディナフィットのマーキュリーに代わって、シーズン中ゲレンデ使用していた
スカルパのフリーダムSLで初登り

a0115745_22453684.jpg

暑くなる予報通りのカンカン照りでしたが、雪は緩みすぎずスキーアイゼンが適度に効いて
細くなる斜度のきついところもシールで難なくあがりました。

暑さで多少息は上がりましたが。

a0115745_22492835.jpg

4時間ほどで山頂到着。
さすがの暑さで雲が湧いてきてしまいましたが、槍方面は一望

a0115745_22513022.jpg

a0115745_22521324.jpg

リベンジしたいあのラインもよく見えました
(来年かな?)

a0115745_22541299.jpg

滑りは一人ということもありあっという間です。

しかも青空広がってた肝心の滑り出しのところはgoproの操作間違えて写っていなかった!

雪はいいザラメ。さすがにノドを通過するあたりからは石が気になってしまいましたが、
デブリも溝もなくいい締めの一本になりました

a0115745_231297.jpg

こんな緑の道を歩くとシーズンも終了ですね

そんなつもりで帰りに白馬にらっぴーさんによってマーキュリーを修理にだしたら、
白馬はまだまだ滑れるよ~ コンディションいいよ~と言われて・・・

チャンス作ってもう一本行っとこうかな?の気分です
[PR]

by ura-sasa | 2016-05-13 22:14 | バックカントリー | Comments(0)
2013年 05月 24日

待望の蓮華大沢

何かと忙しかった5月。
落ち着いたところで?行く機会を逃していた蓮華大沢に滑りに行ってきました。

5月中旬の話ですけど

相棒は田んぼ仕事が小休止のエリックです

a0115745_22261732.jpg

駐車場のすぐ裏からスキーを使って(ちょっと藪が濃くて強引でしたが)針の木雪渓へ

ほぼスムーズに稜線にでて、目標は蓮華大沢ですけどその前に針の木岳へ

a0115745_2228286.jpg


スタートから4時間少々で山頂へ

a0115745_22311810.jpg


針の木からの眺めは最高ですね。
ここら辺では一番かも

眺めをしばらく楽しんでからドロップ

a0115745_22343431.jpg

a0115745_2234926.jpg


ちょっとゆるんだザラメが流れたりしましたがおおむね快適な針の木の斜面

一段滑り降りたところで峠へトラバース

a0115745_22355766.jpg

順調な上にいいお天気なので、小屋の屋根を借りてちょっとお昼ね

a0115745_22371276.jpg

峠からはアイゼンつけての歩き。

結構蓮華の山頂は遠いです。

お昼ねからのんびりモードなので、無理して山頂まで行かずに目的の大沢の右股にエントリー

a0115745_22415494.jpg

a0115745_2242359.jpg

a0115745_22422342.jpg


滑り出せるところは広大で今回は雪もよくて最高の沢でした。

中間部はちょっとゆるすぎる雪もありましたけど滑り応えのあるいい沢ですね

帰りも楽チンだし

a0115745_22454119.jpg

最後の広いなだらかなココがえらい気持ちよかったです
[PR]

by ura-sasa | 2013-05-24 22:47 | バックカントリー | Comments(0)
2009年 05月 25日

残念!

a0115745_695265.jpg

今日はあの山並みのなかにいるはずだったのに、自らの体調不良(ウィルス性腸炎?)のために中止になってしまいました。
天気も悪かったのが気分的には救いですが、楽しみにしていた仲間には悪いことしました。申し訳ない。
このままではお腹もしまらなければ、シーズンまでもしまりなく終わりそうなので何とか今週末!逆転の一滑りをして終わらせたいところです。
[PR]

by ura-sasa | 2009-05-25 06:28 | 近況、その他 | Comments(0)
2009年 05月 21日

よかった!

針の木岳よかったです。人気あるのも納得です。滑る斜面もいいですが、眺めがいいですね。黒部湖の湖面の色がやたらきれい。
a0115745_2350997.jpg

a0115745_23525349.jpg

槍、穂高もくっきりでした。またむこうの方にもいきたいです。
a0115745_23555721.jpg

a0115745_2357863.jpg

slowtrackさんに撮ってもらいました。長い時間かけて登ったあとのこの快感がたまらないけど、あっというまです。のぼり5時間半で滑走30分弱。数字だけみると割りの合わない感じですが、満足感は1日中リフトパウダーを滑ったときよりもこちらのほうが高いのが不思議です
a0115745_23591210.jpg

来週はこちらにお邪魔します。晴天希望します!
a0115745_0155562.jpg

新緑も色濃くなってそろそろ滑る季節も終わりですね。来週がフィナーレかな
[PR]

by ura-sasa | 2009-05-21 00:08 | バックカントリー | Comments(0)
2009年 05月 19日

路線変更でこちら

白馬の雪渓に門前払いをくらって、おめおめと妙高に帰るのはふがいないので思いついたのがここ。
a0115745_21141090.jpg

三大雪渓のもうひとつ。針の木です。あとひとつはどこだっけ?急な変更で地図もなく、しかも初めて。観光案内所でトレッキング用のマップをゲットしてスタートです。ほんとはこんな山行いけないんですけど、天気もいいしいけるところまでということで板を背負って夏道を黙々と歩きました。1時間以上。実はえん堤沿いに楽なルートがありましたが、それは帰り道に判明。雪渓に出てみると案外三大雪渓の針の木雪渓が短く見えます。
a0115745_2127212.jpg

a0115745_21275323.jpg

あっという間というか案外楽にマヤクボ沢との出合まで到着。山頂がもう目の前に見えます。これは針の木山頂に立たなくては!アクシデントからの路線変更で遠慮がちだった入山から欲が出てきました。
a0115745_21364376.jpg

でもここからが長かった。いい景色に癒されつつも、ヘロヘロです。最後の岩場歩きは拷問のよう・・・
a0115745_21374152.jpg

5時間半でした。白馬からの旅路を含めれば7時間半。なんだかんだでも初登頂、景色最高。
a0115745_21432748.jpg

山頂からスタート!山頂左脇の岩の間をすり抜けます。ちょうどいい斜度です。
a0115745_21441259.jpg

a0115745_21445883.jpg

a0115745_21452628.jpg

当然、滑りも最高!フィルムクラストの破片が逆光に光ながら流れていい感じでした。滑り手はslowtrack
さんです
[PR]

by ura-sasa | 2009-05-19 21:51 | バックカントリー | Comments(3)
2009年 05月 18日

門前払い

今日は白馬鑓ヶ岳。朝5時にslowtrackさんと合流して、いざ白馬へ。
風が強いのが少々気がかりでしたが、よくなるだろうと期待して7時には白馬に到着。きれいに白馬三山が見えてきたいが高まったところに!?
a0115745_2325332.jpg

通行止めです。猿倉にいけません。雨量が多かったのは昨日でしょう?
途方にくれるこの仕打ち。去年は濃霧のため岩室で敗退、おととしは強風のため杓子と鑓の鞍部でgive up。ことしは登山口にも入れてもらえず敗退。縁のない山というのはあるものです・・・
しょうがないので目標を変えました!そう簡単には山をあきらめません。白馬を離れて7時間後、僕らはここにいました。
a0115745_231407.jpg

a0115745_23145611.jpg

滑り、景色ともに満足。詳しくは明日に・・・
[PR]

by ura-sasa | 2009-05-18 23:16 | バックカントリー | Comments(0)