ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 21日

快晴の妙高山 その1

完璧な青空の下、パト仲間のNoriくんとともに妙高山をめざしました。
a0115745_22362667.jpg

最近は山に行くと知り合いがいる確立が高くて、今回は今シーズンか妙高に住んで遊んでばかりいるエリックさんが友達をつれていました。いた!っていうよりAKAKAN発のシャトルバスから乗り合わせてましたけど・・・

杉の原第3高速からは週末に築きあげられた街道のようなトレースに導かれるように楽々三田原稜線へ 街道が舗装されすぎててシールが効かないくらいでしたが1時間ちょっとで到着。
あまりにも天気がよすぎます
a0115745_22435686.jpg

北アルプス一望。稜線までの間にこんな写真も撮りながらでしたが早く着いちゃいました。

エリックさんたちは更に早くて姿が見えません。最初の鞍部は風で消えかかってましたがトラックだらけのようなので、三田原山頂手前か次の鞍部からドロップすることにして稜線を進むとその、次の鞍部にエリックチームがいました。考えることは同じか・・・

もう滑るそうなので、お二人の滑り具合で三田原までいくか決めることにして観戦

a0115745_22521819.jpg

エリックさんドロップイン!
a0115745_22533185.jpg

風にやられているかとおもいきや・・・なんかいい雪みたいです。
a0115745_2255042.jpg

エリックさんが長い腕でおおきな丸を作ってくれたので、ぼくらもここから滑ることに決定

a0115745_22571820.jpg

a0115745_22574979.jpg

躍動するNoriくん。ところにより薄いウィンドパックがあるものいいパウダーです。
やっぱりここの雪はすぐには腐りません
a0115745_2301866.jpg

さすが元レーサ。ダケカンバがラピッドポールに見えます。実際あたったらNoriくんのほうが倒れるでしょうけどね。

a0115745_2323340.jpg

大満足にて火口原でランチタイム。僕らはここから妙高山頂を目指すので彼らとはここでお別れ

妙高山本峰編はまた明日

最後に本峰を登ってるときに三田原から滑ってきたスノーボーダーの滑りをバービーショット
a0115745_2355768.jpg

a0115745_2362412.jpg

8人ぐらいだと思ったけど皆さん見事な滑りでした。
[PR]

by ura-sasa | 2011-02-21 23:09 | バックカントリー | Comments(0)


<< 快晴の妙高山 その2      SKI NOW! 2011 >>