ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 26日

結局は大渚山へ

晴れが続いて気温も上がり山の雪がどんどん駄目になってきた今週の木曜日。
Gacthさん、Taka-Cさんとどこに登るか?
標高の高いオープンなとこはクラストして駄目だろうと思い雪が沈んでいることを期待して低山狙いに。

僕は黒倉・鍋倉が頭にあったのですがGacthさんが糸魚川・小谷にある真那板山にいってみたい!と。
地図で見るとよさそうで目をつけていたというのでちょっと調べてみると、滑りにいってるひともちらほらいる模様。
こんな日は新しい山が新鮮で楽しそうなのでGacth案採用で行ってみました。

a0115745_5415742.jpg

現地に到着して目標の山を見上げて一言「杉だらけだな・・・」
どうみても滑って楽しそうには見えない。
登ると他の斜面でいいとこがあるかもしれないけど一瞬で終わりそうなのでここは却下。

一転して大渚山に行くことに。

そんな動きをしてたので大草連からの登り始めは10:30をまわっていました。
a0115745_5482022.jpg

今シーズン初山のTaka-Cさん。
道具一新で軽やかにといきたいですが、ちょっと体のほうが重そうか?
でも快調に標高あげていい汗かきながらブナ林を行きます。曇り気味なのも幸い。

a0115745_5512419.jpg

a0115745_5534496.jpg

2時間少々で山頂に到着。遅いスタートでしたが13:00前には山頂に立てました。
a0115745_5552984.jpg

意味不明の登頂記念ダンス・・・
a0115745_5564519.jpg
]
眺め良しです。4回目の大渚山ではじめて視界良好。広い山頂をしばし散策して楽しみます。
天狗原・金山、ホームの妙高山は残念ながら雲がかかる。
a0115745_2215219.jpg

立派な雨飾山
a0115745_2232518.jpg

山頂は風もあって結構寒い。でも青空も広がっていい感じ
a0115745_5593342.jpg

滑りだしは一番東のピークから東面を。
こんな斜面があったんだと感動、雪は期待できませんけど。
a0115745_615880.jpg
a0115745_621911.jpg

Gatchさん。なかなか深いザラメ雪です。ザラメパウダー15cm。
a0115745_635197.jpg
a0115745_641361.jpg

雨飾をバックにTaka-Cさん。この滑りが湿雪デロデロ雪崩を生み出します
a0115745_66215.jpg

雪まくりも出まくり
a0115745_610624.jpg

a0115745_6102365.jpg

ブナ林を抜けてまた開けた斜面へ
a0115745_6111711.jpg

a0115745_6114077.jpg

a0115745_612627.jpg

右のスカイラインをたどってオープンバーンに、雪がもう少し締まってたら大満足。
でもいままでガスのなか左の林をたどるように降りてばかりだったのでいい収穫
a0115745_6151429.jpg

雪はいまいちでしたが眺めも楽しんだし気持ちよくフィナーレ。
帰りは奉納温泉というなかなか味のある温泉で汗を流して帰ってきました。
[PR]

by ura-sasa | 2011-02-26 06:15 | バックカントリー | Comments(0)


<< 大雪の妙高を後にして      快晴の妙高山 その2 >>