ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 17日

その日の山行

東日本大震災がおきて1週間。
1週間前のその日、ちょうど山スキーに行っていました。
天気は下り坂の予報だったので半日で終わるところということで関温泉から神奈山の中腹に行くことに
a0115745_840164.jpg

めざすは”ココ”で幕の沢に向かって降りるという、スムーズに行けばお昼には下山してしまう予定でした。
a0115745_8432396.jpg

関の第3は動いてないのでリフト横の林をラッセルして上がりましたが、久々の膝ラッセル。
しかもTAKA-Cさんのシールが早々にはがれるトラブル発生。途中で付け直ししたりして何とか第3の上に。
もう一人はNZからきたジェームス。こちらはBCガイドの手伝いをしてるのでとても元気

a0115745_8492100.jpg


降雪後にあがった人はいなかったようでこの先もノートラックのフルラッセル
立派なブナを眺めながらですが雪も舞って来ました

a0115745_852926.jpg

先頭を変わりながら突き進みます。若干、ガイド二人にゲスト1人的な雰囲気ですが・・・

a0115745_853559.jpg

苦しい顔のTAKA-Cと余裕の笑顔ジェームス。

a0115745_8545754.jpg

いい汗をかいて本日のドロップポイントに到着。ココではみんな笑顔。
雪は間違いなく最高です。ご褒美にちょっとだけ日がさしてくれました。

後は北斜面に滑り込むだけ
a0115745_8573528.jpg

a0115745_858249.jpg

ジェームス
a0115745_9183614.jpg

a0115745_920996.jpg

TAKA-C

a0115745_859172.jpg

幕の沢に下りると急に天気が悪化してガスと降雪でホワイトアウト状態に

滝の脇をすり抜けるときもボトムがよく見えずに慎重に動いてとても苦労,ちょっとエクストリームな場面が続きました
休暇村への出口までも何も見えず、普段ならほとんど滑って出れるところが歩いての脱出行になってしまいました。
a0115745_934688.jpg

ヘロヘロになって駐車場に帰還。1時半をまわっていました。予定よりもだいぶ遅くなってしまいましたが、この後の激しい揺れを思うと天気が悪くなる予報でよかったな・・と。

もし快晴の予報だったら1日行動する山を選んで山の中で地震にあっていたかもしれません。
注意しても防ぎようのない天災に、その後白馬からの事故のニュースをきいてボーっとするだけでした。
[PR]

by ura-sasa | 2011-03-17 09:10 | バックカントリー | Comments(2)
Commented by 危なかったですね。 at 2011-03-18 10:29 x
見方です。
あの日、山に行っていたのですね。
ご無事でなによりです。
当日は、取材で長野にいたのですが、取材が思いのほか早く終わり、早々に帰宅。
地震は、銀座の通りで遭遇。
ビルが、こんにゃくのように揺れていて行きた心地がしませんでした。
ご家族は大丈夫でしたか?
見方家は、盛岡の実家も含め大大丈夫です!
Commented by ura-sasa at 2011-03-18 21:15
揺れまくりましたが、みんな大丈夫です。見方さんもご無事でなによりです。僕の実家は福島ですが両親はじめ親戚みんな大丈夫のようです。叔父が石巻で被災して救助されるまで3日かかったのにはかなり心配しましたけど。
今回の地震はどこにいても紙一重、運よく被災しなかっただけって感じです。この運を大事にして用心しつつも自分のライフを続けて行きたいですね


<< やっぱり山へ      地震による雪崩痕 >>