ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 18日

乙妻山北東斜面でザラメ堪能

雨だと思ってたのが、1日ずれて月曜日は快晴とのこと

ほんとかよ!!??と疑いつつもそれならば山へ行こうというわけで

行ってきました乙妻山へ

スタートは7:50。戸隠大橋から
a0115745_22544789.jpg

メンツは先週の焼山に引き続きのエリックさんとGACTHさん、そして僕の三人。
四十路ーズです。でも軽快にツアーが出来そうな予感

a0115745_2305315.jpg

1時間半ほどで佐渡山の鞍部に到着。高妻山が立派なブナの木々の間から見えます。
ここから氷沢川へ滑り降りて乙妻と高妻の間の2297峰に登りつめる尾根に取り付きます。

a0115745_2362025.jpg

広めの河原からは2297峰の真っ白なピークが見えて、尾根に取り付いた途端に高度が一気に上がって背後には妙高山が!

この時点で微風のため暑さで汗が吹き出てきました

a0115745_2394861.jpg

1910mの細尾根の手前。
高妻の頂上も近くに見えてきました。一回は高妻のピークからも滑ってみたいですが降りてからの谷の処理が楽しくなさそうです・・・

ココまでかなりいいペースです。スタートから2時間半ほど、でも絶好調なのは僕だけのようで二人は前日や週末も山に入っていたので少々お疲れ気味。
急ぐ必要もないのでここらから休憩を多めにとってのんびりと


a0115745_2316239.jpg

天気も上々です
a0115745_23241334.jpg

シラビソに囲まれた細尾根をすぎると、

三年前に滑った2297峰(中妻と呼ばれてたりするらしい)からのオープンバーンを直火焼き状態で登ります。
a0115745_2323539.jpg

ほぼ無風なの蒸し焼きとも言う

今回は乙妻山頂なので2297峰にはよらずに一直線に乙妻へ
a0115745_23281310.jpg

稜線に出るとポコンとお椀をふせておいたような山頂が。
ココまで来れば後は楽勝です。

a0115745_23301453.jpg

12:45乙妻山頂到着。約5時間でした。

a0115745_23325375.jpg

山頂からの眺めもいいですね。完全なパノラマ、北アルプスから頚城3山まで一望です。

そしていよいよ北東面の滑走へ
a0115745_2335201.jpg

山頂からエリック。
a0115745_23371166.jpg

尾根からオープンバーンへ
a0115745_23375859.jpg

ゲレンデのような斜面が下まで続いています

a0115745_2339432.jpg

春はザラメに限ります!
やっと快適なザラメに今シーズン出会いました。

a0115745_23411562.jpg

今シーズンもさんざんパウダーを味わった黒姫山をバックにザラメを絶賛

a0115745_23424654.jpg

GACTHさんも飛ばします。
a0115745_23433810.jpg

あっという間に山頂からココまで。滑ったラインが銀色に輝いてます

a0115745_2346354.jpg

大満足。

なだらかになった1600mあたりで氷沢川に向かって滑るのをやめて、エリック案でトラバースして登りで取り付いた尾根の河原に向かいました。

a0115745_23504099.jpg

これが大正解で難なく河原へ
そこからはまたシールをつけてだらだらと佐渡山の鞍部めがけて登ります

a0115745_23515756.jpg

氷沢川はまだいたところにスノーブリッジがかかってました。
佐渡山からの下りがもう少し楽しく滑れれば言うことなしなのですが

a0115745_23555499.jpg

最後は滑らない雪の林道をヒールフリーにして大橋へ

駐車場到着は15:30
a0115745_23581243.jpg

お疲れ様でした。やっと春山らしくなってきたぞ
[PR]

by ura-sasa | 2011-04-18 23:59 | バックカントリー


<< 月曜日のトラックデータ      スキーアイゼン >>