ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 03日

火打ー澄川の長い下りの話

昨日の続きです
a0115745_17504894.jpg

約2000m付近。
この先から斜面が緩やかになってデブリも見え始めました。

長い下山路の始まりなのでした。

a0115745_1802674.jpg

左右から茶色いデブリがそこかしこに
でも沢自体は広いので薄気味悪さはあまりありません

大体はかわせるデブリたちですが中には規模が飛び切り大きなやつも・・・
a0115745_1833773.jpg


完全に対岸まで届いていたのでそのデブリを横断

a0115745_1843628.jpg

春はいい板は使えませんね。
あまり気にしないほうですけど。

a0115745_1863416.jpg

降りれば降りるほどスケールの大きなデブリショーが見られます
a0115745_1856227.jpg


a0115745_1884879.jpg

デブリの卵たち。
長い道のりなので途中休憩したいところですが、休む場所は要注意ですね。

a0115745_18133571.jpg

かといって神経ピリピリになるほどでもなく、あきれるほどでかいデブリと記念撮影。

雪のきれいなときにきたら最高の景色が見られそうですが新雪がありすぎても雪崩が怖くていけませんねー

でもそのうち挑戦したいな

a0115745_18154861.jpg

後半は雪は白くありませんでした。
途中1200mあたりで容雅山への登り口やハンノキ平への登り返し口を探りながら黒菱側との出合へ

a0115745_1818274.jpg

13:00黒菱側出合
思いっきり割れてますね。
このまま澄川沿いに・・・という希望を打ち破るわれかたでした。

a0115745_18255244.jpg

発電所の尾根に取り付くためにスノーブリッジを求めて小尾根をまいて一汗。
a0115745_18263579.jpg

春のツアーらしくなってきましたよ、Slowtrackさん!

a0115745_1828896.jpg

発電所の尾根に到着。14:30

背後には鬼が城と濁俣川。
出だしは平坦でしたが後半は結構スリルが楽しめそうです。来年の課題かな

この後は久しぶりの第3発電所の送水管沿いのライン
a0115745_1832058.jpg

a0115745_18324663.jpg

結構楽しいラインですよ。
ワイヤーだけお気をつけください。

a0115745_1834342.jpg

15:15。ARAIスキー場閉鎖以来ご無沙汰になっていた第3発電所。
名物のつり橋を渡って帰り道へ

帰り道は長いクロスカントリーコースです
a0115745_18372196.jpg

スキーが滑るときとそうでないときでだいぶ疲労感の変わるクロスカントリー林道ですが、本日は滑らないほう・・・

45分かけて滑りきりました。
a0115745_18413317.jpg

Slowtrackさんは最後はあきらめて徒歩でゴール

岡沢到着16:15

9時間半の長いツアーでした。
先週だったら澄川沿いに降りられてもう少し楽だったでしょうね。
でもこの時期に澄川にこれただけでもOKです。
[PR]

by ura-sasa | 2011-05-03 18:45 | バックカントリー | Comments(0)


<< 澄川のトラックデータ      火打山から澄川へ >>