ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 17日

ちょっと考える

最近ネット上で見つけた映像です。

なじみのありすぎる場所なので最初は単純に眉をひそめましたが

人の振り観て我が振り直せで、ちょっと考えました。

自分だったらどうだろう?

最初の二つの雪崩はありえることで、自分で起こす可能性も高いです。

その上でまずいな、と思ったのは

1.二人同時に滑っていること(雪崩の有無は関係なしに)

2.雪崩が起きたあとに危険回避のやりとりなしに滑っているように見えること

3.滑ったところを登り返すツアーで、この人数(15人位)だったら遅くても2発目の雪崩で滑走中 止でよかったのではないだろうか?

4.あの上り返すラインと登り方は安全だったのだろうか

5.そもそもこのパーティに絶対的なリーダーはいたのだろうか

ビデオで見る限りで感じたことなので実際は違う!というのもあるはずでしょうが、

一番のまずいな、は5.のリーダーはいたのだろうか?につきるかな。

自分たちでも仲間うちのいつものメンバーになってきているので、ルートによってはリーダーがぼやけがちになってきてる気がします(いわゆる慣れですね)。気をつけなきゃ

気心のしれた仲間のときこそ、常にいろんな打ち合わせをしてから行動しなければ(特に滑り出し)
とおもいました。

シーズン前に勉強になるビデオでした
[PR]

by ura-sasa | 2011-10-17 21:49 | バックカントリー | Comments(2)
Commented by maru at 2011-10-20 23:40 x
ここがこういう風に落ちるのをはじめてみました
3月上旬あちこちで雪崩れたとは聞いてましたが・・・
上からコレ見てすべる決断したのも凄いですが
登り返したのもまた凄い!

シーズン前にいい勉強になりましたが、恐怖が脳にインプット!・・・
Commented by ura-sasa at 2011-10-22 08:58
>maruさん

前日の明け方までかなりまとまった降雪があった日ですね、この日は。
ここはよく落ちますよ。特に左側。
でもこれだけの範囲で崩してあの人数で滑っちゃうのはやっぱり凄い判断ですね

映像で見る限りは上り返してる斜面の上にまだ落ちてきそうな雪も見えてるし・・・大丈夫だったのかな?

この中に知り合いがいたら詳しく聞いてみたいですね


<< 夏の仕事の終わり      私的FALL LINE >>