ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 28日

ようやく試練と憧れの山へ 

先週に久しぶりの休みにウォーミングアップをかねて大日岳にいって、

今週はいよいよ本命の剣岳に行ってきました。

ウォーミングアップでオーバーヒートしてしまって太ももの筋肉痛がいえてない中3日でのチャレンジですが、歩いてりゃよくなるだろうってことで本命目指します。
今回は前回の失敗を踏まえて、前日のうちに準備万端、夜明け前に我が家をスタート。

順調に車を走らせて馬場島のはずが、曲がる道を一箇所間違えたばかりに勘違いに勘違いが重なって滑川と魚津の間を右往左往して馬場島へ道を探す羽目に。

結局、馬場島到着は8:00・・・迷走でした。

昭文社の登山地図で登山口まで行こうとしてはいけませんね。

間抜けなレイトスタートでどこまでいけるかわからないけど、とりあえず出発です

a0115745_14314287.jpg

「試練と憧れと」今日は馬場島までが第一の試練・・・  とほほな8:07スタート

またもどこまで上がれるかわからない時間勝負なったので、先週に引き続きペースを無視してひたすら登っていくことにしました。

a0115745_14471156.jpg

いきなりの急登を20分ほど上がると1000m表示の尾根に

逆光に目指すピークが高すぎる。遠いな・・・

a0115745_14363111.jpg

立派な立山杉が並ぶ尾根道はダブルストックで軽快に、四足動物感覚で太ももにも負担なく歩きます。

これも先週の反省を踏まえてのストック使用よる足の負担軽減策。

日は昇ってますが、こんな立派な立山杉の中と雲が湧いてたおかげで暑さに苦しむこともなく、
気がつけば1時間で標高差500mを稼いでました。

そこで単純に、500mペースで上がれれば4時間半で山頂に着くわけだな・・・
なんて虫のいい計算をしながら先を進みます

a0115745_14581386.jpg

11:00 早月小屋到着。
なんとここまで、虫のいい計算どおりに登ってこれました。

どこまでいけるかなと思ってのスタートでしたが、天気も安定していて足も前回のような悲鳴も聞こえてこないので、ここで山頂までが射程距離内に。

目指すは山頂あるのみです

ちょうどこの時間は早朝山頂へ行った人たちが小屋に戻ってきた時間帯でした。


a0115745_1553036.jpg


小屋から上は雲の上にでて、剣らしい山が見えてきてテンションあがりました。
同時に日に照らされて体温も上がります。かなりアツイ

標高も地元妙高山を越えたので心なしかきつく感じる高さです
a0115745_158186.jpg

今回はこの雪渓に救われました。

ほてった顔・頭・腕を久しぶりの雪で冷やして生き返る。やっぱり雪っていいな

a0115745_15111499.jpg

ここまでくれば山頂はもうすぐそこなはず。

ただこの地点で自分に高度計は2700m、道標を信じるべきなんだろうけど、なぜか早月尾根の道標1600mが1500mのところにあったのでそっからどっちがあっているのやら・・・疑いながらもしっかり確かめることもなくのぼってきたのでした。

残り200なら楽だけど、300なら厳しい時間だなあ、の12時40分

この先からはそれなりに剣らしい?鎖場が続いて

a0115745_1524051.jpg

ここのワンポイント、アンカーボルト1本の足場だけちょっとビビる

そして13:20
a0115745_1525427.jpg

ついに到着。
遅いおかげで山頂一人占めでした。

高度計が狂ってました100mぶん。1600mあたりまではあってたのでどこからずれていったんだろ

下り編はまた次回
[PR]

by ura-sasa | 2012-08-28 15:27 | 夏山 | Comments(0)


<< 早月尾根を一所懸命くだりました      ウォーミングアップでオーバーヒ... >>