人気ブログランキング |

ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 10日

鉢山へのエスケープ その2

ピークに着いたわけでもないけれど昼闇のテラスで眺めと昼飯をゆったり楽しんだら
鉢山の北面へ

妙高にきて山を教わり始めたころに立てつづけに連れてこられて以来の山なので
20年ぶり??

a0115745_21514570.jpg

とりあえず稜線伝いに昼闇ー鉢山間の鞍部へ

a0115745_2155668.jpg

昼をまわりましたが木にはまだきれいに雪がついてます。暑いけど。

それにしても20年前は連れられるままにここから稜線にしがみついて鉢山山頂まで上がったのですが、
a0115745_21582853.jpg

よくこの稜線を板かついであがったなー!??って感じ
今年の雪のつきかたが悪いとしても当時も2回とも藪を漕いだりにぎりしめたりしながら登ったので
それほど大差はないと思うのだけれど
無我夢中だったからいけたんだろうなあ。

今回はもちろん狙いは山頂にはなく岩壁のしたから滑れば満足です

a0115745_2242622.jpg

というわけで崖下ハイトラバース。

雪は良さそうです。
申し訳ないのはスノーボードのデーブには無理なラインどりのため

鞍部からそのまま滑り出し、スマン

a0115745_2274751.jpg

それでも広くてゆったりした斜面だから楽しめたかな?

スキーチームは鉢山の窓をバックに最大傾斜線を降ります!

a0115745_22101453.jpg

エリックから!

a0115745_2211636.jpg

a0115745_221294.jpg

a0115745_2213229.jpg

文句無しの気持ちよさ。昼闇敗退に悔い無し

a0115745_2215473.jpg

デーブも合流。

そして最後はカヨコさん
a0115745_22165085.jpg

a0115745_22171794.jpg

満足。

阿弥陀・烏帽子をバックに記念撮影
a0115745_22182632.jpg


後はまた鞍部に上り返してアケビ平にむかって滑るだけ

またも景色を楽しみながらゆったりします。

ゆったりついでにデーブは雪のカンガルーを作成
a0115745_22213140.jpg


触発されたエリックがカナダ式雪だるまを作成に
a0115745_2224667.jpg

結構、丁寧に作っております

a0115745_22224181.jpg

完成。向こうは3段重ねが常識だそうです。オラフだね。

オラフに別れを告げて再び鞍部へ
a0115745_2227406.jpg

a0115745_22281572.jpg


鞍部からの滑りも十分楽しめました。
こちらはナチュラルな起伏も面白く、後半は多少ストップ雪につかまりましたがおおむね良好。

a0115745_2232461.jpg

a0115745_22333025.jpg

ここはデーブもしっかり楽しめました。

a0115745_22344326.jpg

a0115745_22354339.jpg

滑るとあっという間ですね

a0115745_2237223.jpg

a0115745_22392227.jpg

さんざん眺めた山も遠くなり、あとは沢沿いをひたすらダウンヒル


上部は急激に雪不足になりそうですが下の沢沿いはまだ豊富かな
a0115745_22411890.jpg


最後にアバウトなトラックデータ
a0115745_2243152.jpg


by ura-sasa | 2015-04-10 21:45 | バックカントリー


<< 火打山の北側へ      昼闇から鉢山へエスケープ >>