ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 30日

焼岳アドベンチャー? まずは北峰へ

腰痛から復帰したGatchさんと今年初山行。
4月からようやくスキーしだしたところで、どこ行く?って相談したところ

「焼山」。

病み上がりでロングルートで大丈夫???なんて心配したら

「焼岳」だよ、と。

Gatch案では下堀沢を上がって滑るということでしたが、調べてみるとこの時期そんなとこから
登ってる人はほとんどないし、ましてや滑ってる人も皆無。

初めてだし普通に中の湯から行きましょうよと

9:00登山口スタートです

a0115745_6364259.jpg

今回もデーブ一緒です。
体力あって時間あって山好きなんでひとりでもあちこち行ってるみたいです。

夏道を行くとすぐ沢地形のところで雪の上、ここで夏道は尾根をひたすら上がるだけなのですが
シールで歩きたいGatchさんが沢づたいいけば雪があっていいんじゃない?ということで
西側からまわりこんであがってみました

a0115745_744230.jpg

夏に来ても美しそうな池塘を通って森の中へ

妙高でイメージするような沢地形に雪がたまっていて適度な間隔の広葉樹林を歩く・・・
などというイメージはここには当てはまらず、どちらかというと針葉樹林の混んだなかを
沢をひろって縫うように歩く、という感じ。

それでも歩きづらいことはなく快適に登っていけましたが、滑っておりる楽しさはないかな?

途中どこからか飛んできたのかHappy Birthdayの風船がお出迎え

a0115745_711561.jpg


2040mで夏道に合流。
最後は斜度がそれなりできつかったですが、シールでそのまま乗り上げたので悪くないルート。
理想はもう一本東のから2037mにダイレクトにいければ最高だったかも(青ライン)

a0115745_7163528.jpg

デーブは「アドベンチャーだね」と笑顔

夏道合流とともに目指す焼岳が気持ちよくドーンと登場
a0115745_113746100.jpg


山の雰囲気はやはり同じ火山の焼山と似てますね
目の前に登場するのはこちらのほうがかなり早くて楽ですが、
2時間半ほどでここまで、理想どおりで来てれば2時間てとこかな

a0115745_1153217.jpg

あとはひたすら山頂まで一直線
難しいところもなくスイスイですが、ここのところの暑さは本日も変わりなく暑い!!

この見事な地形は暑さも倍増で抜け出すまでは結構な地獄でした
a0115745_1253745.jpg


噴煙が近づいてくるといい風もあたりだしてきぶんもよくなっていきます

a0115745_12162530.jpg


それにしても近いな。
最近の流れではちょっと喜んでのぞき込みにいくのははばかられる・・・

と思いながらも登山道はそのすぐそばなので、ぐるっと噴煙を覗いて回り込むようにして北峰山頂へ
12:30でここまで約3時間半。

地元の焼よりだいぶ近い。
a0115745_12255693.jpg


眺めは最高

a0115745_12311125.jpg

槍・穂高方面
a0115745_12322734.jpg

乗鞍方面
a0115745_12352764.jpg

山頂の岩を楽しむデーブ

南峰からあがってお鉢に滑り込むスノーボードのグループ
a0115745_12373020.jpg


そういう遊びのラインもあるのかーとちょっと羨ましく見学。

ひとしきり山頂をたのしんで、あとは僕らも滑るだけ、もちろん南峰も行きますけど

滑り編へ続きます、
お先に今回のトラックデータ
a0115745_1475030.jpg

赤ー登り、 ピンクー滑り、 青ー登りたかったとこ
[PR]

by ura-sasa | 2015-04-30 05:58 | バックカントリー | Comments(0)


<< 焼岳アドベンチャー? 南峰から下堀沢      新緑散歩とシャルルの再チャレンジ >>