ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 26日

守門岳は・・・


四月最後は久々一緒の行くGACTHさんのリクエストで守門岳。
雪が少ない今シーズンに守門岳は今一つ疑問符がちらつきましたが、自分も行ったことのない山なので
ダメならダメでもそれも経験ということで話に乗って、パトの若手をまきこんで

いざベースの大原スキー場へ
朝の土砂降りが止むのを待って9:45スタート
a0115745_02410051.jpg
自分のところのホームゲレンデはGWまで持たずに終了だったのに、ここはなぜかバッチリあります。
通常営業は終了だけど、レース合宿使えるとのHPを見たことも案外守門岳も行けるかも・・・と思った一因。

ゲレンデの途中から林道にラインを移して、残雪期の最後に皆さんが滑ってる沢を登ることに。
a0115745_02404885.jpg
新緑がとてもきれいでした。朝の雨も止んで爽やかになりそうな気配なのですが、上部は霧の中
a0115745_02403956.jpg
地図と残雪を見つつ、山頂よりを行きたいなと考えるGatchさんですが、見えないので大原スキー場からの稜線にそった雪渓を上がることに。ほかの方の記録を見ても最後まで滑っているラインはそこなので
a0115745_02393696.jpg
a0115745_02395506.jpg
はじめは軽快にシールで上がってましたが、最後はツボ足と藪漕ぎで守門岳の稜線へ
結局雪はとぎれてましたが、藪漕ぎはほんの少しでそこを乗り越えると別天地がまっていました
a0115745_00392143.jpg
あまりのも違いすぎる景色感動
なぜ、こんなにも急に雪原になるかな?
a0115745_00385367.jpg
でも山頂間際はきわどいです
a0115745_02452227.jpg
最後は夏道を歩いて山頂へ
a0115745_02441526.jpg
14:00山頂到着。遠くは少しかすんでましたが360度の完璧な眺め
a0115745_02390868.jpg
見慣れていない山並みに山座指定が定まらず3人で盛り上がる。生憎、ホーム妙高山は霞んでわからず。でもたぶんこの方向
a0115745_02383139.jpg
隣のあのピラミッドな山頂にもそそられますが、とても行けそうにないのでかえります
a0115745_02374678.jpg
a0115745_02431906.jpg
a0115745_02372094.jpg
山頂から北側回り込んで本高地沢へ気持ちよくすべ込んでの登り返し。
北側の硫黄沢へも一本滑りたかったけど時間的にアウトでした。

後々もっとアウトな感じになりましたが。

一滑りした後は登ってきた稜線に登り返して、あとは行きと同じラインで帰れば無難だったわけですが、
登るときに雲のせいで見れなかった山頂よりの沢がどうしても気になるGacthさん

確かに滑り出しはきれいな斜面でそそられます
a0115745_02362828.jpg
ダメなら登り返そうということで、吸い込まれていきました。

a0115745_02360700.jpg
a0115745_02425912.jpg
結構いい感じでした・・・けど
a0115745_02425503.jpg
a0115745_02353130.jpg
そう甘くなく
引き返すタイミングを外した結果、雪を求めて藪をトラバースする羽目に
a0115745_02344281.jpg
だんだんシビアな状況になって、最後は
a0115745_02342621.jpg
雪を求めて懸垂下降20m

a0115745_02422456.jpg

安堵の安全地帯。あとは間違いなく気楽に滑って降りる
a0115745_02332766.jpg
こんな滝地図じゃわかんなかったよ~と嘆き、笑いながら降ります。
a0115745_01330960.jpg
a0115745_02325781.jpg
かなりてこずってしまったので日もだいぶ落ちてきてました
a0115745_02321191.jpg

滑り下りて感慨にふける本日のリーダー
雪が繋がっていたのは登りに使った左のラインだけでした。
真ん中の雪とロックバンドを延々トラバースしてたのかと思うと笑えてきます

朝にこれだけ晴れて見えていたら本日のアトラクションはなかっただろうなーと思いつつ
いろいろ三人であれやこれやと騒ぎながら降りてこれたので充実感満載でした
a0115745_02412121.jpg
17:45大原スキー場下山
a0115745_02293845.jpg
今回のライン。1348ピークからの東寄りの下りラインはお勧めしない迷走ルートです

[PR]

by ura-sasa | 2018-04-26 23:22 | バックカントリー


<< 早いけどおそらく滑り納め 白馬鑓      春スキーはじめは岩菅山で >>