ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:バックカントリー( 220 )


2019年 02月 19日

妙高山北面から満月の前山へ

高谷池宿泊チームと合流すべく妙高西面に回り込んでいると
さっきまでなかった所にあらたなラインが三田原山側から一本
a0115745_13473410.jpg
合流チームは二人だし、誰だろう?
先をいっていた外国人が一人いたけれど初めてでここまでのきれいなラインは
ひけないでだろうし、可能性ある人はこんなに早く登ってすべれるかな?
なんて話ながら眺めていましたが、正解は可能性のある人が思いのほか速く登って
滑っいたのでした
a0115745_13484272.jpg
            後から登場するHASSYのラインと焼山

妙高西面の夏道側まで回り込むと話声が聞こえてきたので、いつもの掛け声をかけると
いつもの反応が!
a0115745_13591543.jpg

あまりにも見事に合流です。
あちらのほうがもうちょいはやく山頂に登っているかと思ってましたが、昨晩から朝にかけて
山は強風で朝早くからは行動できなかったそうなのでした
a0115745_14170083.jpg
a0115745_14152519.jpg

ちょうど斜度がきつくなり雪面も硬くなるあたりから5人で山頂目指します
a0115745_14033713.jpg
a0115745_14113124.jpg
スノーボードブーツではちょっと厳しいかと思われた箇所もBC仙人のキックステップのおかげで
全員無事山頂に到着。
a0115745_15094474.jpg
ひとしきり盛り上がって、さあ行くぞという頃に最後のゲストが登場。
三田原から見事なラインをひいた人が合流して6人で再スタート
a0115745_15194982.jpg
a0115745_13500320.jpg
北面はいつもカリカリ。出だしは思ったよりもやわらかい目の雪で楽に行けるかなとおもいましたが、中間は過去二回よりもいやらしいカリカリでした

a0115745_13500483.jpg
慎重にコンディションみながら降りるエリック
a0115745_13500401.jpg
a0115745_15261892.jpg
a0115745_15290457.jpg
二番手に自分が降りて後続を待ちます。
みんなハイレベルなスノーボーダーですが、見てる方はみんなが抜けてくるまで生きた心地がしませんねえ。
a0115745_15315001.jpg
a0115745_15322187.jpg
きわどいシュートをぬければ後は大きく広がっていく大きなバーン。
思いっきり滑っていくだけです

みなさん思い思いに楽しんできます
写真的にはもう光が入らないんでちょっと残念なんですが・・・
a0115745_15365608.jpg
a0115745_15410268.jpg
a0115745_15442590.jpg

a0115745_15450976.jpg
a0115745_15461288.jpg
a0115745_15462220.jpg
a0115745_15454457.jpg
a0115745_15520684.jpg
a0115745_15492762.jpg
a0115745_15495518.jpg
登り返しの沢までおりたところでエリックからオプションツアーの提案が
スーパームーンの前日だけど前山まで登り返して日が暮れた山頂から満月の光で
滑り降りよう!
a0115745_15560150.jpg
こんな提案に乗ったのは自分だけでした
a0115745_15582815.jpg
ふたりでカリカリに再凍結した斜面を横切ってすっかり日が落ちた前山山頂に向かって最後の登り
途中dwやめて地獄谷へ降りて帰りたくなりましたが、仙人が頑張って天国へのトレースをつけてくれました。
a0115745_15575461.jpg
a0115745_15575421.jpg
満月に浮かぶ仙人。
a0115745_16014503.jpg
a0115745_16010057.jpg
前山までもう一息
a0115745_16021685.jpg
a0115745_16020841.jpg
前山山頂にて月光欲
a0115745_16031518.jpg
最後は夜景とパウダーを楽しんで麓まで
月明りはヘッデン無しでも十分に明るくすてきなのでした
a0115745_16003088.jpg
a0115745_16003115.jpg
もう少し落ち着いて写真撮ればよかったんですが、予定よりもだいぶ遅くなったので少々慌ててとってしまったので後悔
夜の写真も撮りなれておかなきゃいけませんね





by ura-sasa | 2019-02-19 01:05 | バックカントリー
2019年 02月 18日

妙高山北面の前の三田原山

いい雪が降り続いた週の翌週、残り物を期待して妙高山へ
天気は保証付きの快晴で翌日からは確実に雨にやられるというこの日しかない日



思った通りそんな日なんでラスト?(ではないとおもいますが)パウダーねらいの
ツアーチームが多数集合の杉ノ原スキー場山頂、
a0115745_08540414.jpg
ほとんど外国人なのが少々寂しい
a0115745_08000593.jpg
知り合いのガイドさんたちのツアーチームもいてにぎやかにスタートです

今日は三人でスタートして前日から入山している二人と妙高山頂で合流して北面に滑り込む予定
a0115745_13001813.jpg
a0115745_08040426.jpg
前山しか登ってないのでそんなに歩き回れるか一抹の不安もありますが、気持ちのいい青空(KEN君
曰く”MYOKO BLUE”)のもと快調に三田原山へ
a0115745_13001943.jpg
a0115745_13001917.jpg
いつもの景色に満足
a0115745_08042323.jpg
手前は前日入った人達のラインが多数ありましたが、行きたかったところは無傷
下部にはデブリが散見されていたけれども三田原山頂によっても同じかそれ以上に
見えたので、そんなに迷わずドロップです
a0115745_08055373.jpg
少しウィンドパック気味のところもありましたがおおむね見事なパウダー
a0115745_13002086.jpg
a0115745_08075943.jpg
a0115745_08075913.jpg
a0115745_08075923.jpg
特にスノーボードは舞い上がりますねースプレー!
a0115745_08094882.jpg
a0115745_08094829.jpg
a0115745_08094807.jpg

自分もそれなりに雪煙を上げて滑走
a0115745_08125925.jpg
a0115745_08125905.jpg
a0115745_08125840.jpg

a0115745_08160517.jpg
満足な一本目
a0115745_08160675.jpg
ボトムでランチをとっていると後続の外国人の皆さんが結構アグレッシブなラインで続々降りてきました
こちら側に来るだけあって皆さん上手でした。
いいものを見た!って感じです
a0115745_08225319.jpg
a0115745_08194339.jpg
a0115745_08243472.jpg
滑りの鑑賞をしたら妙高山頂の合流にむかって登り返し
a0115745_08260383.jpg
続きます




by ura-sasa | 2019-02-18 23:11 | バックカントリー
2019年 02月 12日

無難に前山からスタート


今週の休みもよく降ってくれました…
朝起きてみたら家の前で30cm近く積もってて山のほうは40はあるよ!ってことで
前日まで考えていたところはやめて、(降雪少なそうな黒姫も予定してましたが、1回券の販売をやめたとのことで断念)
まあ、いい雪も降ってるし前山へ

午前中はゲレンデベースに裏山遊び
a0115745_03533617.jpg
a0115745_03454105.jpg

雪は軽くて深かった
a0115745_04151191.jpg
a0115745_03460841.jpg
すぐ見えなくなります
a0115745_03472525.jpg

a0115745_04150563.jpg
a0115745_03452378.jpg
a0115745_04140663.jpg
a0115745_04160370.jpg
雪の中から飛び出して着たり浮かび上がってきたところをパシリっ
a0115745_03452703.jpg
道を作るのはいつもこの方です
a0115745_03533359.jpg
午前中、ブナ林で遊んで午後はダケカンバの林へ
a0115745_03473999.jpg
a0115745_03550904.jpg
結構積もっていたのに、もうすでにしっかりトレースがありました。
最近の前山は恐るべし
a0115745_03473649.jpg
やっぱりピークまで登れると気持ちいいです
薄日もさして、午前中強かった風も止んでいいタイミングでした

a0115745_03475075.jpg
a0115745_03482183.jpg
a0115745_05170823.jpg
a0115745_05183116.jpg

a0115745_04305225.jpg
a0115745_03481886.jpg
a0115745_03514828.jpg

a0115745_03512199.jpg
a0115745_03513800.jpg

ダケカンバの雪も最高でした
最後は仙人お勧めのシュートをドロップして終了です
a0115745_03501377.jpg
a0115745_03500447.jpg
a0115745_03493995.jpg



by ura-sasa | 2019-02-12 23:44 | バックカントリー
2019年 01月 21日

2019シーズンスタート


雪の訪れが遅かった今シーズンでしたが、妙高赤倉はクリスマス前からかろうじて積もり始めて
藪は見えるけどそれなりに楽しめるようになった1月。

自分としては年末年始は忙しいし、遊べるようになるのは1月下旬になってからなのでそれほど
焦りはないのですが、周りがにぎやかになってくるとやっぱり落ち着いてはいられないですね

今週に入ってようやくフリーな一日。

休みは気分転換に登って滑ってがしたかったのですが、こんな日に限っての大量降雪。
スキー場でも60cmオーバーで早々に登山は中止して裏山遊びに変更となりました

a0115745_03412047.jpg

もう深すぎ。
ワンターンごとに視界不良になります
a0115745_03412127.jpg
a0115745_03412134.jpg
いつものめ面々とパウダーラインをグルグル。
こちらはシーズン初めのオープニングデイですが、みんなは12月からさんざん滑り込んでるので
豪快にスプレーを上げてくれます
a0115745_03412138.jpg
a0115745_03412179.jpg
a0115745_03574969.jpg
カメラ構えて連射してましたけど雪煙だらけで人が写ってないのが多いこと・・・
a0115745_03584276.jpg
a0115745_03412018.jpg
a0115745_03412175.jpg
まあ 撮影には不向きでしたけど滑りは大満足の一日になりました。
ちょっと登ってのウォーミングアップもできたので2月はがんばって遊びたいところです
a0115745_03412129.jpg


by ura-sasa | 2019-01-21 03:39 | バックカントリー
2018年 05月 12日

早いけどおそらく滑り納め 白馬鑓

GW明けてこれからが自分の春山シーズン到来ということで例年ならば頑張って滑りにでかけるのですが
今年は雪が少ないのと、滑るための休みが取れないのとが重なって気分が上がらずどうしたものかと思ってたところで

若い二人に誘われてやってきました週末の猿倉

a0115745_21364815.jpg
いつも平日しか遊びにこないので、この駐車場の景色にビックリ。ある程度は予想してましたが・・・

7:00出発というのも遅いほうなので、ここに停めれるだけでいいほうなのかな
天気もいいので気分よく準備してスタートです

a0115745_21365351.jpg
目指すは白馬鑓ヶ岳。林道から堰堤沿いに小日向のコルを目指します。
堰堤周辺はもうすでに何か所か雪が切れてましたが、ちょっとなので板を脱ぐこともなく順調にコルへ
a0115745_22032613.jpg

そして鑓温泉に向かって一滑り
a0115745_21372755.jpg
縦溝もなく快適に滑り下りていきます。天気はなぜか曇天になってしまいました。
温泉まで登りあげてその先へ進んでいると
a0115745_21373297.jpg
突然足の下を二度ほど強く突き上げられて地面が動く感覚。
ドキッとして動きを止めて周りを見渡すと、後ろを歩いていた仲間の携帯から緊急速報のアラート。

地震でした。 白馬で震度5弱。
気持ちのいいものではないですねー 山で地震を感じるというのは。
岩も残雪も落ちなくてほっとしました。いた場所もちょうどそんな心配の少ないところだったのでよかったですけど。

気を取り直して大出原へ登り再開。

温泉までは順調で案外早く山頂着くかなーなんて途中思いましたが甘くはなかった。
順調だったのは若い二人に刺激されてただハイペースなだけだったのか大斜面が見えるころにはかなりバテバテ

a0115745_21380036.jpg
先を行くパトのルーキーがどんどん小さくなっていきました。
a0115745_21343663.jpg
稜線でツボ足になったところで太ももは疲労のピークになったようで、この写真の後でツリました。

つった足をだましだまし動かして山頂へ
a0115745_21345821.jpg
やっぱり楽な山じゃなかった鑓ケ岳。
今日は杓子沢へ滑り込んでその後は長走沢です
滑走ラインは前回と一緒。二人は初めてなのでOK。
a0115745_21385836.jpg
a0115745_21383073.jpg
二日前に降った新雪が滑りにくくさせてましたが、写真で見ると良さそうに見える不思議・・・
a0115745_21362368.jpg
a0115745_21394458.jpg
降りれば降りるほど雪は手ごわくなっていきます

a0115745_22355683.jpg
悪雪のすべてがそろっていたといっても過言ではない・・・けど滑っているうちにこの難しさが楽しくなってくる

a0115745_21413760.jpg
a0115745_21411132.jpg
a0115745_21402788.jpg
山岳スキーらしさが詰まった滑走になりました。

そのご褒美は長走沢
a0115745_21421050.jpg
a0115745_21421529.jpg
最後は春らしいきれいなザラメで気分よくフィナーレへ

a0115745_21350688.jpg
こんなのも春らしいワンシーン。

行って登ってみれば白馬上部はまだまだ雪は豊富で楽しめるので、まだまだこれから!と火が付きそうなのですが
今シーズンはなかなか休みが取れないのでこれが滑り納めになりそうな感じです。




by ura-sasa | 2018-05-12 23:33 | バックカントリー
2018年 04月 26日

守門岳は・・・


四月最後は久々一緒の行くGACTHさんのリクエストで守門岳。
雪が少ない今シーズンに守門岳は今一つ疑問符がちらつきましたが、自分も行ったことのない山なので
ダメならダメでもそれも経験ということで話に乗って、パトの若手をまきこんで

いざベースの大原スキー場へ
朝の土砂降りが止むのを待って9:45スタート
a0115745_02410051.jpg
自分のところのホームゲレンデはGWまで持たずに終了だったのに、ここはなぜかバッチリあります。
通常営業は終了だけど、レース合宿使えるとのHPを見たことも案外守門岳も行けるかも・・・と思った一因。

ゲレンデの途中から林道にラインを移して、残雪期の最後に皆さんが滑ってる沢を登ることに。
a0115745_02404885.jpg
新緑がとてもきれいでした。朝の雨も止んで爽やかになりそうな気配なのですが、上部は霧の中
a0115745_02403956.jpg
地図と残雪を見つつ、山頂よりを行きたいなと考えるGatchさんですが、見えないので大原スキー場からの稜線にそった雪渓を上がることに。ほかの方の記録を見ても最後まで滑っているラインはそこなので
a0115745_02393696.jpg
a0115745_02395506.jpg
はじめは軽快にシールで上がってましたが、最後はツボ足と藪漕ぎで守門岳の稜線へ
結局雪はとぎれてましたが、藪漕ぎはほんの少しでそこを乗り越えると別天地がまっていました
a0115745_00392143.jpg
あまりのも違いすぎる景色感動
なぜ、こんなにも急に雪原になるかな?
a0115745_00385367.jpg
でも山頂間際はきわどいです
a0115745_02452227.jpg
最後は夏道を歩いて山頂へ
a0115745_02441526.jpg
14:00山頂到着。遠くは少しかすんでましたが360度の完璧な眺め
a0115745_02390868.jpg
見慣れていない山並みに山座指定が定まらず3人で盛り上がる。生憎、ホーム妙高山は霞んでわからず。でもたぶんこの方向
a0115745_02383139.jpg
隣のあのピラミッドな山頂にもそそられますが、とても行けそうにないのでかえります
a0115745_02374678.jpg
a0115745_02431906.jpg
a0115745_02372094.jpg
山頂から北側回り込んで本高地沢へ気持ちよくすべ込んでの登り返し。
北側の硫黄沢へも一本滑りたかったけど時間的にアウトでした。

後々もっとアウトな感じになりましたが。

一滑りした後は登ってきた稜線に登り返して、あとは行きと同じラインで帰れば無難だったわけですが、
登るときに雲のせいで見れなかった山頂よりの沢がどうしても気になるGacthさん

確かに滑り出しはきれいな斜面でそそられます
a0115745_02362828.jpg
ダメなら登り返そうということで、吸い込まれていきました。

a0115745_02360700.jpg
a0115745_02425912.jpg
結構いい感じでした・・・けど
a0115745_02425503.jpg
a0115745_02353130.jpg
そう甘くなく
引き返すタイミングを外した結果、雪を求めて藪をトラバースする羽目に
a0115745_02344281.jpg
だんだんシビアな状況になって、最後は
a0115745_02342621.jpg
雪を求めて懸垂下降20m

a0115745_02422456.jpg

安堵の安全地帯。あとは間違いなく気楽に滑って降りる
a0115745_02332766.jpg
こんな滝地図じゃわかんなかったよ~と嘆き、笑いながら降ります。
a0115745_01330960.jpg
a0115745_02325781.jpg
かなりてこずってしまったので日もだいぶ落ちてきてました
a0115745_02321191.jpg

滑り下りて感慨にふける本日のリーダー
雪が繋がっていたのは登りに使った左のラインだけでした。
真ん中の雪とロックバンドを延々トラバースしてたのかと思うと笑えてきます

朝にこれだけ晴れて見えていたら本日のアトラクションはなかっただろうなーと思いつつ
いろいろ三人であれやこれやと騒ぎながら降りてこれたので充実感満載でした
a0115745_02412121.jpg
17:45大原スキー場下山
a0115745_02293845.jpg
今回のライン。1348ピークからの東寄りの下りラインはお勧めしない迷走ルートです


by ura-sasa | 2018-04-26 23:22 | バックカントリー
2018年 03月 27日

春スキーはじめは岩菅山で

a0115745_21000381.jpg

晴天が続きすぎてすっかり山は春モード
これだけ晴れた日が多かったのに自分の休みはなぜか雨の日に当たっていたりで
今シーズンは不完全燃焼の日が多いです。・・・が!

今日はいいお天気が約束された一日なので思う存分動けそうなので、雪山では初めての裏岩菅・岩菅山へ
a0115745_19574989.jpg
樹林の濃い西面を裏岩菅山目指して奥志賀高原スキー場の駐車場から橋を渡ってスタートです
初めてなので、地図とGPS見ながら登りのルートを探りながらは新鮮です

a0115745_19580494.jpg
2時間近く登ってやっと裏岩菅山頂が拝める場所へ
帰りの滑るラインも探りながらですが、なかなか木が濃いので難しそう?

当初はゆったりしたラインで稜線から回り込んで登るつもりでしたが、雪が固めでスキークランポンがよく効いたので
急な斜面を真っすぐ突き上げてみたら意外とすんなり上部到着。
a0115745_19582141.jpg
あとは山頂までノンビリハイキングです
a0115745_19591122.jpg
山頂到着。約2時間半、予定よりだいぶ早く着きました
a0115745_19582065.jpg
妙高と火打

a0115745_20220533.jpg
烏帽子方面もいいですね
十分時間があるので岩菅山まで行ってみます
a0115745_19583601.jpg
裏岩菅から一滑り。
東面はバーンがあります。もっと滑り込みたいですが、すぐ漏斗状に細くなって登り返ししずらくなるのでちょとだけです
岩菅山方面に登り返して、難なく岩菅山山頂到着
a0115745_20313610.jpg
a0115745_20314359.jpg
山頂の小屋は完全に埋まってるんですね。便所だけ見えてました

a0115745_19591214.jpg
岩菅山山頂からも一滑り。この斜面で登り口まで帰れたら最高なんですけど

a0115745_20365067.jpg
そう思いながら、自分のつけたラインを見ながら登り返します。
そしてあとは帰るだけ
a0115745_19591276.jpg
楽しそうに滑りだせたのは最初だけで、帰路の西面は樹木と藪との格闘でした
a0115745_19591247.jpg
ところどころ開いてるところもありはしましたが、スムーズとは程遠い下山です
a0115745_19591344.jpg
a0115745_20425028.jpg
ここら辺は緩やかで樹間もそれなりでまあまあでしたけど、雪がいまいち。数日前に少しだけ雪が降ったようでした。
滑り的には会心とは言えないですが、毎年秋に登っていて、いつかはスキーでというのが実現できたので満足です。
帰りのルートでもうちょっといいのが見つけられれば東面と合わせてもっと楽しめそうかな

a0115745_19573154.jpg
9:20スタートー11:50裏岩菅山頂ー12:50岩菅山山頂-14:15下山滑り出しー15:00ゴール





by ura-sasa | 2018-03-27 20:53 | バックカントリー
2018年 03月 07日

POWDERは無く・・・三田原山

昨日降った薄い新雪にわずかな期待をして三田原山へ

とは言っても雨のあとの1cm積もったかどうかの雪なので、風下に少し溜まっていたらラッキーだなーという程度。

そのかわり天気はいいので気分的には歩きメインのハイキングのつもりでスタート

a0115745_12373507.jpg
風もなく汗が噴き出るポカポカ陽気です
眺めもよくて、やっぱりハイキングの日。

a0115745_12495285.jpg
富士山もよく見えてます!
そして北アルプスも
a0115745_12373532.jpg

ポカポカ陽気とはいっても稜線付近の雪面はカチカチで日の良く当たったところが少し緩んでいる程度なので、北面は楽しくないのでのぞき込むだけにして黒沢岳に向かうことに

a0115745_12373674.jpg
a0115745_12583634.jpg
黒沢湿原までの沢筋にわずかな期待をしてましたが、ものの見事にカチカチでたまにある新雪はかえって足手まといです
a0115745_12585727.jpg
ひっかかります・・・

気を取り直して黒沢岳へ
a0115745_13023724.jpg
天気は抜群です
黒沢岳は東面なのでちょうどよく雪が緩んでいました。

a0115745_14040254.jpg

a0115745_13053839.jpg
a0115745_13044833.jpg
気持ちよく滑れる緩み具合でしたが、気も緩むと足元をすくわれます・・・
a0115745_13064316.jpg

最後はまたカチカチの三田原山に登り返して池の峰へ
a0115745_12393635.jpg
三田原山 南西面から池の峰はたっぷりの日差しを浴びたおかげでベストコンディションの春雪に
a0115745_13182531.jpg
a0115745_13161042.jpg
a0115745_13165058.jpg
a0115745_13165010.jpg
今日一の斜面はココでした。


a0115745_12373576.jpg
久しぶりに降りた池の峰のラインも起伏が楽しめて新鮮でした
でもラッキーはなかったなあ
もうすっかり春山ですね
冬にはもう戻らないかな?




by ura-sasa | 2018-03-07 22:34 | バックカントリー
2018年 02月 21日

とりあえずPOWDERでした飯縄山

夏は何度か登っている飯縄山なのですがスキーでしゃ行ったことがなかったので、
一人ということもあり自分にとって新しいところへ

当初は戸隠スキー場からを考えていましたが、霊仙寺山のわずかなオープンバーンと同じくわずかな飯縄山山頂の
オープンバーンを滑ろうとおもったら飯縄リゾートスキー場のほうがいいかな?
なんて考えてスキー場のHPをみたらビックリしました。

平日パック2000円、リフト一日券と1000円分ランチ券付き!

お得すぎるこの価格のおかげでこちらから登ることに即断

雪も夜からちょうどいい程度(20CM弱)積もってくれていてトップリフトからのパウダーコースを2本滑ってからの登山開始です。
(この時点でリフト代の元が取れてしまっているのが恐ろしい・・・)
a0115745_21003203.jpg
a0115745_20594349.jpg
樹林が濃い目の尾根を一汗かいて登り切れば、もうオープンバーンで1時間で霊仙寺の山頂です。
そして、ランチ券を使うためにスキー場へ戻ります

a0115745_20594835.jpg
a0115745_20595144.jpg
あっという間のオープンバーンを滑ってからは登った尾根から外れて大沢側へ滑り込み

DeepPowderだったら慎重になるところですが、今日ぐらいの冷え込みと積雪具合は気持ちよく滑ることができました。
そのまま沢の底まで!とも思いましたが、戻るのに手間取ってしまうとランチが遅くなって次の飯縄に登れなくなっても
困るので適当なところで切り上げてゲレンデ復帰。 

a0115745_20595653.jpg
本格手作り窯焼きピザのランチです。
注文受けてから生地のばして焼いてました。アンチョビピザにしてちょうど1000円。種類も豊富でよかったです。

珍しく昼にビールも飲んで、気分良く午後は飯縄山へ

朝の自分のトレースをたどって霊仙寺山頂手前で飯縄への稜線にトラバース。
a0115745_21052715.jpg
a0115745_21000052.jpg
細く樹木に覆われた道です。とは言ってもそんなに苦労するような稜線歩きではありません。
よっぽど黒姫のほうがやっかいです
a0115745_21375027.jpg
昼飯前に滑った霊仙寺の斜面。実際に滑ったのは写真のスカイラインより向こう側。
リフトトップから1時間半で飯縄山山頂到着
a0115745_21000910.jpg
そして滑ります。
a0115745_21051670.jpg
でもオープンバーンはすぐ終わります
a0115745_21003550.jpg
奥には長野市、善光寺平が見えて、手前は滑り手を阻むシラビソ。
あまりにもあっという間なので、再度山頂に登り返して滑ってきました

a0115745_21001429.jpg
a0115745_21001974.jpg
これが二回目。
あとは東の夏道のある尾根を忠実にたどるのがよさそうなのですが、滑るにはあまりにも木が濃いので
少しでも滑りやすいところを選んで滑り降りて最後は湿地帯に
a0115745_21510041.jpg
やっちまったかな?とも思いましたが、そんなこともなく開けたところを通ってスタートに戻りました。
滑り楽しめるのは本当に上だけですけど、ラインどりによってはもっと楽しめそうなのでランチと合わせてまた再訪したいと思います
a0115745_21510519.jpg
a0115745_22050064.jpg




by ura-sasa | 2018-02-21 22:51 | バックカントリー
2018年 02月 06日

DEEP POWDER 黒姫

今日は薄っすらとトレースの残る黒姫スノーパークの旧ゲレンデを登って黒姫山へ

前日のトレース10cmほど新雪が積もっていてこれぐらいなら山頂からのHASEGAWAラインもできるだろうと
元気よく上がっていきましたが、どうも甘くはいかないようで、今回の雪は山頂のほうがたっぷり。

旧ゲレンデから上ケルンより先はトレースを見ても一人分、よくて二人かな?
なんとなくわかるだけでほぼほぼフルラッセルです。

今季二回目にして黒姫ラッセルは結構キツイ・・・
a0115745_17345119.jpg
それでも、カナダの元気な若者と交代交代進んだおかげで気持ちよく3時間ほどで稜線に到着
当初予定の山頂はあきらめて東尾根を下ることに変更です。

その前にせっかく登ってきたHASEGAWA4のオープンバーン滑ってからということになって
a0115745_17354300.jpg
a0115745_17355068.jpg
a0115745_17361124.jpg
a0115745_17370232.jpg
短いながらも気持ち悪いくらい深いパウダー。スキーでもすぐオーバーヘッドしちゃって訳が分からないまま歓喜の声を
あげてまず一滑り。
数年前に崩れたことがあったので心配してたのですが今日はよかった

みんな気分が高揚しているなか、さっき自分たちが作ったトレースを使って再び稜線へ
a0115745_17374316.jpg
登り返しはお日様が出迎えてくれました
a0115745_17382566.jpg
こんなラッセルした日の東尾根が悪いわけもなく、後続も来ないようなので自分たちの貸し切りです
a0115745_17324181.jpg

a0115745_17384540.jpg
まずは気持ちよくドロップ!
a0115745_17334472.jpg
a0115745_17395341.jpg
a0115745_17401000.jpg
a0115745_18133574.jpg
a0115745_17400145.jpg
満足です。まだ三分の一ですけど。
そして今日は尾根上のブナ林が最高でした
a0115745_18143155.jpg
a0115745_17403435.jpg
a0115745_17413056.jpg
この雰囲気がとてもいいです
a0115745_18275254.jpg
自分で撮って満足
a0115745_17405779.jpg
全身で雪を浴びて満足
a0115745_17415847.jpg
ブナ林が終わってからの白樺やカラ松林なんかも藪を気にすることなくスムーズに
最後まで楽しく滑りこめました




by ura-sasa | 2018-02-06 23:30 | バックカントリー