人気ブログランキング |

ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ

タグ:妙高山 ( 41 ) タグの人気記事


2019年 03月 05日

3月のパウダーはあっという間に・・・



久々に降った雪が山にはどれぐらい積もっているのか期待しながら三田原山へ
a0115745_07102584.jpg
中間の雲を抜けてリフトトップは青空と10cmほどの新雪。期待高まります。気温も高まる予定ですが…
登り口には前回来た時のようなにぎやかさは無く、皆さん顔見知りの、というか仲間の4グループのみ。3月の平日のおかげかな
a0115745_07104144.jpg
a0115745_07104656.jpg
前回もよかったですが、今回も白と青が見事な上にダケカンバがきれいにお化粧していて素晴らしい
a0115745_07284226.jpg
風にゆられて枝から雪の華が舞ってきます
a0115745_07110771.jpg
a0115745_07313485.jpg
眺望も文句なしで。今日はこれだけでもう満足です!と言いたいくらいですが、そんなわけもなくあっというまに稜線まで到着して
内側にドロップです
a0115745_07112388.jpg
a0115745_07112839.jpg
20cmほどの雪が内側にはたまっていました。風の影響をうけているところもありましたがおおむね良好。
a0115745_07122041.jpg
a0115745_07120986.jpg
a0115745_07111411.jpg
a0115745_07190361.jpg
a0115745_07122569.jpg
大満足の本日1本目

次は本峰の北東面へ1本目のラインを背に登っていきます
a0115745_08254884.jpg
a0115745_07124157.jpg
こちらも三田原同様スムーズに登りあげてきましたが、気温もだいぶ上がってきましたよ
それでも日陰の雪はまだまだ健在!
a0115745_07133421.jpg
a0115745_21585344.jpg
a0115745_07131225.jpg
a0115745_07132684.jpg
通称ドッグレッグからツーラビットへ  一人気持ちよく滑りすぎちゃいましたが
a0115745_07145475.jpg
a0115745_07150391.jpg
a0115745_07142198.jpg
a0115745_07140843.jpg

ただし、たのしい中にも罠は潜んでいるもので
a0115745_07153739.jpg
二人目が同じラインで下を切りとったとたんに雪崩ていきました。厚さ20cm弱で巾は6,7Mくらい100m近くは流れていきました。
実は本日2つ目。このライン入り口の風下漏斗状のところがスキーの先が入ったとたんに崩れていたので気を付けてはいたんですが、長い春の日のあとの降雪は油断できないですね
a0115745_22153111.jpg
a0115745_07162488.jpg
妙高東壁を背景に北地獄谷に向かって滑り込みます。
a0115745_07165590.jpg
a0115745_07170016.jpg
地獄谷は快適そのもの。ちょっとした緊張感から解放された感じです

a0115745_07171147.jpg
a0115745_07201073.jpg
とはいっても谷の底には先週のあったかさで落ちたようなおおきなデブリがゴロゴロです。
それでも、そこからまたもう一登りしてもう一本。
a0115745_07201907.jpg
日差しも厚くなってきましたが、最後はさらに日の当たらないところで雪が生きていると思われる尾根へ

a0115745_22315504.jpg
日陰で元気を取り戻してドロップイン!でしたが、想像以上に雪は日射にやられていて結構サンクラスト。
風に表面がやられているところもあって広い通称”ウッドペッカーツリ―”のダケカンバの林も手ごわい状態に。
そんな状況でもBC仙人の導きでピンポイントのパウダーラインへ
a0115745_07173330.jpg
a0115745_22384885.jpg
a0115745_07174000.jpg
お見事です。個人的には過去にはガスッたときしかこのラインにきてないので全貌が見れて満足
a0115745_22532218.jpg
                           神奈山横目に見て
a0115745_07174892.jpg
a0115745_07180356.jpg
こちらは満足すぎて寝ころんじゃいました。それでももう一滑り、谷底を進まなければ帰れません!
a0115745_07182038.jpg
がんばれJ!
とはいうものの。結構シビアな慣れてないと迷路のような地獄谷です
a0115745_22474388.jpg
a0115745_07184449.jpg
a0115745_07214595.jpg
a0115745_07204932.jpg
いろんなアトラクションを乗り越えて無事燕温泉です。
a0115745_22501369.jpg
一日お疲れ様でした。2月の3連休からまともな降雪はなかったところでのこの日はまさにラッキーな1日で、しかもひにあたった瞬間からダメになっていくというタイミング勝負の3月の新雪なのでした


by ura-sasa | 2019-03-05 23:26 | バックカントリー
2019年 02月 19日

妙高山北面から満月の前山へ

高谷池宿泊チームと合流すべく妙高西面に回り込んでいると
さっきまでなかった所にあらたなラインが三田原山側から一本
a0115745_13473410.jpg
合流チームは二人だし、誰だろう?
先をいっていた外国人が一人いたけれど初めてでここまでのきれいなラインは
ひけないでだろうし、可能性ある人はこんなに早く登ってすべれるかな?
なんて話ながら眺めていましたが、正解は可能性のある人が思いのほか速く登って
滑っいたのでした
a0115745_13484272.jpg
            後から登場するHASSYのラインと焼山

妙高西面の夏道側まで回り込むと話声が聞こえてきたので、いつもの掛け声をかけると
いつもの反応が!
a0115745_13591543.jpg

あまりにも見事に合流です。
あちらのほうがもうちょいはやく山頂に登っているかと思ってましたが、昨晩から朝にかけて
山は強風で朝早くからは行動できなかったそうなのでした
a0115745_14170083.jpg
a0115745_14152519.jpg

ちょうど斜度がきつくなり雪面も硬くなるあたりから5人で山頂目指します
a0115745_14033713.jpg
a0115745_14113124.jpg
スノーボードブーツではちょっと厳しいかと思われた箇所もBC仙人のキックステップのおかげで
全員無事山頂に到着。
a0115745_15094474.jpg
ひとしきり盛り上がって、さあ行くぞという頃に最後のゲストが登場。
三田原から見事なラインをひいた人が合流して6人で再スタート
a0115745_15194982.jpg
a0115745_13500320.jpg
北面はいつもカリカリ。出だしは思ったよりもやわらかい目の雪で楽に行けるかなとおもいましたが、中間は過去二回よりもいやらしいカリカリでした

a0115745_13500483.jpg
慎重にコンディションみながら降りるエリック
a0115745_13500401.jpg
a0115745_15261892.jpg
a0115745_15290457.jpg
二番手に自分が降りて後続を待ちます。
みんなハイレベルなスノーボーダーですが、見てる方はみんなが抜けてくるまで生きた心地がしませんねえ。
a0115745_15315001.jpg
a0115745_15322187.jpg
きわどいシュートをぬければ後は大きく広がっていく大きなバーン。
思いっきり滑っていくだけです

みなさん思い思いに楽しんできます
写真的にはもう光が入らないんでちょっと残念なんですが・・・
a0115745_15365608.jpg
a0115745_15410268.jpg
a0115745_15442590.jpg

a0115745_15450976.jpg
a0115745_15461288.jpg
a0115745_15462220.jpg
a0115745_15454457.jpg
a0115745_15520684.jpg
a0115745_15492762.jpg
a0115745_15495518.jpg
登り返しの沢までおりたところでエリックからオプションツアーの提案が
スーパームーンの前日だけど前山まで登り返して日が暮れた山頂から満月の光で
滑り降りよう!
a0115745_15560150.jpg
こんな提案に乗ったのは自分だけでした
a0115745_15582815.jpg
ふたりでカリカリに再凍結した斜面を横切ってすっかり日が落ちた前山山頂に向かって最後の登り
途中dwやめて地獄谷へ降りて帰りたくなりましたが、仙人が頑張って天国へのトレースをつけてくれました。
a0115745_15575461.jpg
a0115745_15575421.jpg
満月に浮かぶ仙人。
a0115745_16014503.jpg
a0115745_16010057.jpg
前山までもう一息
a0115745_16021685.jpg
a0115745_16020841.jpg
前山山頂にて月光欲
a0115745_16031518.jpg
最後は夜景とパウダーを楽しんで麓まで
月明りはヘッデン無しでも十分に明るくすてきなのでした
a0115745_16003088.jpg
a0115745_16003115.jpg
もう少し落ち着いて写真撮ればよかったんですが、予定よりもだいぶ遅くなったので少々慌ててとってしまったので後悔
夜の写真も撮りなれておかなきゃいけませんね





by ura-sasa | 2019-02-19 01:05 | バックカントリー
2019年 02月 18日

妙高山北面の前の三田原山

いい雪が降り続いた週の翌週、残り物を期待して妙高山へ
天気は保証付きの快晴で翌日からは確実に雨にやられるというこの日しかない日



思った通りそんな日なんでラスト?(ではないとおもいますが)パウダーねらいの
ツアーチームが多数集合の杉ノ原スキー場山頂、
a0115745_08540414.jpg
ほとんど外国人なのが少々寂しい
a0115745_08000593.jpg
知り合いのガイドさんたちのツアーチームもいてにぎやかにスタートです

今日は三人でスタートして前日から入山している二人と妙高山頂で合流して北面に滑り込む予定
a0115745_13001813.jpg
a0115745_08040426.jpg
前山しか登ってないのでそんなに歩き回れるか一抹の不安もありますが、気持ちのいい青空(KEN君
曰く”MYOKO BLUE”)のもと快調に三田原山へ
a0115745_13001943.jpg
a0115745_13001917.jpg
いつもの景色に満足
a0115745_08042323.jpg
手前は前日入った人達のラインが多数ありましたが、行きたかったところは無傷
下部にはデブリが散見されていたけれども三田原山頂によっても同じかそれ以上に
見えたので、そんなに迷わずドロップです
a0115745_08055373.jpg
少しウィンドパック気味のところもありましたがおおむね見事なパウダー
a0115745_13002086.jpg
a0115745_08075943.jpg
a0115745_08075913.jpg
a0115745_08075923.jpg
特にスノーボードは舞い上がりますねースプレー!
a0115745_08094882.jpg
a0115745_08094829.jpg
a0115745_08094807.jpg

自分もそれなりに雪煙を上げて滑走
a0115745_08125925.jpg
a0115745_08125905.jpg
a0115745_08125840.jpg

a0115745_08160517.jpg
満足な一本目
a0115745_08160675.jpg
ボトムでランチをとっていると後続の外国人の皆さんが結構アグレッシブなラインで続々降りてきました
こちら側に来るだけあって皆さん上手でした。
いいものを見た!って感じです
a0115745_08225319.jpg
a0115745_08194339.jpg
a0115745_08243472.jpg
滑りの鑑賞をしたら妙高山頂の合流にむかって登り返し
a0115745_08260383.jpg
続きます




by ura-sasa | 2019-02-18 23:11 | バックカントリー
2017年 10月 10日

夏山登山の締めは紅葉の妙高山へ

鹿島槍ヶ岳を登ってからは不思議と順調に休みと天気がかみ合って、
その後も岩菅山、白山、蓼科山と近年では珍しく登山が連続で行けてます。

今日もそんな順調さが継続しているので、地元の妙高山へ
乗りなれたゴンドラからの往復で行ってきました。

山頂駅付近も色づいてきてましたが、一番の見頃は大谷ヒュッテ付近を中心に1700m~2000mの
紅葉が見事でした。

登山道に入ってから直ぐの滝沢の出合の紅葉もかなり良くて、そこでさっそく写真を・・・と思い
オリンパスのOM-D EM5をとりだすもショックなことにSDカードが入っていませんでした。

一旦出直してカードを取りにおりようかと逡巡しましたが、本日の天気は幸いイマイチで山頂も雲がかかっていたので携帯とgoproで満足することにして先に進むことにしました

a0115745_14363496.jpg
大谷ヒュッテまでのブナ林もいい具合に黄色になってきていました

a0115745_14382171.jpg
大谷ヒュッテと南地獄谷がこの日のベストポイント

工事関係の車両が林道を上がってここまできてました。林道沿いのカエデがよかったので工事のかたは役得

a0115745_14381833.jpg
光善寺池から上は風も強めで雲もかかって視界不良。ヒュッテから下、ゴンドラあたりもまた雲。
紅葉のいいこの辺りが視界良好だったのは運がいいのかな
a0115745_14542701.jpg
足場のしっかりした鎖場。気をつけるのは最初と最後でしょうか、油断すると!ってところですが油断しなけりゃ問題ないとこです
a0115745_14542705.jpg
いつもなら写真撮りでなかなか進まない鎖場周辺もカメラなし視界なしなので黙々と登って山頂到着
ゴンドラから2時間10分でした。

南峰から北峰の三角点に移動して昼食
今日は珍しくガスを持って来てコッヘルでラーメン調理です
a0115745_14542752.jpg
風が強く、寒かったのでちょうどよかった。
下界と登山口は逆にこの季節にはない暖かさだったですが、山頂は秋から冬です

ラーメンで体が温まったところであとはひたすら降りるだけ
a0115745_14382022.jpg
                      光善寺池
a0115745_15054229.jpg
                   大谷ヒュッテ
a0115745_14382152.jpg
a0115745_14542863.jpg
a0115745_15054287.jpg
林道から登山道に入ったあたりの紅葉。下山の時の方がきれいに見えたので携帯ながらもいっぱいとってみましたが、

やはり携帯では今一つきれいに撮れなかったので、色を見た目に近づけて補正してます。iphoneならバッチリ撮れ」ちゃうんでしょうか。

goproも良く撮れますが今回は露出ですけど、若干補正してます。

a0115745_14381972.jpg
下りも2時間ほど。この時期の妙高山の紅葉はやっぱり一番です。いい紅葉狩りになりました。





by ura-sasa | 2017-10-10 22:20 | 夏山
2017年 02月 28日

妙高山を廻る4つのピークから 

a0115745_01100053.jpg
昨日からの快晴は翌日の朝を迎えても変わらずできれいな瞬間が続きます

一人夜明け前に起きだしてヒュッテ周辺をカメラ散歩
a0115745_01134420.jpg
影だと足長おじさんです。1時間ほどウロチョロしてヒュッテに戻ると朝食ができてました!ありがとうございます
a0115745_01165392.jpg
オートミールにナッツやドライフルーツを入れて。シンプルですけどおいしく食べれて片付けも簡単で、昨晩のパスタと合わせて参考になります。ついつい自炊でテントや小屋泊だと食事悩んだ挙句にただ重くなって豪華にしようとしがちですけど、慣れた人はさすが。

おなかが満たされたところで本日のプランが決定。
三人の滑りたいところをつなげた4ピークス妙高山外輪廻りに

まず最初は黒沢岳。
a0115745_01261455.jpg
a0115745_01264997.jpg
a0115745_01273245.jpg
朝から雪は絶好調。黒沢湿原におりたら続いて茶臼山に登って北面のウサギ平へ
a0115745_01295697.jpg

妙高山からの朝日を浴びながらイエーイな感じで
a0115745_01331721.jpg
a0115745_01354250.jpg
見事なS曲線!
a0115745_01380399.jpg
                        そして見事な夫婦のフォーメーション。

あっという間に二つのピークから2本の滑りを決めたところで本格的な登りモードへ。
昨日からの快晴・無風の中を大倉山にむかっていきます
a0115745_01443950.jpg
2月最終日ですので一応厳冬期?なのかもしれませんが、雪はサラサラでもこの日の季候は春スキー日和的な暖かさ
汗が流れてこんな雪原はちょいと地獄。
a0115745_01490887.jpg
それでも暑さにめげず、1本目のラインを眺めながら大倉山へ。
a0115745_01521034.jpg

ちょうど山頂でお昼です。今日のメインはここから先!大倉山から妙高本峰側におりてまた三峰分岐に登り返して神奈山北面へ

a0115745_01560073.jpg
a0115745_01573342.jpg
大倉山東面の滑り。日射の影響を受けたところとそうでないところは雲泥の差。太陽ってすごいな
a0115745_02021973.jpg
a0115745_02064657.jpg
上手に登り返せるか不安だった三峰分岐もエリックの見事なライン取りでスムーズに稜線到達。新しい遊びのラインがまたできそうです
ただ大倉山の雪庇が大きいのでそこは気をつけなきゃいけないところなんですが

ここから先の稜線は自分は初体験(夏はありますけど)

a0115745_02091798.jpg
途中にいい斜面を見ながらの山頂への道のりはなかなか楽しいものでしたが、近くに見えた山頂も実際にはなかなか遠く・・・
a0115745_02132660.jpg
神奈山頂到着14:30。ここから滑って最後にもう一度藤巻尾根まで登り返さなきゃいけません。体力もつかな?
そんな不安も無きにしも非ずでしたが、山頂から滑りだしてみると、雪の状態は最高で登りの疲れは吹っ飛びます
a0115745_02191869.jpg
a0115745_02202245.jpg
a0115745_02205307.jpg

滑る面が日陰なのが写真的には惜しいですが、滑りには最高。どこまでも均一なドライパウダーが斜面を覆っていました。
a0115745_02243412.jpg
自分も日本海に向けてGo
a0115745_02234298.jpg
さすがに最後の藤巻尾根までの登り返しは体にこたえましたが、ガス欠になることもなく夕暮れ前の17:30に休暇村のゲレンデに抜け出てツアー終了。予定どおりの4ピークからの滑りも大満足の二日間になりました。


by ura-sasa | 2017-02-28 01:04 | バックカントリー
2016年 02月 09日

妙高東面をにぎやかに 2

興奮さめやらぬ三田原を背にして本命の妙高山へ

a0115745_14395990.jpg

a0115745_1446682.jpg


西面には珍しく登りやすい雪で最後までシール登行。これも仙人の読みどおり

a0115745_14493629.jpg

とりあえず山頂で記念撮影。
今年もここまでやって参りました。(お二人はもう何回か登ってますけど)

風も強くなく最高の天気のまま、若手の皆さんはメインの撮影へ
a0115745_14515732.jpg


BC仙人の的確なアドバイスを受けて

a0115745_14582482.jpg

a0115745_154294.jpg


どんな風に撮影されてるか楽しみです

a0115745_158328.jpg

残された僕らはこちら側から

撮影者は私で
自分も撮ります

a0115745_15162445.jpg


こんな余計なことしてるからか、普段の滑り込みが甘いせいか肝心なところでずっこけてしまい
山頂からの通しすべりに失敗。

ちょっとショックをひきずっています

日射にやられて多少クラストもありましたがおおむねいいパウダーでした

a0115745_15203771.jpg

妙高をバックにひたすら下山
ここは雪も少なく今シーズンはとても難しくお勧めではない様相

a0115745_1526725.jpg

夕日の当たる神奈山を見ながら終了
久々の大人数でにぎやかに楽しく終了しました。

by ura-sasa | 2016-02-09 23:30 | バックカントリー
2015年 03月 17日

今シーズン初登頂の2

a0115745_19125599.jpg

ここを抜けると後はパラダイス。

カリンカリンというわけでもないし、落ちるような雪でもないので滑り出しからみれば
なんということもありませんが油断大敵です。
僕は去年の剱岳を思い出してより慎重にサイドスリップとジャンプターンで1アクションごと
しっかり止めていきました

a0115745_19161867.jpg

場慣れしてそうなエリックも慎重にワンターンごと決めてきました

a0115745_19202572.jpg

間違えば岩の上転がって落ちちゃいますからね

a0115745_19235322.jpg

ここからはパウダーを楽しむのみです。

a0115745_1924132.jpg

a0115745_19253028.jpg

a0115745_19251290.jpg

大きい景色が広がっていきます

次はカヨコさん
a0115745_19271337.jpg

a0115745_19273151.jpg

a0115745_19274472.jpg


長いシュートの後半戦は太陽の光も入ってきて・・・

a0115745_19291976.jpg

a0115745_19294616.jpg

a0115745_1930335.jpg

雪もよく笑顔が絶えません

a0115745_19312911.jpg

a0115745_1931545.jpg

a0115745_19324475.jpg

山頂から標高500mのパウダーダウンヒルフィナーレです。

a0115745_19341743.jpg

会心!

ここで下山の僕と高谷池宿泊エリック家とお別れです。
a0115745_19365613.jpg


a0115745_19354151.jpg

一人ボッチの帰り道にはカモシカ君の案内がありました。

カモシカ君の案内がついたとたんに雪は突然ストップ雪に。

日があたって気温も上がって急に汗ばんで一人フーフーいいながら帰路についたのでした
a0115745_19445254.jpg


シーズン終盤で何とか山頂に立てて満足でした。

おまけ
a0115745_19461888.jpg

カヨコさんの見事なランチボックス。
大根・や-コン・りんごなんかが見事におさまってました。

by ura-sasa | 2015-03-17 19:48 | バックカントリー
2015年 03月 16日

今シーズン初登頂へ その1

a0115745_17474231.jpg

やっと晴れた日に山にお出かけ。
週末降った雪は直後はなじみが悪かったようで、各地で雪崩た情報がでていましたが、
三田原へ向かうおなじみの斜面でも落ちてしまって、その跡はまだしっかりありました

a0115745_17581762.jpg

だいぶ下のラインから三田原に向かおうとしたようですが、重大事故にならなくてなによりでした

本日は新雪もすっかり沈んで、いつもの高いラインで取り付きました。
新たに成長していたセッピだけが気持ち悪い存在でした。

稜線までの山腹は風と日にやられてちょっと固め

a0115745_1822359.jpg

a0115745_1823244.jpg


でもこの日は風も強くなく、日差しも強くなく心地いい気候で
高谷池に泊まりに行くというエリック夫婦とともに楽しく登ります

僕も泊まりで行きたいところですが、急にそんな変更もできない身なので日帰り。
黒沢くらいまで一緒に遊んで分かれるプランでしたが・・・

a0115745_1865090.jpg


稜線についたところで北面はまだまだ雪が生きていたのと
今シーズン僕がまだ妙高山に登っていないいうことで、エリックが山頂行って北面滑ろうとプランを提案

こっちは願ったりかなったりなので即OK

とばっちりはヒュッテまでの距離が長くなってしまったカヨコさんか?ゴメンナサイ

で、早速三田原内輪へ

a0115745_18104761.jpg

a0115745_18105964.jpg

a0115745_18111963.jpg

うす曇になって写真的には残念でしたが、雪は上々。

a0115745_181303.jpg

a0115745_18131633.jpg

a0115745_18132863.jpg

週末明けの割にはまっさらな斜面が広がっていてラッキー

いい滑り出しです

a0115745_18153289.jpg

そしてニコニコしながらさっさと次の準備へ

夏道通しで妙高山頂目指して進みます

a0115745_18172365.jpg

こちらは風の影響も珍しくさほどなく結構いいところまでシール登行

それでも山頂到着するころにはそれなりに息が上がりますね、エリック
a0115745_18195120.jpg


北峰到着。北アルプスバックに記念撮影

a0115745_1820458.jpg

そして、いざ北面へ

a0115745_18212046.jpg

スタートはチョイ固め。
慎重にエントリーです。

a0115745_18225415.jpg

a0115745_18233372.jpg


続いてカヨコさん
a0115745_18242927.jpg

a0115745_18244995.jpg

a0115745_18251571.jpg

旦那に連れられてえらいとこまで滑ってます。凄い!

もう少し厳しいところが続きます

by ura-sasa | 2015-03-16 18:26 | バックカントリー
2015年 03月 04日

翌日は晴れましたけど、雪様々

a0115745_2116094.jpg

夜の風も朝にはすっかりおさまって、晴れ上がることを期待しながら
まずは軽く黒沢岳へ

a0115745_2118778.jpg

まだモノトーンな雰囲気でしたが、風があたりすぎて無さそうな斜面選んで一滑り目

ウインドパック気味ながら下部はまあまあいい感じ

ウォーミングアップのあとは青空が見え始めた茶臼岳へGO

a0115745_21262530.jpg


遅くなった朝日が山肌に当たりはじめて気持ちも上がっていきます
a0115745_21275617.jpg


光があたるウサギ平へ向かって
a0115745_21304976.jpg

a0115745_21312211.jpg


黒沢岳と違って、茶臼岳北面は風の影響は無くとても具合の良い新雪が待っていました

a0115745_21331350.jpg

a0115745_21333621.jpg

a0115745_21341061.jpg


もう一回滑りたかった位の今日一の雪

a0115745_21354528.jpg

満足

a0115745_2136333.jpg

空はすっかり期待通りの快晴になってきました

a0115745_2138761.jpg

風はそれなりですが、笑顔がこぼれる程度で次の目的地、大倉山へ

a0115745_21393474.jpg

途中、木登りなんかを楽しみながら・・・

a0115745_21403065.jpg

大倉山山頂からの妙高山。かっこいい眺めでした
この湧き上がる雲にはこの後なかなか悩まされましたが・・

a0115745_21423384.jpg

大倉山山頂から長助池へ
出だしはダケカンバの間を縫いながら、7.11水害で木々が流れたオープンバーンへ
a0115745_2144295.jpg

a0115745_21445156.jpg


もっとスッキリ撮りたい場所でしたが、沸きあがる雲はとめどなく予定はこれから妙高北面を
登って滑りたかったのですが、視界が悪いと楽しめないでしょうということで

大正池周りで妙高南面へ回り込むことに

a0115745_21487100.jpg

a0115745_21482262.jpg

a0115745_21501269.jpg


見慣れた感のある景色ですけど毎回綺麗なので毎回同じような写真をバシャバシャ

期待していたtwo rabbits forest は太陽にやられてまさかのサンクラスト。
a0115745_21542629.jpg

ウィンドクラストかと思ってたらバリバリサンクラストは久しぶりに滑ります。

へこんでそのまま前山に逃げそうになりましたが、後半は雪が持ち直してしっとりパウダー

日が当たって泣ければいいんじゃないの?ということで地獄谷に滑り込み
a0115745_21581443.jpg

a0115745_21583436.jpg


最後にもう一度楽しめました。

a0115745_220495.jpg

a0115745_2202388.jpg


雪温泉につかって終了

by ura-sasa | 2015-03-04 22:02 | バックカントリー
2014年 03月 26日

三月最後の雪を楽しむ

三月の三連休に合わせたように降った春の大雪。

ゲレンデでも50~60cm積もってくれましたが、快晴の二日間のおかげで日の当たるところは
見事に雪が劣化していくのを眺めての週明け

当初は神奈山の北面に行こうと計画してましたが、三田原も風が入って駄目になったようで
山頂むき出しの神奈山もだめかなーということで

風も日もあまりあたっていなそうな、
慣れ親しんだ妙高山の懐で遊んできました。

いざ前山を越えて

a0115745_15275133.jpg


ここからの妙高山の東面は迫力ありますね
正面ド真ん中はまた来年へ持ち越し。エリックは今年降りたけど、もう結構だそうです。

条件のいいときそそのかして行こうと思います。

a0115745_15345381.jpg

春の日差しを浴びてパウダー探し

a0115745_1537488.jpg


そして発見。
少しだけ風で痛んでいるところもありますが、おおむね良好。

a0115745_15384356.jpg


先週の乙妻よりはウィンドパックも柔らかく、雪の舞い上がり方も良好
a0115745_1651885.jpg

a0115745_10553250.jpg

先週暑かったので今週から緑のカッパです。
快適なパタゴニアのスーパーセルです、カッパっていったら怒られるかな

a0115745_15405169.jpg

3月下旬に降雪三日後に楽しめるなんて幸せです

a0115745_15433912.jpg

ここら辺を誰よりも良く知っているご夫婦。

いいところを求めてまた登り返して

a0115745_154724100.jpg

a0115745_15483080.jpg


エリックの好きな東壁をバックに

続いてかよこさんも
a0115745_15525457.jpg


a0115745_15504236.jpg


この日は風も無く気温も思ったほど上がらなかったので下のほうまでそこそこ快適に降りれました

a0115745_15553341.jpg

a0115745_15562219.jpg


でも谷の出口はだいぶやばくなっていました。
下のほうは雪が少なかったシーズンが災いしてもう無理なような気がします

次こそは春のロングルートになるかな

by ura-sasa | 2014-03-26 15:58 | バックカントリー