人気ブログランキング |

ura-sasa 妙高裏ササ日記

urasasa.exblog.jp
ブログトップ

タグ:黒倉山・鍋倉山 ( 20 ) タグの人気記事


2019年 05月 08日

GW明けの足慣らしに鍋倉

a0115745_05463925.jpg
長いGWの10連休が終わってやっと仕事から解放。
打ち上げの翌日ということもありノンビリスタートのお散歩気分で新緑の鍋倉へ

a0115745_06005182.jpg

除雪も済んですっかり近くなった登山口からそり遊びでにぎわう子供たちの歓声をバックに登り始めます
雪は豊富で沢伝いというか沢のど真ん中をすいすいと登れたのでスムーズ
a0115745_06072689.jpg
とはいうものの、今日はテレマークでしかもステップソールでの登り初挑戦なので油断はできません
シールの感覚で歩くと結構スリップしまい体重の乗せ方のコツをつかむのに山頂近くまでかかってしまいました
a0115745_06005179.jpg
a0115745_06005181.jpg
新緑は思いのほか進んでいなくて見ごろは除雪の済んだ駐車場付近から下。
上はまだこれからの様子
a0115745_23414151.jpg

1時間ちょっとで黒倉山頂到着。
冬と違ってこの時期は木が邪魔をしてすっきりとした眺望にはならないけど気持ちはいいですね
a0115745_23335373.jpg
a0115745_23335373.jpg
a0115745_23335255.jpg
そして、いざ山頂からのステップソール初滑り!
アグレッシッブな滑りに写っていますが・・・ただ単純にコケただけです
3ターンほどでずっこけました。ブナ林の中は何とか滑りこなしてそそくさと鍋倉山へ

シールを貼る手間がないぶん切り替えがお手軽で本当に山を上下に散歩してる気分です

a0115745_23412466.jpg
a0115745_23461295.jpg
鍋倉山頂もブナの木が眺望を邪魔します。冬はすっきり見えるのでよほど山頂の積雪は深いんでしょうね
a0115745_23415641.jpg
十日町方面はすっきり見えます。
鍋倉山頂からの滑りは、パウダーシーズンにはいかない森太郎と森姫のほうへ
a0115745_23523787.jpg
森太郎とご対面
a0115745_23540681.jpg
a0115745_23541002.jpg
a0115745_23540684.jpg
立派の一言です
対して森姫は、ちょっともう可哀そうな状態に・・・
a0115745_23542290.jpg

森姫で合ってると思うんですが、立ち枯れてオブジェのように
ただこの2本以外にも立派なブナの木や激しい最後をとげたような巨木もあって見ごたえのある森です
a0115745_05464035.jpg
a0115745_05463963.jpg
そんな森を慣れないステップソールで足を震わせながら散歩して最後は新緑の中を颯爽と滑って転んで登山口へ
a0115745_00065668.jpg
a0115745_00073343.jpg
a0115745_05463817.jpg
登山口の駐車場付近が新緑の一番の見ごろだったようで、降りるとマイクロバスが何台も上がってきてていたるところに
カメラもった方々がウロウロしていたのでした

こちらも一緒になって新緑撮り。
理想は山頂付近の新緑でしたが、それにはちょっとだけ早かったようです
a0115745_05464005.jpg
a0115745_05464111.jpg

a0115745_00130971.jpg



by ura-sasa | 2019-05-08 23:12 | バックカントリー
2019年 04月 09日

4月もパウダーなのか???

a0115745_00150715.jpg
子供たちの春休みも終わって、また平日の休みは一人で遊ぶ日が戻ってきたところでまた昨晩の降雪
そんなに寒いわけではないので雪も湿りがち、午後からの天気回復予報もうけてノンビリスタートの
前山遊びかと思っていましたが、朝ノンビリ起きると朝日がいっぱい家に差し込んできていて

???

表に出てみると前山が朝日に照らされて輝いてました。
これはこれから出かけても湿雪かモナカ地獄に会うのじゃないかと思い変更して鍋倉山に

こちら標高低いといえどもまだ雲に覆われていたので少々期待・・・
a0115745_00294451.jpg
除雪もはじまった道をザックの上に適当にスキーのっけてスタートです。
曇天と時折雪が降る中上がっていくと期待通りの青空が出てきて、まるで鍋倉の定番景色のように雪化粧したブナが当然のようにお出迎え
a0115745_00150760.jpg
a0115745_00150745.jpg
a0115745_00150655.jpg
申し分なし! もう4月なんですけども
a0115745_00223589.jpg
山頂からの眺めも楽しんで、いざ!というときにまた雲が戻ってきてしまいました
a0115745_00150715.jpg
a0115745_01020543.jpg
a0115745_01020591.jpg
今回は西の尾根のオープンを滑ってみることに。
湿った新雪の上を風なだててくれた尾根はなかなかスムーズには滑らせてくれませんでしたが、いつもと違うラインを滑ったので良しとして
再び登り返し。
a0115745_00150666.jpg
登り返し時にはさらに天気は崩れて突風にあられ混じり。すんなり快晴とはいかないもんですね
再びの山頂からは、曇天ながらも風は収まり快適な北面のブナ林の中へ
a0115745_00150572.jpg



やっぱり北面は素晴らしい。さっきの西面と違ってきれいなパウダー。
もう一本滑りたいところですが、黒倉も滑らなきゃいけないので我慢して黒倉へ

黒倉も出だしはおおっ!て声が出ちゃうぐらい良い感触滑り出しでしたが、半分も行かないくらで雪が劇的に湿雪にチェンジ。
激オモ湿雪+ストップスノーでピタッとスキーが止まりました。

まあ今回はしょうがないですね。山頂から3本楽しめたので上出来です
a0115745_01010953.jpg
粉って感じではないですね。



by ura-sasa | 2019-04-09 23:09 | バックカントリー
2019年 03月 08日

春の大雪の時はここに

今週はまたも降雪。
休みを調整したわけでもないのに、また降雪に当たるというのは2月後半の天気からすればほぼ奇跡か

ただ降りすぎたようでゲレンデ中間40cm、トップは50cmオーバーだそう。
我が家の前でも20cmで久々除雪車も出動。

ホームゲレンデでも3月のパウダーは思う存分楽しめそうですが、今日は最初から目標にしていた鍋倉へ

去年悪天候で登り損ねた職場の同僚と午後から晴れることを期待してスタートです
a0115745_18510529.jpg

赤倉と違ってこちらは10cmから多くても20cmほどの新雪。
空も雲に覆われて涼しいのですいすいあるけます
a0115745_15275661.jpg
a0115745_15285235.jpg
真冬のような景色に戻って、ウサギの足跡に導かれるように稜線へ
稜線の景色はさらに真冬の様
a0115745_15350082.jpg
a0115745_15322229.jpg
a0115745_15324355.jpg
ここで雲が抜けてくれればいいなと思い、のんびり10時スタートにしたのですがそんなにうまくはいきません
白いだけでなにも見えない山頂に13時ころ到着
a0115745_15381430.jpg
予定では雲は無くなっているはずだったのですが、ここまでは希望通りにはいかず。
それでもランチをとっている間に視界良好に。
a0115745_15381440.jpg
a0115745_15381409.jpg

バックが青空なら文句無しです。でも雪質は文句無し!
a0115745_15381566.jpg
オープンバーンからいつものブナの森の中へ
a0115745_15381598.jpg
a0115745_16030706.jpg
a0115745_16095050.jpg
今回はテレマーク姿勢きまってます。
ブナ林とテレマークって合うなあ
250Ⅿほど気持ちよく落としたところで登り返しです
a0115745_16231237.jpg

次の目的地の黒倉を目指しているとその方向からようやく光がさしてきました。
そして!
a0115745_16231197.jpg
a0115745_18575807.jpg
鍋倉と黒倉を結ぶラインに出るとそこは別天地
待望の青空と太陽がお出迎え
黒倉山頂からの眺めはほぼ理想通り! 最後に見れてよかった。
a0115745_16281890.jpg
a0115745_16281836.jpg
a0115745_16281802.jpg
            光が原と高田平野に日本海
こうなれば残すはメインの北面斜面のみ



a0115745_16323096.jpg
程よい新雪が気持ちよく、板が走ります。用心しながらの斜度のある出だしから一気にボトムまで
a0115745_18291936.jpg
感無量の一本。
a0115745_18501870.jpg
a0115745_18310235.jpg
こちらも気持ちよくテレマークターンが決まります
a0115745_18330049.jpg
ラインが見えるところで記念撮影すればよかったのに気持ちよく滑りすぎてましたが,とりあえずここで。

あとは笑って滑って下山するだけです
a0115745_18354996.jpg

a0115745_18455531.jpg
赤倉に戻って振り返ってみると、今日遊んできた二つの山だけが夕日のスポットライトをあびて浮かび上がっていたのでした

赤倉では3月の深雪が楽しめたらしいですが、個人的には春の大雪のあとはこちらのほうが好きです









by ura-sasa | 2019-03-08 16:34 | バックカントリー
2017年 05月 17日

新緑の鍋倉へ相棒を連れて

a0115745_13032199.jpg
先週の常念の無念から今週は気を取り直して新緑の鍋倉山に行ってみることに

今シーズンはいまいち天気のめぐりあわせと相性が悪いようで本日も昼頃から雲が入ってくる予報。
それならば早朝出かけてしまえばいいのですが、近場の山ということでのんびりスタートになってしまいましたが
温井集落から上がってくると期待できそうな緑と白と青!

a0115745_13003469.jpg
鍋倉ということで久しぶりに四つ足の相棒を連れてきました
a0115745_13013601.jpg
久々でテンションの上がった相棒と足並み合わずに出だしで喧喧囂囂でスタートしましたが、黒倉に向かうゆったりした尾根に
のりあげたところでやっと呼吸があってきました。

こっちも一緒に歩くコツをすっかり忘れていました。
あとはこのまま無駄に歩かせず下りの体力が残るように温存させながら山頂へ

a0115745_13041216.jpg
a0115745_13041631.jpg
予報通りに山頂から雲に覆われてきましたが、期待の新緑は霧の中でも楽しめて
今日は滑り目的よりもこの景色が目的

a0115745_13042674.jpg
a0115745_13040927.jpg
a0115745_13044127.jpg
光がもっと入ってくれるといいかなーとも思いましたがこれはこれで良かったです
a0115745_13015008.jpg
a0115745_13014317.jpg

a0115745_13042073.jpg
滑りは黒倉からちょっとと鍋倉から藪を結っての2本。
滑りはおまけ的な存在になってしまいましたが、1時間ほどの登りで新緑とスキーが楽しめるのはいいですね

a0115745_13035679.jpg

相棒と歩く良いトレーニングにもなりました。




by ura-sasa | 2017-05-17 23:31 | バックカントリー
2017年 04月 21日

さらに身近になった山へ


天気予報がまるであてにならない最近。
本日も数日前までは大雨か!?というような予報でしたが、当日になってみると
もしかしたら午後にちょっと降るかも?みたいな中途半端さでとりあえず朝はいい天気

雨のつもりでノンビリしてましたが、せっかくの春の休日。
もったいないので除雪のおかげで近くになってるはずの山へでかけました。
a0115745_13261140.jpg
今までより1時間早く稜線のこの場所へ
本日は何とか妙高山が見えてます
a0115745_13363460.jpg
まだまだ白い妙高山
a0115745_13384357.jpg
さらに白いのはいよいよ来シーズン本当に再オープンしそうなあのスキー場と大毛無山

鍋倉山頂には2時間ほどで到着して、東の尾根をたどって温井側の道路まで初めて降りてみました
a0115745_13274586.jpg
最後はブナの林が終わってオープンバーンになるとは知らなかった
a0115745_13342916.jpg
ちょうど降りたところが除雪の最先端。
そこからまた黒倉側へ登り返しました
a0115745_13350877.jpg
a0115745_13332753.jpg
a0115745_13283135.jpg
有名なブナの木2本には会えずじまいでしたが、それにつづくような立派なブナの木と越後の山々を眺めながらの
登り返しのラインは青空だったら最高だなっと感じつつ、新緑のころに再訪しようと決めました

帰りは黒倉山頂からいつもの斜面より南側を選んで下山。
a0115745_13301627.jpg
こっちも意外にいいんだな!っと確認して帰路につきました。

身近になった山ですけどもうそろそろ藪がおきて登りづらくなりそうです





by ura-sasa | 2017-04-21 22:49 | バックカントリー
2017年 03月 24日

思いがけず冬山

3月下旬なれど雪がちらつく毎日で気温自体は高めなので
雪がちらついたらどこが一番無難なのか悩ましい季節です

上手く標高の高いところで当たればいい思いもできそうですが
外れたときはちょいとシビアな状況に陥りかねなかったりするのであまり気が乗らず、
おまけに膝の調子もよくないので・・・・

そんなときの、この季節のお気に入りといえば個人的に鍋倉なので
先週の美味しい思い再現とばかりに出かけてきましたが!

a0115745_00391899.jpg
登りはじめてすぐに青空が広がって霧氷が輝いて「今週も当たりか!??」と期待させていただきましたが
a0115745_00394406.jpg
a0115745_00401400.jpg
霧氷が登るにつれ見事な海老のしっぽとなって、その尻尾も山頂に近づくにつれて成長中!という状況に
a0115745_00395353.jpg
おまけに視界不良に時折素敵な横風がふいてくれて冬山に逆戻りです

a0115745_00403052.jpg
a0115745_00405773.jpg
a0115745_00412213.jpg
冬山に逆戻りなので雪は最高で申し分なしでしたが、視界不良とブリザード滑るルートを1ミスと黒倉北面はあきらめて
鍋倉南面へ変更などなどバリエーションがしょうがなく増えたツアーとなりました

a0115745_00413468.jpg
標高下がってきたら下界はいいお天気で、なんのことはない1000mから1200mの高さだけ絶え間なく雲が
流れ続けていた一日のようでした

それでも馴染みのルートじゃなくああでもないこうでもないと考えながらの散歩もなかなか楽しいものでした

次は本当の春山ツアーにいけるかな


by ura-sasa | 2017-03-24 23:30 | バックカントリー
2016年 03月 22日

引き続き残り物を求めて 

三連休に降ってくれた連休明け。

たいした降雪量でもなく、ましてや最終日は晴れ間もでちゃったこともあって
どこに行こうか迷ってみましたが、この時期のこんなときにはなんとなく定番化してしまっているところへ


雪は悪かったとしても眺めはいいし、お散歩気分で・・・

そんな期待薄な感じで登りましたが、先週と一緒で今回もなかなか!
a0115745_23111877.jpg


ぶなの木も銀色に輝いて冬っぽいぞ

a0115745_23134517.jpg

もちろん雪もいい!

ただし新雪5cmの下はカチカチでちょいとエッジがひっかかりますけど、それはちょっと贅沢な悩み。
a0115745_23163216.jpg


里の色とのギャップが激しい今シーズン。
白い世界はほんの上だけ。

a0115745_23184077.jpg

今日の相棒はジェームス

a0115745_23201319.jpg

エビのシッポを本当のエビの尻尾のように美味しそうに食べながら山頂目指します

a0115745_232363.jpg

食べ残されたシッポたち

a0115745_2324440.jpg

本日も昼から気温が上がる予報でしたが、雪が悪化する前に間に合ったようでベースは
硬いままで上っ面を巻き上げながら山頂よりスタート
a0115745_23283365.jpg

林の中もまた綺麗。
a0115745_23305792.jpg

ナイスターン!ジェームス。

a0115745_2331519.jpg

良かったので登り返してもう一本。

そしてもうひとつのピークへ

a0115745_23335788.jpg

良い眺めを背景に記念撮影。
ホームマウンテンの総撮りです

ラストの滑りも意外や意外。先週はぜんぜんダメだったので違うルートも考えてたくらいだったのに
予想を大きくはずすグッドコンディション

a0115745_23394539.jpg

まさかこんなパウダーが巻き上がるとは??

地は硬くエッジが微妙に引っかかるので快適に落としてはいけませんけど、それでも
良い感じです

a0115745_2342395.jpg


最後は自分も撮ってもらってワザトラシイロングターンを
a0115745_23443232.jpg

a0115745_2345695.jpg

ここら辺はもう湿雪気味でしたけど最後までストップスノーになることも無く快適に終了

a0115745_23472563.jpg

この山初体験のジェームスも満足できたかな?

by ura-sasa | 2016-03-22 22:42 | バックカントリー
2016年 03月 16日

残り物探し

連休をとっていて本当は泊りがけ出かけたかったのですが、自分の準備不足のため敢え無く断念。
それでも、前日の強風とベストとはいえない雪の経験を受けて本日も出動。

ただ理想は日の出とともに!でしたが、一人だと泊りがけ計画と同様にのんびりしてしまって
理想より遅れること2時間の8:00スタート

a0115745_2149639.jpg

そんなわけで、思いのほか早いポイントにて朝日をあびますが、足元の雪は綺麗な上にさらさらで期待できそう。

1本でも残り物にありつければ今日は大成功というお天気です。
なにせ気温があがっていく予報なので・・・間に合うのか?それ以前にあるのか?

その、「そもそもあるのか?」という疑問には
山に登り始めた途端に答えがでてきました。

a0115745_2210773.jpg


腐ってしまう前にまず滑っておこう!ということで、程よいとこまで登ったところでドロップイン。
a0115745_2242356.jpg


良い雪で、昨日ような不安要素は一切無しで楽しんでます

a0115745_22183860.jpg

ろくに登らずに滑りましたが満足。
調子にのってもう一本滑ってます

a0115745_22204723.jpg

自己満足なライン。

とはいえこれで帰ったら山登りにならないので、やはり山頂目指します。

a0115745_22223230.jpg

例年と違って藪藪の稜線を登って山頂へ
a0115745_22235348.jpg

a0115745_2244758.jpg


お昼でしたが、木々にはまだ白いものが残ってブナの足元も白く綺麗でどうやら間に合った模様

a0115745_22274788.jpg

a0115745_22282127.jpg

気持ちよくブナの間を滑って振り返ると、

どうやら賞味期限ぎりぎりのおいしさを味わった感じですね。

ラストの北面は気温上昇には勝てずにぼろぼろで、これはしかたのないところ。

急斜面をスノーボールを避けながらおりてメローになった瞬間にストップスノーにつかまりました

a0115745_2236418.jpg

緑が見えてくるのはちと早い気もしますが、今シーズンなら納得か?

by ura-sasa | 2016-03-16 21:17 | バックカントリー
2015年 04月 23日

新緑散歩とシャルルの再チャレンジ

今年ほどあったかい4月はないでしょうね。
寒の戻りもなく順調にというか異常に早く山の雪が融けていくのをみると
今季の春スキーは早く終わりそう??な予感
a0115745_12501989.jpg

桜と妙高山の地元有名フォトスポットもいち早く咲いて散ってしまったようで・・・

ただ休みの日は順調に晴れがあたっているので今週も気持ちよく山へ

今日は新緑散歩をかねて近くの低山で
a0115745_12534650.jpg

相棒はこいつで登る山も前回と一緒。

今回は最後までしっかりついて来れるかな?

a0115745_12554271.jpg

a0115745_12562088.jpg
a0115745_1258065.jpg


アプローチも短くなって爽やかな芽吹き始めたばかりのブナ林をあっというまにくぐって稜線へ

a0115745_1302176.jpg

稜線の雪はだいぶ減っていてスキーで快適にあがるのはもうこれで終了かなという印象
頑張ればもう一週間ねばれるでしょうけど、たぶん来ない。

a0115745_1342173.jpg

今日も眺めは最高です。
先月より空気がきれいなようで妙高山もくっきりです

a0115745_1363060.jpg

それにしても消えたなー 雪。
あの4月はじめの雨は山の雪に大打撃でしたね

2時間ほどで山頂到着。楽勝

a0115745_1391517.jpg

前回よりも山頂でも絶好調のようです、シャルル君。

そよ風で気持ちよく、山頂でのんびりしていると1時間で登ってきましたという元気な方が合流。
このブログ見てますっていうことで、エリックなんかには妙高で2.3回会っているそうです。

僕もなんとなくエリックから聞いていたので、一緒に滑ることに。

a0115745_1312078.jpg
a0115745_131822.jpg


一本メジャーな山のほうに滑りこんでから稜線に登り返して今までいったことが無い側の北面へ
ちょっとだけ藪が邪魔しましたがいい感じです

a0115745_13221128.jpg

見た目汚い粗目雪ですが気持ちよく滑る雪。

続いてAKさんも!
a0115745_13234477.jpg

a0115745_13243430.jpg

さすが元レーサー、決まってます

a0115745_13264030.jpg

シャルルも頑張ってます。

a0115745_13283189.jpg

ちょっとばて気味か?

短い斜面でしたがエントリーポイントがいっぱいあるのでグルグル楽しむのにロケーションとあわせて良さそうです。
気になるのはモービルぐらいかな

a0115745_13321577.jpg

本日最後の登り返しです。ここでワンコの動きが怪しくなってきました。

いままで先頭切っていたのに、最後尾をうろうろです・・・
やはり犬にペース配分しろというのは無理な話なんで、最初自由に走り回らせると一日持たないのだなあ


いつもの北面では急斜面と疲れて前足の踏ん張りが利かないのとでなかなか降りてきませんでした。
これは前回の新雪よりひどかったかな。

AKさんには先に気持ちよく滑っていただき

a0115745_13391899.jpg

a0115745_13401454.jpg


僕はシャルルを励まし、誘導しながらの滑走。
緩斜面になると愛犬もやる気をとりもどし、途中で待っててくれたAKさんを追いかけてFINAL RUN!

a0115745_13425441.jpg

a0115745_1343215.jpg


犬はリベンジはならなかったけど、それなりに頑張りました。

人は来年に向けてちょっといい斜面を見つけられて満足散歩になりました。

里はすっかり春ですね
a0115745_022741.jpg


by ura-sasa | 2015-04-23 23:46 | バックカントリー
2015年 03月 27日

当たりくじ その2

きもちいい鍋倉を滑り降りて、あまりにもよかったのでもう一本鍋倉上り返しを試みましたが
やっぱり春ですね。

汗を結構かいていたにもかかわらず水分補給をおこたってたので足をつってしまいました・・・
上りかけたところで休止してハーハーしてる愛犬とともに大休止。

足が落ち着いたところで無理せず帰り道の黒倉山へ

a0115745_22364366.jpg

a0115745_22181770.jpg

もう一本滑りたかったなーと鍋倉を思い眺めて

次は黒倉からの滑降です
a0115745_22224348.jpg

a0115745_22251038.jpg


出だしは固めか少々日差しにやられてる感じ
メインの北面はどうでしょうか???

a0115745_22281291.jpg

朝5時に登って滑った二人のラインが美しく北面に引かれていました

午後2時をまわっても美しいラインと雪は舞うのか?
a0115745_22381641.jpg

a0115745_22392754.jpg

心配無用のグッドコンディションのようです
シャルルにはグッドでは無さそうですが

それでもここは一気に行かせていただきます

a0115745_22431930.jpg

a0115745_2244110.jpg

a0115745_22453567.jpg

a0115745_2246033.jpg

a0115745_22465978.jpg


超満足の一本

このまま里まで下ればパーフェクト!というところでしたが、なぜかここで相棒が立ち往生

a0115745_22494240.jpg

クラックから飛び出したカモシカに気を取られて、僕との距離が離れすぎてクラックで立ち往生

無我夢中でついてきてれば降りてるはずの斜面もいったん止まってしまったら、クラックの段差から降りだす
ことができなくなって左右にオロオロするばかり・・・

ちょっと山の経験が少なかったか。

呼んでもなかなか下に向かって動き出せないのでいたしかなく迎えに行くことになってしまいましたが
おかげで期せずしての北面をもう一滑り。

シャルルもあと50m位というところまで近づいたら自分で段差を克服して降りてきてマアマア良し良し。

2本目も当然いい雪をたのしんだ飼い主ですが
a0115745_22594017.jpg

a0115745_2302264.jpg

a0115745_231614.jpg

見返るシャルルの感想はもう勘弁というところでしょうか


シャルルにとってはほろ苦いデビュー戦だったかな
飼い主はまたもや同じ時期に同じ山でいいパウダーに当たって大満足なのでした
a0115745_233983.jpg

また機会を見つけて一緒にいこうな

by ura-sasa | 2015-03-27 22:12 | バックカントリー